グウィンドール

  • 不死不老のエルフであるはずの彼がよぼよぼの爺さんになるくらいのアングバンドの奴隷労働とはどういうものだろう。 一応、死なれては困るから必要最低限の食料と休息は与えるはずだけど。  -- カンナ 2010-11-08 (月) 16:39:25
    • あまりにも過酷な労働だからモルゴスはエルフとドワーフしか奴隷にしないんだろう。 人間だったらすぐ死んでしまうから、捕まえてもオーク共の餌くらいにしかならないし。 -- 2010-11-08 (月) 16:42:15
    • 脱獄に成功しなければ、不死のエルフだから、奴隷労働に加え、ちょっとしたヘマでもきついお仕置き(拷問)があると思われるから、最終的にはオークの仲間入りしたのは間違いない。 -- 口臭吐鬼 2010-11-08 (月) 17:40:30
      • 当時のモルゴスにはオークを作るだけの力は無くなってたはずですが。あと姿を変える能力とかも。 -- 2010-12-11 (土) 05:38:14
    • 肉体的な負担もあるだろうけどストレスがすごいのでは。オークどもに顎で使われてプライドは木っ端微塵、ぼろ服に汚い寝床に臭い飯、つきまとう拷問・なぶり殺しの恐怖、しかもその労働の産物でもってモルゴスがまた自分たちの同族、下手すると親類縁者を殺しにいくわけだし。そりゃ老けもするでしょうなあ。 -- 2014-06-28 (土) 17:08:05
    • エルダールが老ける、というのは単純な労働の過酷さだけを示しているのではなく、やはりモルゴスによって心身両面から消耗させられたことを示しているのだと思われます。モルゴスは奴隷の霊魂をも囚えて自らの玉座の下に繋ぎ止めていたといいますから、ウトゥムノやアングバンドは文字通りの意味での「地獄」でもあり、そこでの労働とは霊魂への責苦を伴うものでもあったのでしょう。 -- 2014-06-28 (土) 17:45:53
      • 死して魂のみになっても、逃れられない💦 正に地獄だね(;゜0゜) -- 2017-04-18 (火) 13:32:49
  • トゥーリンの運命に巻き込まれた中でブランディアの次に可愛そうな人だと思う。 -- 2013-05-04 (土) 21:15:17
    • うーん、ブランディアは最初から最後まで片想いのままだったしブレシルは滅ぼされはしなかったからな...失ったものはグウィンドールの方も相当に重い。 -- 2013-12-30 (月) 10:35:45
  • ちなみに、Children of Hurinの設定だと脱獄時に看守と戦って片腕を失っているそうな。 -- 2015-05-28 (木) 17:36:45
  • トゥーリンとの一件で同情される人だが、実はニアナイスの敗因を作った一人である。 -- 2017-04-18 (火) 00:35:10

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-20 (金) 07:56:22 (2984d)