高地(ウォルド)

概要

カテゴリー地名
スペルWold*1
異訳高原
その他の呼び名ローハン高地、ローハン原野(Wold of Rohan)

解説

北を白光川、東をアンドゥイン、西をファンゴルンに囲まれたローハンの土地。東エムネトの北部。
第三紀2510年、ゴンドールの軍勢はバルホス族オークに敗れ、ケレブラントの野に追い詰められた(ケレブラントの野の戦い)。
また2545年には、ロヒアリム茶色の国から渡ってきた東夷との戦闘が行われ、エオルが死んだ。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

高地の西半分の地域はワイルダーモア(Wildermore)という別のエリアとなっている。ワイルダーモアは標高が高く雪も降る寒冷地域となっている。
ローハンの辺境に位置する事もあり、居住地の多くは外敵を防ぐために要塞化されている。

地理

ラングホルド(Langhold)
北東部にある要塞。領主はウトレド(Utred)。アンドゥインの川辺を監視し、東夷など対岸から来る敵を食い止める前哨基地としての役割を果たしている。
ハルウィック(Harwick)
高地の中央部にある要塞。広大な馬場を備えており、優れた乗り手を育成する調練施設として有名。領主のハルディングは高地全域を統括する長官(Reeve)と東エムネトの全軍を統率する司令官(Alodr)の地位を兼任している。
フロッドウェンド(Floodwend)
南東部にある要塞。領主はラドウィグ(Radwig)。城のすぐ西に青年王エオルを称え、その生涯を刻んだ記念碑(Eorl's Hallow)がある。
フェルドブルグ(Feldburg)
Harwickの南にある小さな要塞。
ワイルダーモア(Wildermore)
高地の西半分を占める隔絶された盆地。霧ふり山脈から降りてきた謎の怪物ヌールズム(Núrzum)が一帯を荒らし回り、住民を恐怖に陥れている。
白森(Whiteshaws)
Wildermore西部の地域。宮廷の吟遊詩人グレオヴィネの故郷であるダンファスト(Dunfast)の村があるが、Nruzumの襲撃で壊滅し、辺り一帯には怪物が残したと思しき氷柱が林立している。
Writhendowns
Wildermore東部の地域。不自然な豪雪に見舞われている上、ウルク=ハイの襲撃が多発しており、高地との連絡が遮断された状態にある。Wildermoreの長官ガルウィグ(Gárwig)の居城フォルラウ(Forlaw)は同地域の州都を兼ねており、各地からNúrzumの襲撃を受けた避難民が集まっている。また、北西部はスキルフィグ(Scylfig)の城主クィネガル(Cynegar)の領地となっている。
休閑地(The Fallows)
南部の地域。Wildermoreで唯一降雪が無く、地面が露出している湿原で、ワーグに乗った部隊が付近を徘徊している。
高見が丘(High Knolls)
北部の地域。バイレ・トル(Byre Tor)の城主アルドスタン(Aldstan)の治める地だが、Nruzumの襲撃で壊滅し、住民の多くが洞窟に逃れている。霧ふり山脈で最南端のオークの縄張りでもある。
厄森(Balewood)
盆地の北西を覆う森林。一部がファンゴルンの森と繋がっている。悪意を持ったフオルンや木トロル(Wood-trolls)の住み処となっている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 実はこれは誤訳で、古英語のwoldだから、高地ではなくウォルドとすべき。 -- 2008-10-25 (土) 20:10:13
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 英語で広大な原野、不毛の高原の意。イギリスにウォルド平野という高原平地がある

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-13 (日) 02:35:31 (69d)