第二紀

概要

カテゴリー年表
スペルThe Second Age
その他の呼び名暗黒時代

解説

中つ国の歴史で、モルゴスの滅亡から最後の同盟の戦い、サウロンの最初の敗北までの期間。3441年間。

冥王モルゴスの没落とベレリアンドの崩壊後、あくまでエルフヴァラールに忠実だったエダインには報償として大海に浮かぶ島ヌーメノールが与えられた。
一方、マンドスの呪いを解かれたノルドール族の中には、中つ国を去り難く思う者達も多く、リンドンには灰色港が、内陸にはエレギオンが築かれた。生き残ったシンダール族は、それよりもさらに内陸に逃れ、エゼルロンドローリナンド緑森大森林などに住み、シルヴァン・エルフらと交わるものが多かった。
また、中つ国奥地には、モルゴスの没落を逃れた邪悪な人間達や、モルゴスの圧政もヴァラールの召出も等しく拒んだ自由な人間達が暮らしていた。

モルゴスの副官サウロンもまた中つ国に潜伏していた。サウロンは素性を隠してエレギオン金銀細工師達に接近し、彼らが力の指輪を鍛えるように仕向けた。その一方でサウロンは中つ国の自由な人間達や邪悪な人間達を恐怖によって支配下に置き、モルドールに拠点を築いて火の山一つの指輪を鍛え上げた。
だがサウロンの正体と目論見に気付いたエルフ達は力の指輪を隠し、そのためサウロンとエルフとの間で指輪を巡る戦いが起こった。一つの指輪によって絶大な力を得たサウロンはエレギオンを滅ぼしたものの、ヌーメノールの挑戦を受けてモルドールに撤退し、代わりに中つ国の東方に勢力を伸ばした(暗黒時代)。

ヌーメノール人(ドゥネダイン)は当初は恩寵によって長寿と穏やかな心を持ち、エルフとの交流も活発だったが、モルゴスが人間の心に投げかけた影は大海を越えてヌーメノールにまで達し、ヌーメノール人は次第に死を恐怖するようになる。かれらは中つ国の沿岸に恩恵をもたらす訪問者から、巨大な砦を築き富を収奪する圧政者に転じ、その栄華はかつてないほど高まっていった。だがそれに反比例するように、かれらの死への恐怖はますます強まり、寿命も短くなっていった。
繁栄と堕落の絶頂を極めた黄金王アル=ファラゾーンは中つ国の覇権をめぐってサウロンに挑戦し、彼を戦わずして屈服させる。だが捕虜としてヌーメノールに入り込んだサウロンは、甘言によってヌーメノール人の間に影響力を行使するようになり、ついにはアマンへ攻め込んで不死を奪い取るよう王をそそのかした。
強大な軍勢を仕立てたアル=ファラゾーンはアマンまで到達したものの、ヴァラールの願いを容れたイルーヴァタールの介入によって世界は作り変えられて球形となり、アマンはそこから取りのけられ、人間では到達できない領域に移された。ヌーメノールとその軍勢は水中に没し、アル=ファラゾーンは岩に閉じ込められ世界が終わるまで眠り続けることになった。

あくまでヴァラールエルフへの敬愛を失わなかったヌーメノールの忠実なる者達は、没落を逃れて中つ国に漂着し、亡国の民の王国であるアルノールゴンドールの国を築いた。
一方でサウロンもまた没落を逃れてモルドールへ帰還し、一つの指輪の力によって勢力を再建した。サウロンは、ヌーメノールにおいて自分の意のままとならなかったエレンディルたちが生き残って中つ国に王国を作っていることを知ると怒り、ゴンドールへと攻め入った。
エルフの上級王ギル=ガラドと人間の上級王エレンディル最後の同盟を結び、サウロンと戦った。この戦いではエルフを除き、中つ国のほとんど全ての生き物が両陣営いずれの側にも見られたという。ドワーフはほとんどどちらの側にもつかなかったが、モリアのドワーフはサウロンを敵として戦った。
モルドールにおける長いバラド=ドゥーア包囲戦の末、ついにたまりかねて出てきたサウロンはエレンディル、ギル=ガラドと相打ちになって倒れ、エレンディルの長子イシルドゥアがその指から一つの指輪を切り取って我が物とすることで、サウロンの霊魂は逃亡した。

年表

第一紀から続く

※英語版では年表が改訂されており、削除された部分には取消線を、追加された部分には下線を敷いた。

事象
1灰色港リンドンの創建。
32エダインヌーメノールに至る。
40この頃多くのドワーフエレド・ルインの古い町々を去り、モリアに移住、ためにモリアの人口が増大する。
442エルロス タル=ミンヤトゥア死す。
500この頃、サウロン中つ国で再び活動し始める。
548
521
ヌーメノールシルマリエン生まれる。
600ヌーメノール国の船団初めて中つ国沖合に現われる。
750ノルドールによるエレギオンの創建。
1000この頃、サウロン、しだいに強大となりゆくヌーメノールの力に驚き、拠点とすべき地にモルドールを選んでバラド=ドゥーアを築城し始める。
1075タル=アンカリメヌーメノール最初の女王となる。
1200サウロンエルダールを誘惑しようと努める。ギル=ガラドは彼と交渉を持つことを拒むが、エレギオン金銀細工師たちは説き伏せられる。ヌーメノール人、常設の港を作り始める。
1500この頃、サウロンに教示を受けたエルフ金銀細工師たちの技がその絶頂に達する。彼らは力の指輪を鍛え始める。
1590この頃、エレギオン三つの指輪完成する。
1600この頃、サウロンオロドルイン一つの指輪を鍛える。サウロンバラド=ドゥーアを完成する。ケレブリンボールサウロンの下心に気づく。
1693エルフサウロンの戦い始まる。三つの指輪隠される。
1695サウロンの軍勢エリアドールに侵入する。ギル=ガラドエルロンドエレギオンに遣わす。
1697エレギオン戦禍に荒廃する。ケレブリンボール死す。モリアの門閉ざされる。エルロンドノルドールの残党を率いて退却し、イムラドリスの隠れ処を作る。
1699サウロンエリアドールを席捲する。
1700タル=ミナスティアヌーメノールからリンドンに大海軍を派遣する。サウロン敗退する。
1701サウロンエリアドールから駆逐される。西方諸国はこのあと長期にわたり平和を楽しむ。
1800この頃からヌーメノール人、沿岸各地に領土を持ち始める。サウロンその勢力を東に伸展させる。ヌーメノールに暗影落ちる。
2251タル=アタナミア王位につく。タル=アタナミア死す。タル=アンカリモン王位につく。*1ヌーメノールの反乱と分裂始まる。この頃、ナズグールすなわち九つの指輪の奴隷である指輪の幽鬼たち初めて出現し始める。
2280ウンバールヌーメノールの大要塞と化する。
2350ペラルギアの建設。この港がヌーメノール節士派*2の主要港となる。
2899アル=アドゥーナホール王位につく。
3175タル=パランティアの悔悛。ヌーメノールの内戦。
3255アル=ファラゾーン黄金王王位を奪う。
3261アル=ファラゾーン船を進め、ウンバールに上陸する。
3262サウロン捕虜としてヌーメノールに連れて来られる。3262から3310にかけ、サウロン、王を誘惑して、ヌーメノール人を堕落せしめる。
3310アル=ファラゾーン大軍事力を備え始める。
3319アル=ファラゾーンヴァリノールを攻撃する。ヌーメノールの崩壊。エレンディルとその息子たちは逃れる。
3320亡国者の王国アルノールゴンドールの創建。パランティーアの石分割される。サウロンモルドールに戻る。
3429サウロンゴンドールを攻撃し、ミナス・イシルを陥して、白の木を焼く。イシルドゥアアンドゥインを下って逃れ、北方のエレンディルの許に赴く。アナーリオンミナス・アノールオスギリアスを防衛する。
3430エルフ人間最後の同盟が結成される。
3431ギル=ガラドエレンディル、東のイムラドリスに兵を進める。
3434同盟軍霧ふり山脈を越える。ダゴルラドの戦いとサウロンの敗北。バラド=ドゥーアの包囲攻撃開始される。
3440アナーリオン討ち死にする。
3441エレンディルギル=ガラドサウロンを打ち倒す。彼らもまた落命する。イシルドゥア一つの指輪を奪う。サウロン消えうせ、指輪の幽鬼たちも暗闇に去る。第二紀終わる。

第三紀へ続く

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 第二紀は、エルフの時代から人間の時代への過渡期って感じだ。 -- 2011-12-29 (木) 23:43:01
  • ヌーメノールが水没してアルダが丸くなるほど世界が大幅に作り変えられたにも関わらず、第三紀に移行しなかったのが不思議。悪が打ち倒されないと次の紀にならないのか? -- 2013-06-25 (火) 11:29:19
    • ヌーメノールが沈んでも諸悪の根源であるサウロン自体は生き延びて脅威は続いており、表面的にとは言えサウロンが撃退され一つの指輪を奪ったという重大な事柄があったから…とは考えられますけどね。案外中つ国の人々にとっては、ヌーメノールが無くなっても大したことじゃなかったかも知れないw -- 2013-06-25 (火) 12:25:43
  • 「この戦いではエルフを除き、中つ国のほとんど全ての生き物が両陣営いずれかの側に立って」って、最後の同盟を組んだのに、なんでエルフを除き...なんでしょう? -- 2014-11-17 (月) 10:23:15
    • エルフは誰もサウロンの側に立たなかったってことでしょう。皆一人残らずサウロンに敵対したってわけですね。 -- 2014-11-17 (月) 12:36:45
      • あ、そういう文章だったんですね。「どの種族もどっちかの側に」って誤読しました。「両陣営に分かれて」という意味でしたか。 -- 2014-11-17 (月) 12:44:53
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 Death of Tar-Atanamir. Tar-Ancalimon takes the sceptre.
*2 新版 シルマリルの物語』では、節士派(Faithful)の訳は「忠実なる者

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-25 (日) 22:54:31 (1117d)