* アルゴナス [#dd79ee43]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[物・品の名前]]|
|~スペル|Argonath|
|~その他の呼び名|アルゴナスの門(Gate of Argonath)、王たちの柱(Pillars of the Kings)、王たちの門(Gate of Kings)|

** 解説 [#Explanation]

[[シンダール語]]で「王たちの岩」の意。[[ゴンドール]]の国境となる[[ネン・ヒソイル]]の手前、[[大河アンドゥイン>アンドゥイン]]の両岸に立つ、[[イシルドゥア]]、[[アナーリオン]]の兄弟王の姿が彫刻された巨大な石像。北側からここを通りアンドゥインを南に下ればゴンドールに入る。
この像は[[ゴンドール]]の北辺を守護するためとして、[[第三紀]]1340年に[[ミナルカール・ローメンダキル二世>ローメンダキル二世]]により建造された。
[[シンダール語]]で「王たちの岩」の意。[[ゴンドール]]の国境となる[[ネン・ヒソイル]]の手前、[[大河アンドゥイン>アンドゥイン]]の両岸に立つ、兄弟王[[イシルドゥア]]と[[アナーリオン]]の姿が彫刻された巨大な石像。北側からここを通りアンドゥインを南に下ればゴンドールに入る。
この像は[[ゴンドール]]の北辺を守護するため、[[第三紀]]1340年に[[ミナルカール・ローメンダキル二世>ローメンダキル二世]]により建造された。

>その近くに運ばれるにつれ、二本の巨大な柱は塔のようにそそり立って[[フロド>フロド・バギンズ]]を迎えました。黙したまま脅かすように立つ灰色の大きな姿は、巨人のようにかれには思われました。次いでかれは、この二つの岩が事実人の姿に作られたものであることを知りました。古代の技の巧みと力の働きを受け、その二つの像は、往時茫々たる歳月の風雨に耐えて、はじめて彫られた時の威風堂々たる姿を今も留めていました。深い水の中に築かれた巨大な台座の上に石に刻んだ二人の偉大な王が立っていました。ひび割れた眉をしかめ、かすんだ目で威圧するように依然として北の方を見おろしていました。いずれの像も左手をあげ、警告するかのように掌を外に向けていました。右手にはそれぞれ斧が握られていました。またそれぞれ頭上に崩れかけた兜と王冠をかぶっていました。今なお偉大な力と威厳をとどめ、二人の王は王国としてはとっくに消滅した国の物言わぬ守り手となっていました。畏怖の念に襲われて、フロドは身を縮め、船が近づいても目を閉じて上を見上げようとはしませんでした。[[ボロミア]]でさえ小さな木の葉のように波間を漂う華奢な小船が、[[ヌメノール>ヌーメノール]]の番人のとこしなえの影の下を飛ぶように通り過ぎるときには、その頭をかがめるのでした。こうして一行はアルゴナスの門の暗い割れ目にはいって行きました。((『[[指輪物語]] [[旅の仲間]]』))

*** 画像 [#cf3fd5c6]

&ref(ScreenShot00335.jpg,,10%,『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるアルゴナス);

** 映画『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』における設定 [#Lotrmovie]

#amazon(B003R0IIS6)

右の像は、手に斧ではなく剣を持っているなど、原作の描写とは多少デザインが異なっている。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)


トップトップ   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS