• 第一紀にべレリアンドを襲った厳冬(Fell Winter)については過酷な冬を参照してください。
  • 第三紀2911年にエリアドールを襲った厳冬(Fell Winter)については凶年の冬を参照してください。

長い冬

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルLong Winter
異訳長き冬

解説

第三紀2758年から翌59年にかけての五か月に及ぶ厳冬。北と東からの寒気と大雪を伴って始まり、エリアドールローハンで甚大な被害を出した。

ローハン
2758年11月から翌59年3月までローハンは雪に埋もれた。当時は西からはウルフ率いる褐色人、東からは東夷に侵攻される国難の時期だった。冬の寒さとそれに伴う飢饉により、ロヒアリムとその敵双方に多大な被害が出た。時のローハン王ヘルムと息子のハマヘルム峡谷に籠城していたが、ユールの後にハマは自暴自棄となり、雪の中を出撃して行方不明になった。ヘルムは飢えと悲しみから、単身で敵陣へ殴り込みをかけるようになり、冬が終わる前のある日に堤防の上で立ったまま死んだ。
冬が終わるとエント川が雪解け水により大洪水を起こし、川の流域が広大な沼沢地と化したため、東夷は死ぬか撤退した。当時のアイゼンガルドを占拠していた褐色人も冬の飢えに苦しめられ、フレアラフに降伏した。
この大侵略による戦乱と、長い冬による飢饉でロヒアリムは大きく数を減らし、ローハンは疲弊した。ローハンがその国力を回復させるのはフォルクウィネの代になってからだった。
ゴンドール
ローハンと同じく、当時のゴンドールも沿岸部において海賊の侵略を受けていた。だが白の山脈の南にあるゴンドールでは、長い冬による被害は少なかった。時の執政ベレンの息子ベレゴンドはゴンドールの大将として戦い、2759年の春が来る前に海賊を撃退し、すぐさまローハンに援軍を送った。
ホビット庄
ホビット庄ホビットたちは、冬とそれに伴う飢饉によって大勢の犠牲を出した。この時、庄民を救うべくガンダルフがホビット庄を訪れた。飢饉は2758年から60年(ホビット庄暦1158~60年)まで続いた。

「わしはおまえたちのだれも知らんあの『長い冬』の間に、かれらに親しみを覚えるようになったのじゃ。かれらはその時たいへん苦しい目にあった。ホビットの歴史の中でも最悪の危機の一つで、寒さとそれに続く恐ろしい飢饉でたくさんのホビットが死んでいったのじゃ。しかし、それはかれらの勇気とお互いの思いやりを発揮する機会でもあった。かれらが生きながらえたのは、愚痴一つ言わぬ不屈の勇気に加え、それに勝るとも劣らぬ思いやりがあったからなのじゃ。」*1

類似の厳冬に、第三紀2911年にエリアドールで被害を出した凶年の冬がある。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 1636年の悪疫と同様、おそらくサウロン(死人占い師)が自由の民を弱体化させるために仕組んだ天変地異の一つと思われる。 -- 2015-12-14 (月) 03:00:45
    • 寒気なあたりアングマールの魔王の仕業の可能性もあるかも -- 2015-12-14 (月) 08:50:51
    • どうなんだろう。これほどの規模の天変地異ともなると、モルゴスと呼ばれる以前のメルコールでもなければ、なし難いのではないか。それに、1636の悪疫にしてもそうだが、敵味方双方に被害が発生しており、得策とも思えない -- 2015-12-14 (月) 13:08:25
      • メルコールだった頃はこんなもんじゃないでしょう。巨大な山脈を築き上げ、谷々を埋め、島をも沈めるといったレベルの天変地異なんですから。劣化したモルゴスレベルでこの寒波くらいなのでは。対してサウロンの方もHoME読んでると結構な規模の天変地異を引き起こせそうですが、一つの指輪を身に着けていた絶頂期のことなので、第三紀の弱化したサウロンにこういった規模のものが可能かどうかというと微妙ですね。 -- 2015-12-14 (月) 14:02:36
      • 一時的な「冷気」ならばともかく、5か月に及ぶほどの期間それを維持するエネルギー量は、大地の形を変えるのに匹敵するほど凄まじいものと思うが、どうだろうか。 -- 2015-12-14 (月) 14:24:55
      • もともと冬は必ず訪れるものですからねえ。それを強化しただけでしょ?大地の形を変えるのに匹敵するほどのものと言ったら、5ヶ月どころかずっと氷に閉ざされる極寒の地に変わるくらいでは。個人的には気候の大幅な変動クラスでないと納得出来ないですね。 -- 2015-12-14 (月) 15:06:04
      • (1)現にサウロンの弟子にあたる魔王が、フォロヘルの寒期を支配できたと示唆されています。また、ボロミアはサウロンはモルドールの山脈の天候を自在にしていると述べており、カラズラスの嵐がサウロンの仕業であるとの示唆もあります。また指輪戦争では現に、滅びの山の噴煙を東風に乗せて送り出すという天候操作を実演しました。ちなみに1636年の悪疫は明確にサウロンの仕業であることがUTで語られています、これも自由の民のみならず東夷にも甚大な被害が出ましたが、「サウロンは待つことができた」ために一方的に彼の有利に働く策であったと述べられています。 -- 2015-12-14 (月) 18:44:36
      • (2)ちなみに局所的な自然操作は、エルフたるエルロンドもブルイネンの水量を自在にしており、マイアたるサウロンにそれ以上のことができるのは不自然ではありません。とはいえ、さしものサウロンといえどもこれほど大規模な寒気の招来は、そう簡単にできるものではないと見るのが順当ではあろうと思います。アルド・ガレンを焼き尽くした鉄山脈の火焔と比較されるような、長く入念な準備の末に起こされた策略(天災)ではあったでしょう。 -- 2015-12-14 (月) 18:50:02
      • つまりサウロンは当代随一の気象学者でもあったというわけだな。何十年もかけて大寒気を作りだせるように少しずつ調整していったんだろう -- 2015-12-14 (月) 18:59:11
      • ↑↑力の源たる指輪がないしね。長期的に力を溜め込む必要はありそう。 -- 2015-12-14 (月) 19:13:29
      • 例え、使用しても味方陣営にも、多大な被害が出そうだから、乱用はできなさそうだしね。 -- 2015-12-16 (水) 13:20:28
  • ホビットも関わっているので、このエピソードだけで映画が出来てしまいますね。 -- 2015-12-14 (月) 08:21:48
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 終わらざりし物語』「エレボールへの遠征」長い冬について語るガンダルフの言葉

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-16 (水) 13:20:29 (1096d)