韋駄天(いだてん)

解説

戸田奈津子による、Strider(馳夫)の訳語。即ちアラゴルン二世。劇場公開当時の字幕ではこの言葉が使われていたが、DVD化に際し「ストライダー」に修正されている。

元来は仏教用語。南方の増長天に属する八将軍の一。四天王の八将軍を合わせた三十二将軍全体の長。もとバラモン教の神で、シバ神またはアグニ神の子という。仏教に取り入れられ、僧あるいは寺院の守護神となった。形像は、身に甲冑を着け、合掌した両腕に宝剣を持つ。釈迦が涅槃の後、捷疾鬼が仏舎利から歯を盗み去ったとき、この神が追いかけて取り戻したという俗説がある。非常な速さで駆け、魔鬼を排除するとされるところから、足の速いことや、足の速い人のこともいう。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 韋駄天には良い意味しかないんですよね。Striderはブリー村ではかなりネガティブな意味(胡散臭さ、得体の知れなさ)で使われるんで、違和感ありです。
     吹き替え(「はせお」だと分かりにくい?)はともかく、字幕では何とかならなかったのかな。 -- A3
  • 瀬田氏の訳では、ホビットに「馳夫さん」と呼ばれる彼。Striderを「韋駄天」と訳した映画では、さすがに呼び名にならなかったらしく、「アラゴルン」と呼ばれていましたね。ううむ
  • 確かに、「大股」(私的には「大股野郎」でも良いかも)と「大股さん」を使い分ければ、侮蔑と敬愛を使い分けられますね。「馳夫」を使わないならかなり良い訳語だと思います。 -- A3
  • 誤訳討論を知らなかった私でも、思わず「なんじゃ?」と映画館で小声を上げてしまった訳。確かに訳、難しいけど、「韋駄天」の言葉すら知らない人って結構いると思うんですが? -- 桃家
  • 時代劇には良く出てくる(出てきた?)言葉のようですが、今時の若い人には……。
    • 某無双アクションゲームに慣れ親しんだ人ならよく知ってますよ^^ -- 2015-10-02 (金) 13:34:15
  • ヒンドゥー教のスカンダが元で、スカンダの元はアラビア語のアル・インスカンダルで、更に遡るとアレクサンドロス大王。ある意味ふさわしくなくもない? -- 2013-05-09 (木) 20:32:50
  • 記事にする程のものですか? -- 2013-05-10 (金) 20:39:51
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-02 (金) 13:34:15 (1171d)