#author("2018-09-14T21:29:46+09:00","","")
* ガウアワイス [#nc16c6e9]
** 概要 [#t92a7aa8]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|歴史・事件|
|~カテゴリー|[[役職・組織・団体]]|
|~スペル|Gaurwaith|
|~その他の呼び名||
|~その他の呼び名|狼人、狼人間(Wolf-men)|

** 解説 [#x2b0f463]
** 解説 [#Explanation]

狼人間の意。[[ドリアス]]の西境にいた50人の[[人間]]の無法者集団で、元の首領は[[フォルウェグ]]だが、後に[[トゥーリン]]が首領となる。彼らは、[[エルフ]]であれ[[人間]]であれ[[オーク]]であれ、近くを通りかかった者を襲って暮らしていたが、[[トゥーリン]]が[[ベレグ>ベレグ(ドリアス)]]と再会すると悔い改めた。
後に彼らは[[ミーム]]の案内によって[[バル=エン=ダンウェズ]]に行き、そこに[[ベレグ>ベレグ(ドリアス)]]も加わってその土地の治安を守るようになり、この土地は[[ドル=クーアルソル]]と呼ばれるようになる。しかしミームの裏切りによってガウアワイスは[[オーク]]に奇襲され、壊滅した。
他のメンバーに[[アンドローグ]]、[[アルグンド]]、[[ウルラド]]、[[オルレグ]]といった名がある。
「狼人」と訳される。[[ドリアス]]の西境周辺の森にいた50人程の[[人間]]の無法者の一団。元の首領は[[フォルウェグ]]だが、後に[[トゥーリン]]が首領となる。彼らは、[[エルフ]]であれ[[人間]]であれ[[オーク]]であれ、近くを通りかかった者を襲って暮らしていたが、[[トゥーリン]]が[[ベレグ>ベレグ(ドリアス)]]と再会すると悔い改めた。
後に彼らは[[ミーム]]の案内によって[[アモン・ルーズ]]の[[バル=エン=ダンウェズ]]に入り、そこを住処とする。そこにベレグがトゥーリンのために加わり、トゥーリンとベレグはガウアワイスの''二人の首領''(Two Captains)となる。二人の首領の功業が広まると、多くの戦意ある者たちが集まってきたため、ガウアワイスはアモン・ルーズ周辺の土地を守る一大勢力となり、その土地は[[ドル=クーアルソル]]と呼ばれた。
しかしミームの裏切りによってバル=エン=ダンウェズはオークに奇襲され、中にいた者はトゥーリンとベレグを除いて全滅した((一説では[[アンドヴィーア]]も生き残った。))。

** コメント [#fcfc8db0]
***ガウアワイスの有名人物 [#yb09f907]

#pcomment_nospam(,6,,,,,reply)
-[[フォルウェグ]]
-[[アンドローグ]]
-[[アルグンド]]
-[[ウルラド]]
-[[オルレグ]]
-[[アンドヴィーア]]

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)


トップトップ   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS