• 東夷を示す褐色人(Swarthy Men)については東夷を参照してください。

褐色人(かっしょくびと)

概要

カテゴリー種族
スペルDunlendings
異訳焦茶(こげちゃ)(くに)の人間、(くも)(ぞく)*1
その他の呼び名荒くれ男、山男 (wild-men)

解説

エネドワイスにある褐色人の国に住む人間の民族。「褐色人」とは彼らの肌の色が浅黒く、頭髪が黒っぽいことからロヒアリムが付けた呼名。一方の褐色人はロヒアリムのことをフォルゴイル共通語では「藁頭」)と呼んで憎み、ローハンの建国以来ずっと敵対関係にあった。

指輪戦争ではサルマンに懐柔されて同盟を結び、角笛城の合戦アイゼンガルドの軍勢とともにローハンと戦った。

「わたくしはあの言葉を存じております。あれは人間の古い言葉の一つで、かつてはマークの西の谷々の多くで話されておりました。そら! やつらはわれらを憎んでおります。 … 『おれたちはやつらの王を捕えるぞ。フォルゴイルを殺せ! 藁頭どもを殺せ! 北から来た略奪者どもを殺せ!』 … 五百年経っても、やつらはゴンドールの王が青年王エオルにマークを与え、かれと同盟を結んだ恨みを忘れておりませぬ。」*2

歴史

元は白の山脈の谷間地方に住まっていた未開の民族だといわれ、死者の道死者たちや、一説によるとブリー郷人間も同族であるとされる。

褐色人たちのことばもまた異質であった。共通語に似たところがたとえあったとしても、微々たるものでしかなかった。かれらは遠い昔、白の山脈の谷間地方に住まっていた民族の生き残りである。馬鍬砦死者たちはかれらに近い者たちであった。しかし暗黒時代に、ほかの者たちは霧ふり山脈の南の谷々に移り住み、中にはそこからさらにまた、無人の地を求めて、北は塚山丘陵まで移って行った者もあった。ブリー村人間も、もとはそこからきたのである。しかしかれらはずっと昔に、アルノール北方王国の民となり、西方語を話すようになっていた。ただ褐色人の国に住んでいた者たちだけが、同じ種族ではあったが、自分たちの古いことば、古い習慣を棄てず、ドゥネダインに好意を持たず、ロヒアリムを憎み、隠れひそんで暮らしていた。*3

終わらざりし物語』ではかれらはゴンドールにはほとんど愛情を抱いていなかったが、頑強で勇敢だったにもかかわらずその数は少なすぎ、また王たちの威光をたいそう恐れていたため、王たちを悩ますことはなく、王たちの目を東方からそらすことにもならなかったとある。また褐色人の国の北にはエレギオンがあったが、交流はほとんど無く、褐色人はエルフを恐れていた。

第三紀2050年にゴンドールで王統が途絶えると、褐色人はゴンドールの臣下であることを止め、次第にカレナルゾンへ浸透しはじめる。
しかし第三紀2510年よりロヒアリムがカレナルゾンに移住してきたことで褐色人の伸長は阻まれ、以来両者は対立するようになった。ローハンの3代目の王アルドールはかれらをアイゼン川の向こうに完全に追いやった*4

だが褐色人はローハンの北や西の国境から再び浸透をはじめ、アイゼンガルドの環の管理者達がゴンドールとの繋がりを失うと、密かに彼らと結託、ついには砦を奪い取る。このことはデーオルの時代に明らかとなり、褐色人はアイゼンガルドの環を拠点にアイゼン川を渡り、ローハンに略奪を仕掛けるようになった。
さらにローハン西部にも影響力を持つにいたり、アドーン川沿いに領地を持った西境の領主フレカは褐色人の血を引いていたという。2754年にフレカがヘルムとの諍いで殺されると、フレカの息子ウルフは褐色人と結託して、2758年の大侵略の折に黄金館を奪い取り、角笛城に逃れたヘルムを包囲した。だが長い冬の到来で打撃を受け、その後ローハンとゴンドールの反撃にあってウルフは討死、黄金館とアイゼンガルドは奪い返された。
この一件が元で、2759年にアイゼンガルドはサルマンの手に委ねられることになった。

しかし堕落したサルマンは、再び褐色人を配下に引き入れる。
指輪戦争ではサルマンに扇動された褐色人がローハンを攻撃し、アイゼンガルドの軍勢と共に角笛城の合戦にも参加した。褐色人はサルマンから、ロヒアリムは捕虜を生きたまま焼くと教えこまれていたという。角笛城の合戦でアイゼンガルドの軍勢が敗北すると、褐色人は降伏し、武装解除されて自分たちの土地に戻っていった。

Iron Crown Enterprisesによる設定

ベレリアンドを目指したエダインから分かれて、エレド・ルインの東側に留まり、エネドワイスゴンドールの最初の住民となったダエン(Daen)という人々の末裔。褐色人の使用する言語はドゥナエル語(Dunael)とされている。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

サルマンに扇動され、アイゼンガルドオークウルク=ハイと共にローハン西の谷の集落を襲う。エクステンデッド・エディションでは一人の褐色人がサルマンに忠誠を誓うシーンが追加されている。

映画の世界観に準拠した『The Lord of the Rings Strategy Battle Game』ではスライダンという名の首長に率いられている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 死者の道にいわくありげな秘密の部屋まで造り、ちゃんと槍などで武装して行軍していた死者の軍勢の死者たちと、鎧も着ないで棍棒を振り回していた褐色人の山男たちでは文明レベルの印象にギャップがあって同族だとは思えないが、死者たちはドゥーネダインとは疎遠だったようなので、あの文明レベルの発達の原因は今一不明である。 -- 2010-05-23 (日) 23:23:21
    • 近縁関係と技術レベルは全く別の問題ですからね。時代も違いますし。なお死者の軍勢の武装度については、おそらくサウロンの影響だと思われます。 -- 2012-12-07 (金) 21:02:17
  • 映画で、サルマンさまが褐色人を扇動ししてる時に、太り気味で髪の毛モジャモジャの、どう見てもPJに見える人がいるけれど、コメンタリーで本人が否定しているので違う人。 -- 2012-12-07 (金) 12:43:43
  • 第四紀のゴンドール覇権体制では生きにくそうだな。ローハンや新アルノールの勢力伸長の犠牲にされそうだし。ドルーアダン位希少になれば、保護してもらえるかもだが -- 2013-07-10 (水) 23:23:16
    • 大掛かりに移住するのも、ありかもね。 かつてホビットが霧降り山脈を越えて今の安住の地を得たように。 ホビット荘の北かエリアドールの海岸部など無人の地は、たくさんあるし。 今のままだとローハンの支配下に入って、かえって暮らしにくくなるのは確実。 -- 2014-02-11 (火) 18:47:02
      • エリアドールに移住するには統一王国の許可が必要だけどね。それとエリアドール沿岸部は昔人が多かったから統一王国内の移民も結構いるだろうから問題が起きるかも。まあルダウアの地域であれば人が少ないから受け入れて貰えるかもしれない。 -- 2014-04-16 (水) 11:26:07
  • 人種的にはアラブ系とかアフリカ北部系みたいな気がしますがどうなんだろう。 -- 2014-02-16 (日) 01:50:21
    • おそらく古代のケルトやゲルマンの人々をイメージしていたのではないでしょうか。 -- 2014-03-04 (火) 23:13:30
      • ゲルマンは北国人っぽい -- 2014-04-15 (火) 20:46:25
  • 今でこそ世界の他の地域に対して多少の優勢意識を持っている欧州にも、昔は未開・野蛮だとされた存在が一定数いたことを示す存在ですね。 -- 2014-10-30 (木) 18:55:22
  • ハラドリムがペルシア・メソポタミア・エジプトで、東夷がフン族やスキタイだとして、褐色人は一体なんなのでしょうか。イベリア?エトルリア? -- 2015-05-28 (木) 13:14:54
    • イメージ的にはローマ帝国に対するケルト人(ガリア人)だと思われます。両者の関係もそうですが、ヨーロッパ先住民族であることや、死者の道で巨石文明の担い手(ドルエダイン)と地域が重なっていること、ブリー郷の地名にケルト系語彙が使われていること等それっぽいです。 -- 2015-05-28 (木) 14:38:37
  • 国を追われたスラインやトーリンはたしか褐色人の国に住んでいた。ドワーフとは相性が良かったのかもしれない。 -- 2015-11-02 (月) 00:54:31
  • 洗練された文明社会と、その外側にある野蛮な未開社会という構図は西洋に深く根付いた考え方で、未開社会は文明化されるべきであるという信念ともいえる意識がある。褐色人とローハン・ゴンドール人の関係はそれをよく表してる -- 2016-04-02 (土) 00:40:23
    • 「未開社会は文明化されるべきであるという信念」はトールキンには希薄でしょう。褐色人は文明化されませんし、ドルエダインに至ってはそのままで保護されます。光に満たない灰色エルフや、中間の人間たちへの親近感も随所に見られるものです。とはいえ光=文明、闇=野蛮の構図自体は啓蒙思想の直接の影響だと思われますので、まったく要素がないわけでもないのが単純ではないところですが。トールキンに指摘すべきは啓蒙ではなくむしろ階級意識かと。 -- 2016-04-02 (土) 01:52:34
      • 希薄ではあっても、そこから完全に脱却するまでには至ってないようですね -- 2016-04-02 (土) 22:23:34
    • 洗練された文明社会が、劣った野蛮な未開社会を啓蒙する。初めはそれっぽいことをやっていて、その後苛烈な植民地支配者となって収奪と圧制の限りを尽くした、「王党派」という連中をトールキンは登場させていましてね…… -- 2016-04-02 (土) 05:01:36
    • それも「かつて自分達が野蛮だった」という自覚があればこその認識であるとも言えなくは無いけどね。 -- 2016-09-09 (金) 14:15:43
    • その意識は別に西洋だけに根付いてる意識じゃないよ。中華思想って知ってる? -- 2017-03-23 (木) 03:29:03
      • 西洋中華どころか古今東西オリエントギリシア果ては(自らの視点で)辺境の異民族を南蛮蝦夷などと呼ぶ日本に至るまで自らの文化・文明への優越感というものは見られますね -- 2017-07-24 (月) 19:45:34
      • なのに何故、欧米人ばかりが責められるのか -- 2017-07-24 (月) 21:10:40
      • 嫉妬だとか劣等感だとか西欧史観がどうとか物悲しい話が出るから指輪物語でどれそれを暗喩しているとかの話はあまり好きではないですね -- 2017-08-20 (日) 14:42:30
  • 西方でも、文明の水準に限って言えば、ゴンドールやローハンみたいに大規模で高度に洗練されてる国は少数派なのかも -- 2016-10-01 (土) 11:09:58
    • ゴンドールに比べるとローハンは洗練されてるとは言い難いのでは。褐色人よりはマシでしょうけど。 -- 2016-10-01 (土) 14:58:57
    • 実際、史実のヨーロッパもローマが滅んでからルネッサンスまでの1000年間なんて欧米人が自分たちで暗黒時代とか野蛮だったとか言うくらいだからね -- 2016-10-01 (土) 15:29:19
  • 東夷もハラドリムも質のいい装備なのに彼らだけ武器も衣服も粗末な上に不潔なのが不憫だ。白人だから余計に薄汚く見えるし -- 2016-11-24 (木) 01:56:53
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語ロールプレイング日本語版での訳。だが誤訳であったとしてガイドブックで訂正されている
*2 指輪物語 二つの塔』「ヘルム峡谷」 ギャムリングの言葉
*3 追補編』「第三紀の諸言語と諸種族 人間のことば」
*4 終わらざりし物語』によるとアルドールは侵略の報復のためエネドワイスの褐色人の土地を奪いさえしたという

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-20 (日) 14:42:30 (476d)