(やみ)(もり)

概要

カテゴリー地名
スペルMirkwood
その他の呼び名タウア=エ=ンダイデロス(Taur-e-Ndaedelos)
エリン・ガレン(Eryn Galen)
緑森大森林(みどりもりだいしんりん)(Greenwood the Great)
エリン・ラスガレン(Eryn Lasgalen)
緑葉(みどりば)(もり)(Wood of Greenleaves)
タウア=ヌ=フイン(Taur-nu-Fuin)*1

解説

明るくなったばかりのころ、ゆくてにあたって、黒々としたいかめしい城壁のような森が、待っていたぞというかのように立ちあらわれました。大地はしだいにゆるくのぼりはじめ、ホビットにとっては、無言のいかめしさが、一同の上にかぶさりはじめたような気がしました。鳥は、はたとうたわなくなりました。シカはいず、ウサギさえも見かけません。ひるすぎになって、やみの森の外がわにたどりつき、そそり立つ木々の張りだした枝の下にすわって、一休みしました。それらの幹はまことに大きく、こぶこぶだらけで、枝はねじくれ、葉は黒くてだらりとしています。ツタカズラが木々の上にまつわって、地上にさがっています。
「さて、ここが、やみの森じゃ!」と、ガンダルフがいいました。「北のくにの森のうちでは、いちばんに大きな森じゃ。」*2

ロヴァニオン北部、アンドゥインの東に広がる大森林。
かつてここは緑森大森林と呼ばれる非常に古い森林であったが、第三紀死人占い師の影響によって影が落ち、恐ろしく危険な場所に変わってしまったことで闇の森と呼ばれるようになった。
森の北東部のはずれにはエルフ森の王国があり、西の外れは森人ビヨルン一党が住んでいる。

木々の密集した森の中は重苦しい暗闇に覆われており、得体の知れない様々な生物の気配で満ち、巨大な蜘蛛の巣が張り巡らされている。陽が落ちると鼻先にかざした自分の手すら見えないほどの真の暗闇となり、蛾の大群をはじめとした夜の生物を呼び寄せるために火を焚くことすらままならない。
食糧になるものもほとんどなく、森の動物は肉まで黒くとても食べられたものではなかった。北部の中ほどには魔の川が流れているが、この川の水は飲んだり浴びたりすると眠気に襲われて物事を忘れしまうため、飲用には適さない。
ひとたび道を外れでもすれば生きて帰れる望みはないが、かつて使われていた森を東西に横切る古森街道は荒れ果てて使えなくなっており、それとは別に北にはエルフが作ったエルフ道があるが、そこすら安全ではなかった。しかし北東部の森の王国の近くでは、暗闇と危険はいくらか鳴りを潜める。

登場する地名

歴史

かつてこの森林はシンダール語エリン・ガレン共通語で「緑森大森林」と呼ばれていた。
星々の時代エルフアマンへ向けて大いなる旅をしていた時、既にここには森が広がっており、霧ふり山脈に阻まれて足を止めたテレリの一部はこれらアンドゥインの谷間の森一帯に広がり、シルヴァン・エルフと呼ばれるまばらな民となった。第二紀以後、緑森大森林にはシンダールの公子達によって統治されるようになったシルヴァン・エルフの王国があった(詳細は森の王国歴史を参照)。

しかし第三紀1050年頃から緑森に影が兆すようになり、1100年には森の南端アモン・ランクに死人占い師の拠点ドル・グルドゥアが設けられていることが判明する。死人占い師の投げかける恐怖の影は断続的に森に広がっていき、やがてエルフがいる地域以外は、巨大な蜘蛛シェロブの末裔)をはじめとした邪悪なものが徘徊し、昼でも太陽の光がほとんど差さず、川の水すら真っ黒な恐ろしい場所となってしまった。このため森林はシンダール語で「大いなる恐怖の森(Forest of the Great Fear)」の意であるタウア=エ=ンダイデロス、共通語で「闇の森」の名で呼ばれるようになる。

当時、緑森の周辺には北方の自由の民が住み着きつつあり、東側の早瀬川流域では北国人による長年の伐採で東入地が形成されるなどしていたが、やがて東夷との相次ぐ戦乱と広がる死人占い師の影のために、人間の勢力も次第に北へと追いやられていった。

第三紀末(2941年頃)にはほとんど全体が暗闇に覆われており、森を東西に抜ける古森街道も荒廃して使用不能になっていた。エレボール遠征の途上、トーリン二世率いる13人のドワーフビルボ・バギンズの一行は闇の森を通過するためエルフ道を使用したが、森の中で催されていたエルフの宴に引き寄せられて道を外れてしまい、蜘蛛に襲われた。その後さまよっていたところ、森の王国エルフ王の岩屋に捕らえられた(『ホビットの冒険』)。
同年、白の会議の攻撃によって死人占い師はドル・グルドゥアの要塞を捨てて逃亡し、森も健やかな場所に戻ると思われた。
だが2951年、彼はモルドールサウロンとして公然と名乗りを上げ、逃亡は見せかけであったことが明らかとなる。サウロンはナズグールを派遣してドル・グルドゥアを再占領し、そのため闇の森は依然として忌まわしい場所であり続けた。

指輪戦争によってドル・グルドゥアが完全に破壊されたことで、ようやく闇の森の影は取り除かれた。
3019年(大いなる年)4月6日に森の中央で会見したスランドゥイルケレボルンにより、闇の森は「緑葉の森」を意味するエリン・ラスガレンと改名される。闇の森山脈より北はスランドゥイルの領土に、狭隘部より南は東ローリエンとしてケレボルンの領土に、その間はビヨルン一党森人の土地として分割された。
エリン・ラスガレンには第四紀に入っても、シルヴァン・エルフたちが落ち着いて暮らしていたという。

画像

トールキン作画「闇の森」
トールキンが描いた闇の森の絵はアレン・アンド・アンウィン社の『The Hobbit』初版第一刷に収録された。『終わらざりし物語』においてクリストファー・トールキンは、闇の森のエルフ語名がタウア=ヌ=フインであるという記述に関して、闇の森の絵とベレリアンドタウア=ヌ=フインの絵との類似を指摘している。

森の王国 (Woodland Realm)

闇の森の北部にあるシルヴァン・エルフの王国。王はスランドゥイル指輪の仲間の一人レゴラスの出身地。ここには、宮殿である岩屋がある。
「森の王国」の名称は『二つの塔』で一度だけ使われるもので、作中では森エルフの王国(Wood-elves' realm)スランドゥイルの王国(realm of Thranduil, Thranduil's realm)、あるいは単に「闇の森」と言及されることが多い。

あの魔の川から四日たったころ、一同は、ほとんどブナの木ばかりしげっている場所にでました。はじめのうちは、このかわり方に声をたててよろこびました。それは、びっしり茂る下草がなく、くらがりがひどくなかったからで、あたりには緑色のほの明るさがただよい、道の両がわがかなり遠くまで見とおせるところが、ほうぼうにありました。明るいといっても、とほうもなく大きなたそがれの広間のなかに立ちならぶ柱の列のように、黒っぽい幹が限りなく列をつくっているのが見えるだけです。でも空気には動きがあり、風の音もします。もっともそれはかなしげな音でした。木の葉がひらひらまいおちてきて、森のそとには秋が来ていることを思い知らせました。いままでのかぞえきれない秋ごとに、森の中に落ちてはつもったかぎりない落葉が、ぶあつく赤いじゅうたんとなっていますが、ふきよせられて道の上にもふかくつもったその落葉を、一同はかさかさけちらして歩きました。*3

闇の森のエルフは地上や木の上に家や小屋を建てて住み(特に橅を好んだという)、森で狩りをしたり、東の土地で仕事をして生活していた。金属や宝石の採掘や加工は行わず、農業や商業にもあまり熱心ではなかった。
エスガロス湖の人とは交易を行っていた*4たての湖(沼地)の拡大でエルフ道などの森の外の土地へ通じる道が使えなくなってからは、森の川だけが唯一の安全な交易路兼移動路となった。森の王国は森の川を管理下に置き、エスガロスから川の通行料を徴収していたので、そのことで両者が揉めることもあったが、エスガロスの町がスマウグの襲撃で潰滅したことを知るといち早く救援に赴くなど、基本的には良好な関係を築いていた。

闇の森のエルフ

王国の民の大部分はシルヴァン・エルフ(森のエルフ)である。
スランドゥイルレゴラスなど統治者層の出自はシンダールであったが、かれらは森エルフの素朴な暮らしに馴染むことを望み、シルヴァン風の名前と習慣を取り入れていたという。
そのため闇の森のエルフは、シンダールおよびノルドールの影響をより積極的に受け入れたロスローリエンのエルフ(ガラズリム)と較べて粗野であり、技量も低かった。

歴史

荒地のくにで、むかしからずっと森エルフたちは、ののぼる前とののぼる前のたそがれのなかにくらしてきました。そしてのちに、日のかげになる森の中にさまよいこんだのです。 … 人間がやってきてからは、まえよりますます多く、うす暗がりとたそがれにかくれ住むようになりました。*5

もともと緑森大森林をはじめとしたアンドゥインの谷間の一帯には、ナンドールから分かれたシルヴァン・エルフが定住していた。

終わらざりし物語』によると第二紀以降、ロヴァニオンのシルヴァンはベレリアンド崩壊を逃れてきたシンダールの公子達を統治者として受け入れた。そうした公子の一人オロフェアは、アンドゥイン以東のシルヴァン・エルフを治める王となった。
当初オロフェアは闇の森の南西部、ロスローリエンの対岸にあるアモン・ランク(後のドル・グルドゥア)の近くに住んでいたが、サウロン勃興の噂におののいて三度北に移住し、第二紀末にはエミン・ドゥイア(後の闇の森山脈)の西部の谷間に住み*6、彼の民もドワーフ道(後の古森街道)より北にある森や谷間に住んだ。
かれらは最後の同盟に参加してサウロンを敵として戦ったが、独立心が強くギル=ガラドの最高指揮権を認めなかったことと、装備が軽装であったことから、必要以上の損害を蒙り、大軍であったにも関わらず森へ帰還した時にはその数はもとの三分の一にまで減少していたという*7

オロフェアが最後の同盟の戦いで戦死したため、その息子のスランドゥイル第三紀を通じての王であった。
森のエルフの数は再び増え始めたが、第三紀の中つ国は着実に人間の世界へ変化していき、エルフはそれを感じ取って不安に満たされるようになった。森の周囲に北方の自由の民東夷などの人間が増え、ドル・グルドゥアの闇の勢力が拡大するに伴い、エルフは森の北東部へ後退していき、スランドゥイルは森の端に近い場所に宮殿である岩屋を築いた。

第三紀2941年には王国内に侵入したトーリン二世彼の仲間たちを虜囚にするも、ビルボ・バギンズの機転で脱獄を許してしまう。その後、事態を注視していたスランドゥイルスマウグ死亡の報を聞いてはなれ山に向けて出陣するが、まずは破壊されたエスガロスへの援助を優先し、町の再建の目途が立つとバルド率いる湖の人の軍勢と共にはなれ山へ向かった。五軍の合戦で森の王国のエルフは三軍の一員として戦い、犠牲を出しつつも勝利した。
第三紀3018年から3019年指輪戦争では、森の王国はドル・グルドゥアから攻撃を受け、火によって森林に大きな被害が出たが、最後には攻撃を撃退した(闇の森樹下の合戦)。指輪戦争が終結するとスランドゥイルは闇の森の真ん中でケレボルンと会見し、闇の森をエリン・ラスガレンに改名するとともに、闇の森山脈以北の森を自らの王国とした。

第四紀になると、一部のエルフはレゴラスに率いられてイシリアンへ移住し、その地を美しく豊かにしたが、大部分の森のエルフはエリン・ラスガレンで落ち着いて暮らしたようである。

映画『ホビット』における設定

原作の通り、ビルボ・バギンズトーリン13人のドワーフエルフ道を外れて闇の森で迷う描写はあるものの、森の中で宴会をしているエルフたちの元に行こうとするがたどり着けない場面など、民話的な雰囲気の描写はカットされ、代わりに蜘蛛に襲われたトーリンの一行が、蜘蛛狩りをしていたエルフの警備隊に捕らえられるという、アクションを重視した描写に変更されている。
また、原作『ホビットの冒険』では存在が言及されていないレゴラスや、映画オリジナルキャラクターのタウリエルが森の王国のエルフとして登場する。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

2015年に南部のみ実装。その後2018年に、指輪戦争終結後の北部闇の森としてエリン・ラスガレンが実装。

南部にはドル・グルドゥアがあり、その西部にはドル・グルドゥアを監視・偵察するための、ロスローリエンエルフによる拠点が複数存在する。
かつて人間が住んでいたが、廃墟となって亡霊の巣窟となっている場所もある。

北部は指輪戦争終結後となっているが、まだ闇の影響は残っており蜘蛛などがいる危険な場所が残る、薄暗い森林となっている。地域には森の王国エルフ王の岩屋のほか、森の外のエレボール湖の町谷間の国が含まれる。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における闇の森の、エルフの拠点となっている廃墟から眺めた光景 37a14facd49c3dcd968f8f2831e6edcc.jpg

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • このホビットの冒険でのスランドゥイル領に入った時の描写の美しさが好きだったから映画で映像化されるの楽しみだったんだが… -- 2014-12-22 (月) 18:04:17
  • ひょっとして、エルフ軍の兜て鹿を模してる? -- 2015-01-07 (水) 11:08:18
  • 昨日DVDをレンタルして映画見たけど、怖かった……。「この森いやだな」ってビルボのセリフに何度も頷いてしまったよ。あんなところには迷い込みたくないね……。 -- 2015-01-24 (土) 16:05:54
    • あそこを開拓できるのはビヨルン一党くらいなのも頷けますね -- 2015-01-24 (土) 19:15:29
      • 積み重なった枯葉の真っ赤な絨毯と白いブナの幹が柱のようにどこまでも続く巨大な回廊のような森、緑の光が淡く零れる中どこからかエルフの笑い声が聞こえる幻想的で美しくどこか悲しくて郷愁を掻き立てられるエルフの森も見たかった… -- 2015-05-22 (金) 23:12:49
  • 闇の森のエルフの軍勢が映画の中でたびたび無駄に洗練された無駄のない無駄な動きしてて面白かった -- 2015-03-29 (日) 22:46:17
  • 闇の森といってもエルフの意図するところではなく徐々に闇が侵食したということだけど、闇の森の悪いイメージも相俟って情け知らず云々と呼称されてしまうようになったのか…(特にダイン) -- 2015-05-23 (土) 22:58:33
    • 「ホビット」の前までは緑の森と呼ばれてたらしいのでそれはないかも -- 2015-09-06 (日) 01:20:45
  • 実際は、森の中に光が届かないくらい木が密集すれば、光合成ができなくなった低い木から死んでいくから、ある程度は日が差すように生える筈ですが、文字通り真っ暗になるなんて一体どうなってるんでしょうか? -- 2015-07-06 (月) 12:19:46
    • ただの影ではなくサウロンの投じた闇ですからね。闇そのものが木々を邪に育てていた気配があります。 -- 2015-07-06 (月) 21:20:01
      • むしろエルフ達が住んでいるからあの程度で済んでいたりして・・・ -- 2015-07-15 (水) 11:28:47
    • 実際、あれくらい密集すると暗くなりすぎて下草は、生えなくなるから森の中は歩き易くなるんだよね。 木の種類は楢の木だから、そこそこ森の中は、明るくなるし。 -- 2015-07-11 (土) 13:58:09
    • 低木が死んでも、陰樹が生えるので真っ暗とは言わないまでも暗い森になることはあり得ると思います。古くなった木は倒れある程度の隙間(ギャップ)はできるとは思いますが、暗い場所を好む陰樹がやっぱり生えて埋めるのではないかと。 -- 2015-09-06 (日) 01:19:04
  • 映画で、ビルボが現在地を確認するため、樫(でしたっけ?)の木のてっぺんまで登りつめ、空に向かって顔をあげたとき、一斉に蝶々が飛び立つシーンがありましたが、その時の映像 (空、蝶、葉っぱ などの色彩 )は本当にキレイだと思いました! -- 2015-07-06 (月) 20:04:22
  • 闇の森は地名だけど、エルフの国の名前はないのかな? -- 2015-09-06 (日) 01:21:58
    • 「森の王国」と何度か出てくるから、それのシンダリン版が対外的な名前じゃないかな? -- 2015-11-06 (金) 18:37:56
  • 岩波書店のホビットでは、この国のエルフの大部分は王の岩屋に住んでいるとされているが、ただの誤訳なので注意(森エルフのほとんどは森の中に住んでいる)。 -- 2017-04-09 (日) 01:02:09
    • そういえば、一般のエルフがどういう住居に住んでるのか、特に何も記述されてないような。 -- 2017-04-09 (日) 02:46:32
  • 設定上では第二期のサウロンとの決戦時に、闇の森のエルフ達は軽装だったこともあり2/3が帰らなかったといわれるが、映画ホビットのスランドゥイル軍はそんな軽装には見えないんだよな。やっぱ親父や同胞の虐殺に近い被害に心を痛めたスランドゥイルが、エレボールとの交易で優れた武装をするようになったのだろうか。 -- 2019-03-29 (金) 15:35:59
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 ドルソニオンの後の名だが、『終わらざりし物語』では闇の森のエルフ語名としても言及される。
*2 ホビットの冒険』「ふしぎな宿り」
*3 ホビットの冒険』「ハエとクモ」
*4 特に王国内では葡萄が育たないので、森のエルフが好む葡萄酒は輸入に頼っていた。
*5 ホビットの冒険』「ハエとクモ」
*6 オロフェアが北へ移住したのはモリアドワーフや、ケレボルンガラドリエルが住むようになったロスローリエンと距離を置くためともされる。オロフェアと彼と共に来た少数のシンダールはかつてのドリアスの遺民であり、彼らは流謫のノルドールに好意を持っていなかった。
*7 とはいえ後に「あやめ野の凶事」でイシルドゥアの部隊を襲撃することになるオークの伏兵部隊が攻撃をさし控えるほどには依然として強力だった。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-29 (金) 15:35:59 (24d)