西谷

概要

カテゴリー地名
スペルWestfold*1
異訳西の谷、ウェストフォルド

解説

ローハンの領地の一つ。ローハンの国土のうち、白の山脈沿いの西側の地域。北には西エムネトが広がる。
指輪戦争時の領主はエルケンブランドで、角笛城を居城としていた。角笛城の合戦ギャムリングは自らが率いる西谷の男たちを「ヘルムの家の子(Helmingas)」と呼んでいる。

西谷の境について

終わらざりし物語』「アイゼンの浅瀬の合戦」の補遺では、西谷の北境はファンゴルンの森の縁とアイゼンガルドの壁か、それに近いと述べられている*2

unfinished index』及び『終わらざりし物語』索引の説明では、西谷はスリヒルネエドラスの間の斜面と野原とされている*3

Guide to the Names in The Lord of the Rings』では、西谷の西境はアイゼン川としている*4。また、この語はローハン語の地名なので訳さずに残すよう指示している。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

西の谷にあるローハンの集落が、褐色人を含むサルマンの軍勢の襲撃を受ける。
馬鍬砦でのローハン軍召集のシーンでは、グリムボルドが「西の谷からは500人」と報告している。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

Marton(マルトン)
アイゼンの浅瀬とヘルム峡谷の間に位置する町。戦いで荒廃し、戦死した領主のグラドスヌ(Gladsunu)の妻アゲルウィン(Agelwyn)が住民の避難にあたっている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 映画の西の谷襲撃シーンは、プロローグで使いまわされている。他にも映像使い回しがいくつかありますね。 -- 2016-03-07 (月) 15:38:59
お名前:
Last-modified: