追補編

概要

カテゴリー書籍・資料等
スペルAPPENDICES

解説

指輪物語』最終巻末に収録されている、中つ国の歴史や言語等に関する資料集。

日本語新版『指輪物語』文庫版では省略されていた。だがかなり遅れて2003年12月に独立して発売された。
日本語新版『指輪物語』愛蔵版(A5版)では一冊に独立している。
日本語新版『指輪物語』カラー愛蔵版では『王の帰還』巻末に収録されている。

日本語旧版『指輪物語』は文庫版、ハードカバー版共に収録されているが、エルフ語など各言語についての註などが省略されている。

目次

斜体部分旧版では省略されている。

執筆背景

トールキンは当初、『ホビットの冒険の続編(指輪物語)』と『シルマリルの物語』を同時出版することを希望していたが、出版社の意向やトールキン自身の遅筆のために実現しなかった。だが結果的に、完成した『指輪物語』は先行して書き進められていた『シルマリルの物語』と強い関連性を持つ作品となり、トールキンはあらためて『シルマリルの物語』の完成と出版を期するようになる。
またこの一方で、トールキンは『ホビットの冒険』が出版され好評を博した当初から、作品に登場するホビット族や、彼らが暮らす中つ国の歴史・文化・自然科学についてより多くを知りたいと願うファンからの手紙をたびたび受け取っていた。

こうした二つの互いに関連する要請に暫定的に応えるために、出版の目途の立たない『シルマリルの物語』に代わって、そこからの極度に要約された抜粋から成るものとして「追補編」が編まれた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 新版文庫で読んだ人は追補編の存在を知らない人が多い。
    • 「アルウェンとアラゴルンの物語」は必読だと思うのに、非常に勿体ない。
    • あの年表に載ってる指輪の仲間のその後まで読まないと、1巻の序章の意味がよくわからないと思われます。というか、私はあれを見て初めて理解できました・・・ -- 2010-02-20 (土) 20:18:20
    • 旧版の文庫を買ったとき追補編をみてうっとなった。字が小さすぎ、書いてある内容もほとんど理解できない。いきなりモルゴスとかフェアノールとかいわれてもわからない。結局読んだのは、本編を数回読み返した数年後でした。 -- 2010-12-08 (水) 01:57:40
    • しかし本編の内容を頭に入れた上で追補編を読むと、よく分らなかった過去の事情が組み合わさり、急に物語の世界が広がってくるようになる。 -- 2010-12-08 (水) 02:00:39
  • 「うちに帰るまでが遠足です」「追補までが指輪物語です」
    • はい、教授! -- 2015-02-02 (月) 10:23:52
    • 追補編は本編から何年遅れで出版されたのでしょうか。そのあいだ教授は歴史や地理や人種や各国の関係やらを整合性がとれるように整理していたのでしょうね。まさにニグルの木の葉みたいに -- 2017-10-07 (土) 00:05:04
  • 追補編の索引を引きながら指輪物語を読むと読みやすいです。横文字多くてすぐ単語を忘れてしまうので…。
    • 初読時は索引引いちゃだめです。とてもネタバレ。
    • 本編を読む前に追補編を読んでしまった私はいったい… -- エグゼクター
  • 文庫版10巻の巻末索引には表記ミス多すぎる -- 2008-03-28 (金) 14:33:02
    • ご存知でしょうが、あの索引は評論社が作ったもので原作にはありません... -- 2008-04-02 (水) 00:34:30
    • 表記ミスだけでなく誤訳も多すぎ。 -- 2008-10-08 (水) 14:49:07
    • 今のところ、原書版『王の帰還』の英語INDEXを直接参照して照らし合わせるくらいしか対策は無いですね。個人的には完訳+誤記訂正した索引をつけてくれるなら追補編だけ買いなおしても構わないのですが、田中さんもご高齢なので難しいでしょうね。 -- 2010-04-09 (金) 01:37:13
  • 「アラゴルンとアルウェンの物語(その一部)」をみて、全部を読みたいと思ったのは自分だけではないはず。 -- 2012-01-14 (土) 00:20:58
  • 追補編はドゥリンの一族の話が一番よかった、読み終わった後ドワーフに親近感がわいた。 -- 2014-06-23 (月) 18:03:14
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 日本語版の旧版では一部が省略されている。
*2 原書ではこの文章は、1966年の第二版出版時に本の冒頭に付け加えられたものだが、日本語版では最後に移されている。
*3 文庫版の追補編のみにあり。
*4 原書の最後にある索引に準じて作られた、日本語版独自の便覧。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-07 (土) 00:05:04 (405d)