#author("2017-08-06T14:59:21+09:00","","")
* アマンディル [#yf32c308]
** 概要 [#w5f7815b]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|人名|
|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Amandil|
|~その他の呼び名|(未入力です。協力をお願いします)|
|~種族|[[人間]]([[ドゥーネダイン]])|
|~種族|[[人間]]([[ヌーメノール人]])|
|~性別|男|
|~生没年|(未入力です。協力をお願いします)|
|~親|(未入力です。協力をお願いします)|
|~兄弟|(未入力です。協力をお願いします)|
|~配偶者|(未入力です。協力をお願いします)|
|~子|[[エレンディル]]|
|~生没年|[[第二紀]]|
|~親|[[ヌーメンディル]](父)|
|~兄弟|[[エレンティア]]|
|~子|[[エレンディル]](息子)|

** 解説 [#h494ccc8]
** 解説 [#Explanation]

名は[[シンダール語]]で「[[アマン]]を慕う者」の意。[[エレンディル]]の父で[[アンドゥーニエ]]最後の領主。
[[ヌーメノール]]が反[[ヴァラール]]になびいて行く中で[[ヴァラール]]への敬愛を保ち続けた[[忠実なる者]]。若い頃は[[アル=ファラゾーン]]の友であり、王の会議の一員だったが、[[サウロン]]が[[ヌーメノール]]にやってくると役を解かれた。しかしアマンディルは高潔で優れた指揮官であったため人々の敬意を集め続け、サウロンの手先や[[王党派]]から捕らえられることを逃れていた。
以後アマンディルは[[ローメンナ]]に引きこもって、[[ヴァラール]]と[[エルフ]]の友たる者達を集めた。[[ヌーメノール]]軍が[[アマン]]に向けて進軍しようとすると、仲間と息子達を船出させて避難させる。自身は[[エアレンディル]]に習い、三人の召使と共に、[[ヴァラール]]の赦しを受けるため[[ヴァリノール]]へと船出したが、その後二度と消息を聞かれなかった。
名は[[クウェンヤ]]で「アマンを慕う者(Lover of Aman)」の意。[[エレンディル]]の父で[[アンドゥーニエ]]最後の領主。
[[ヌーメノール]]が反[[ヴァラール]]になびいて行く中で[[ヴァラール]]への敬愛を保ち続けた[[忠実なる者]]。若い頃は[[アル=ファラゾーン]]の友であり、[[王の会議]]の一員だったが、[[サウロン]]が[[ヌーメノール]]にやってくると役を解かれた。しかしアマンディルは高潔で優れた指揮官であったため人々の敬意を集め続け、サウロンの手先や[[王党派]]から捕らえられることを逃れていた。
以後アマンディルは[[ローメンナ]]に引きこもって、[[ヴァラール]]と[[エルフ]]の友たる者達を集めた。

** コメント [#ec629ab2]
- 考えてみれば、彼はこの名前からして当時のヌーメノール王家に喧嘩売っていますね。これで捕らえられることも無かったとは、どれだけの権勢を誇っていたんでしょうか。 -- 「ど」の字 &new{2008-12-01 (月) 21:45:24};
- 名前といえば、「アマン」ディル-「エレン」ディル-「イシル」ドゥア・「アナール」イオン、ってそれぞれ「至福の地」-「星(orエルフ)」-「月」・「太陽」の意味なんでしょうか?とすればまるで創造神話の順を追って名づけているような…「アマンディル」と名付けた方はひょっとして予知能力者?タル・パランティアだったりして。 -- カイト &new{2009-01-18 (日) 17:14:43};
[[ヌーメノール]]軍が[[アマン]]に向けて進軍しようとすると、息子の[[エレンディル]]と孫の[[イシルドゥア]]、[[アナーリオン]]、そして仲間の[[忠実なる者]]たちを船出させて避難させる。アマンディル自身は[[エアレンディル>エアレンディル(トゥオルの息子)]]に倣い、三人の召使いと共に[[ヴァラール]]の赦しを受けるため[[アマン]]へ船出したが、その後二度と消息を聞かれなかった。

#pcomment_nospam_nospam(,6,,,,,reply)
** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)


トップトップ   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS