風見(かざみ)(おか)

概要

カテゴリー地名
スペルWeathertop
その他の呼び名アモン・スール(Amon Sûl)

解説

シンダール語での呼び名は「風の丘」を意味するアモン・スール
エリアドール風見丘陵の最南端にやや離れて立っている、丸いはげ山。ブリー郷の近く、東街道のすぐ北にあり、遮るものがないため周辺一帯を見渡すことができる要所だった。

「しかしそのうち、北方王国の初期に、風見が丘に大きな物見の塔が建てられ、この丘はアモン・スールと呼ばれた。それは焼き払われ、こぼたれた。今では古い丘の頭部にでこぼこの王冠のようにのっている、崩れた土台の輪のほかには何一つ名残はない。しかしかつてはそれは高く美しく聳えていた。話によれば昔、エレンディルはそこに立ち、西方からギル=ガラドが来るのを待って見張っていたということだ。最後の同盟時代のことだ。」*1

アモン・スールの塔

アルノールの時代にはここに巨大な物見の塔が建てられ、パランティーアの一つが置かれていた。『終わらざりし物語』によるとここに置かれていたのは北方のパランティーアの要となる大きな石であった。
だがそのために、第三紀861年にアルノールがアルセダインカルドランルダウアの三国に分裂すると、この地のパランティーアの帰属を巡って国境紛争が起きるようになる。

アルセダインアルゲレブ一世風見丘陵を防衛したが、ルダウアアングマールに攻撃されて1356年の戦いで討ち死にした。
アルゲレブの息子アルヴェレグ一世カルドランリンドンの援助を得て、風見丘陵から敵を駆逐した。だが1409年に再来したアングマールの攻撃でアルヴェレグは討ち死にし、この時の戦乱で風見が丘は包囲され、アモン・スールの塔は焼かれて破壊された。塔のパランティーアは戦火を逃れてフォルンオストに移されたが、1975年に最後の王アルヴェドゥイと共にフォロヘル湾に没した。

指輪物語』作中での出来事

頂上には、馳夫がいったように、今は崩れて、ぼうぼうと伸びた草におおわれた、大きな環状の古い石組みが見いだされました。その中央には砕石のケルン(積石)が一山、組まれていました。それらはすべて火で焼かれたように黒くなっていて、周囲の芝草は根元まで焼かれ、石の環の中の草は、まるで焔が丘の頂をなめつくしたように一面に焦げただれていました。*2

ブリー郷の東に広がる荒野一帯を見渡すことができる要所であるため、ガンダルフナズグール、またアラゴルン二世に率いられたフロド達が相次いでここに立ち寄った。その利点から野伏をはじめとした旅人がよく利用する場所でもあり、フロド達が野営した西の山腹にある窪地には薪などが蓄えられていた。

ブリー村指輪を取り逃がしたナズグールは東街道と風見が丘を見張り、指輪がやってくるのを待ち伏せる。
彼らの後を追うガンダルフは東街道を通って3018年10月3日に風見が丘に立ち寄ったが、そこで日暮れと共にナズグールに包囲される。夜中に両者は丘の頂上で交戦し、夜が明けると共にガンダルフは包囲を突破してさらに東に逃れた(同じ夜、近くまで来ていたアラゴルンとフロドは丘の方面の空を稲妻のような光が走るのを見ており、実際に頂上に来て一帯が焼け焦げているのを発見した。これはガンダルフがナズグールと戦うために呼び出した火によるものであった)。

アラゴルンはナズグールが丘と街道を見張っている危険を承知していたため、街道を外れてぶよ水の沢地を突っ切り、風見丘陵の麓を走る道を使って北側から目立たないように丘を登るルートを取った。10月6日、サムピピンは丘の西斜面にある窪地で野営の準備をしていて、既に何者かの野営の跡があるのを見つける。一方、アラゴルンとフロドとメリーは丘の頂上に赴いて、ガンダルフが残していった印を発見した。
だがそのために、丘を見張っていたナズグールに察知されてしまい、その夜一行は窪地で5人のナズグールに襲撃され、フロドがモルグルの刃で刺された。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

原作とは異なり、アラゴルンが偵察に出ている間、サムメリーピピンが迂闊にも火を焚いて食事をしたためにナズグールに発見され、襲撃される流れになっている。
襲撃される場所も丘の下ではなく、頂上となっている。

映画『ホビット』における設定

アゾグの部下のオークであるヤズネグが、トーリンたちを取り逃がしたことをアゾグに報告する場面がここで描かれている。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』の風見が丘

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 英語のニュアンス的には「吹きさらし丘」みたいな感じかな。寂しい場所だね。 -- 2012-05-24 (木) 08:47:15
  • アルセダインが存在していた頃は東方に対する最前線を固める堅牢な要塞だったんだろうね。 -- 2012-05-24 (木) 16:41:51
  • ホビットの冒険映画版でアゾグが手下のオーク殺したというかワーグに食わせたのってここじゃなかったですか?見間違い? -- 2012-12-30 (日) 02:48:13
    • 映像はそっくりでしたし、エレボール行きの一行も風見が丘のそばを通ってますからそうかもしれませんね。 -- 2012-12-30 (日) 06:40:43
  • 風見が丘は監視されてるものとしてスルーしてたらナズグルに見つからずに遠くまで行けたんですかね? -- 2015-11-21 (土) 10:45:51
    • 風見が丘の利点は周囲一帯を監視できることですから、おそらく遠くに行く間もなく丘から見張るナズグルに一方的に発見されて、奇襲を受けてよりまずい事になっていたのではないかと思います。本編では丘に登ったせいでナズグルに発見されましたが、同時に丘に登ったおかげで集まってくるナズグルを発見することができて、奇襲に備えられたのでもありますから。 -- 2016-08-27 (土) 01:10:28
    • アモンスールの見張り台は敵を発見するために登ったんだよ -- 2017-11-21 (火) 01:14:58
  • 原作のホビットでも、良くない感じがする城があると簡潔に述べている記述がありましたが、ここの事でしょうか? -- 2017-01-09 (月) 20:46:55
    • それよりはルダウアの事であろうと思います -- 2017-01-09 (月) 21:26:27
    • 「良い目的で建てられたとは見えない」という表現をビルボの単なる主観ととらえれば東街道を進めば必ず目に入る構造物であるアモン・スールと考えるのが妥当でしょうし、ナレーション的なものと考えるならルダウアの廃墟群と考える方がいいかもしれませんね。この件については私も色々な人の意見が聞きたいですね。 -- 2017-02-04 (土) 11:19:26
    • それだけ、この時代でも北方王国の廃墟が至る所にあったのか。 -- 2018-02-23 (金) 09:36:45
  • 建設された当時は黒い石の城壁や塔が存在したのか気になります。ここにパランティアが置かれていたことから、南方王国と同じように黒い石が使われた防御施設が存在していたと思うのですが、その辺り明言されていましたでしょうか? -- 2018-02-20 (火) 17:25:29
    • 使われていたという記述はないですね。個人的には、パランティアがあるからといって必ずしも黒い石が用いられるとは限らないのではないかと思います。黒い石が戦火程度で破壊されるとは考えにくいですが、アモン・スールの塔も星辰殿もいずれも戦火で毀たれている、ということは少なくともその二つには黒い石は使われていなかったのではないでしょうか。また、ミナス・イシルとエロスティリオンはいずれも「白い」とあるので黒い石が使われていた気配は薄いですし。 -- 2018-02-20 (火) 18:09:51
      • 星辰殿はともかくアモン・スールの塔は何度も戦火にさらされてますから。ろくに攻められることのなかったオルサンクやミナス・ティリスとは話が違います。 -- 2018-02-24 (土) 19:34:20
    • エレヒやハリフィリアン、オルサンクにミナス・アノール。南方王国はヌーメノールの遺産を積極的に使用しているが、北方王国は消極的であったように感じる。エレンディルは中つ国でヌーメノールの超技術を広めすぎないように自重していたのかも。王党派植民地統治時代の中つ国の民への圧政に関しても少なからず思うことがあっただろうし。 -- 2018-02-24 (土) 15:11:30
  • 十字軍時代のシリアにある世界遺産になっている城砦 -- 2018-05-16 (水) 06:00:12
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 旅の仲間』「闇夜の短剣」 馳夫アラゴルン二世)の語る風見が丘の歴史
*2 同上 一行が丘の頂上に達した時の描写

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-16 (水) 06:00:12 (189d)