(みどり)のエルフ

概要

カテゴリー種族
スペルGreen-elves
その他の呼び名ライクウェンディ(Laiquendi)

解説

クウェンヤライクウェンディの訳語。オッシリアンドに住むようになったナンドールのうち、ベレリアンド最初の合戦で彼らの王デネソールが討ち死にした後もオッシリアンドに留まった者たちを指す。
彼らはデネソールの死を悼んで再び王を戴かず、戦いに撃って出ることもせずに、春と夏には木の葉と同じ緑の服を着て森の中に隠れ住んだため、緑のエルフと呼ばれるようになった。
よそ者が森に入っても彼らの姿を見つけることはできなかったが、彼らの歌声はゲリオン川の向こうからさえ聞かれたため、後にノルドールはオッシリアンドを「楽の音の国」の意であるリンドンと呼んだ。

緑のエルフたちは、後にベレリアンドに到来した人間のことを嫌い、人間が自分達の住まうオッシリアンドに留まることを許さなかった。最初に到来したベオルの族に対しては、彼らの庇護者であったフィンロドに使者を送ってエストラドへ立ち退かせ、二番目に到来したハラディンの族に対しては、彼らを悩ます仕打ちをもって冷遇し、サルゲリオンへと追い出した。だが三番目に到来したマラハの族(後のハドルの族)は好戦的な氏族であり、整然たる隊伍を組んでエレド・ルインを越えてきたため、緑のエルフたちも恐れて手出しは出来なかった。だがマラハの族は友好関係にあったベオルの族を頼ってエストラドに赴いたため、緑のエルフたちと諍いを起こすことはなかった。

オッシリアンドの緑のエルフたちのうち、最南部のアドゥラント川の流域に住まっていた者たちは、後にトル・ガレンベレンルーシエンが住まうようになると、二人に従うようになったようである。
ノグロドドワーフたちによって、メネグロスからシルマリルナウグラミーアが略奪された際には、ベレンは息子ディオルと共に緑のエルフたちを率いて出陣し、サルン・アスラドでドワーフの軍勢を破り、シルマリルとナウグラミーアを奪還した(サルン・アスラドの合戦?)。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ゼルダの伝説のリンクはこの仲間かなw -- 2013-02-08 (金) 20:17:26
    • 緑の服…(笑) -- 2015-09-03 (木) 22:28:23
  • 闇の時代でも明るくて前向きで、ちょっと抜けてて可愛い奴らだと思いますw -- 2013-02-10 (日) 19:30:53
    • 歌い手と言うからベオルの民には騒音で嫌がらせしたのかもね(笑)。 -- 2015-06-24 (水) 10:55:24
  • 唯一youtuberになっている姿を想像できるエルフ達 -- 2018-11-23 (金) 10:25:13
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-23 (金) 10:25:13 (23d)