第三紀


概要

カテゴリー年表
スペルThe Third Age
その他の呼び名

解説

その頃にはまだ、此岸の地を、この世の子らの中で最も力あり、最も美しいノルドール族が歩いていた。人間の耳にもまだかれらの言葉が聞かれた。その頃、地上にはまだ多くの美しく驚嘆すべきものが残っていた。邪悪な恐ろしい者たちも数多く残っていた。オークトロル、そして残忍な獣たちがいた。そして森の中には、今は名も忘れられた年古り智慧ある不思議な生きものたちがいた。ドワーフたちは相変わらず営々として山中で働き、根気強い巧みな技を用い、今の世には誰一人及ぶ者もない金属細工や石の建造物を造り上げた。しかし、人間の支配は着々と進み、すべてのものが変化しようとしていた。*1

中つ国の歴史で、最後の同盟の戦いによるサウロンの最初の敗北から、指輪戦争によって力の指輪が去るまでの期間。3021年間。

隠された三つの指輪の力によって上古の記憶や力が辛うじて保たれていると共に、失われた一つの指輪の行方が捜索された時代。また、密かに復活し死人占い師として闇の森ドル・グルドゥアに潜んだサウロンと、彼に対抗するためイスタリエルフの賢者達によって結成された白の会議とが、水面下で攻防を繰り広げた時代でもある。
アルノールゴンドールローハン谷間の国など、人間の国々が興亡を繰り返す一方で、エルフドワーフは少しずつだが確実に衰退していった。また、ホビット族の名がはじめて歴史に登場した。

ゴンドールは、一時かつてのヌーメノールを思わせるほどその国力は増大し、ベルファラス沿岸から東はリューンの湖、南はウンバールにまで至る広大な版図を獲得した。だが、内乱や中つ国の人間達との混血、サウロンの配下らとの戦いによって次第にその国力は衰退していき、やがてモルドールの警備はなおざりにされ、ナズグールらの帰還を許すことになった。
アルノールもまた、内乱によってアルセダインカルドランルダウアの三国に分裂し、サウロンの命を受けた魔王によって建国されたアングマールとの戦いで、ついには全て滅ぼされてしまう。アルセダインのドゥーネダイン野伏となって荒野に暮らし、密かにエリアドールの人々を守ってサウロンの下僕と戦うことを使命とした。

一方、北方の自由の民は、ある者は早瀬川を遡り、またある者は闇の森を迂回してアンドゥインの谷間に暮らした。かれらはゴンドールの絶頂期にはその強力な同盟者であった。
エレボールドワーフの繁栄に引き付けられて早瀬川を遡った者達は、谷間の国エスガロスを築いてドワーフや森の王国エルフ達と交易を行った。だが谷間の国はエレボールがスマウグに襲撃された際、一緒に滅ぼされてしまう。
アンドゥインの谷間に暮らしていたエオセオドは、ケレブラントの野の戦いでゴンドールを救った報償として割譲されたカレナルゾンに移住し、ローハンを建国した。

ドワーフは、モリアで繁栄を謳歌していたが、ミスリルを求めて坑道を穿ちすぎたためにドゥリンの禍を呼び起こしてしまい、モリアは打ち捨てられた。ドゥリンの一族ははなれ山灰色山脈に移住したものの、いずれもの襲撃に遭い、故郷を失って放浪を余儀なくされた。

霧ふり山脈の地下ではオークがその数を殖やし、北方を荒らし、東夷ハラド人が度々ゴンドールを攻撃した。また、悪疫長い冬で多くの人命が失われるなど、サウロンの悪意が様々な形を取って自由の民を襲った。

第三紀の終わりに起こった五軍の合戦指輪戦争により、一つの指輪は破壊されてサウロンは完全に滅ぼされたが、それとともに三つの指輪の力も失われたため、もはや上古は過ぎ去り、中つ国は完全に人間の世界へと移り変わっていくこととなった。

年表

第二紀3441年から続く。すなわち第二紀3442年が第三紀1年である。

※英語版では年表が改訂されており、削除された部分には取消線を、追加された部分には下線を敷いた。

事象
2イシルドゥアミナス・アノール白の木の実生を移植する。彼は南方王国メネルディルに引き渡す。あやめ野の凶事。イシルドゥア、三人の上の息子たち*2と共に殺害される。
3オホタールナルシルの折れた剣をイムラドリスに持ち帰る。
10ヴァランディルアルノールの王となる。
109エルロンドケレボルンの娘ケレブリアンを娶る。*3
130エルロンドの息子エルラダンエルロヒア生まれる。
241アルウェン・ウンドーミエル生まれる。
420オストヘア王、ミナス・アノールを再建する。
490東夷の最初の侵入。
500ローメンダキル一世東夷を破る。
541ローメンダキル一世、討ち死にする。
830ファラストゥアゴンドール船艦王の始祖となる。
861エアレンドゥアの死とアルノールの分割。
933エアルニル一世ウンバールを奪い取る。ウンバールゴンドールの拠点となる。
936エアルニル一世、海上で行方不明となる。
1015キアヤンディル王、ウンバール包囲戦で討ち死にする。
1050ヒャルメンダキル一世ハラド人を征服する。ゴンドールの勢威絶頂に達する。この頃、緑森大森林を影が覆うようになって、人々、初めてこれを闇の森と呼ぶ。ハーフット族のエリアドール移住と共に、ペリアンナスの名が初めて記録中に現われる。
1100この頃賢人たち(即ちイスタリエルダールの長)、悪しき力がドル・グルドゥアに拠点を設けたことを発見する。これはナズグールの一人とみられる。
1149アタナタール・アルカリンの治世始まる。
1150この頃ファロハイド族、エリアドールに入る。ストゥア族、赤角山道を越え、三角地或いは褐色人の国に移動する。
1300この頃、悪しき者たち再びその数を増し始める。霧ふり山脈オークの数が増え、ドワーフを攻撃する。ナズグール再び現われる。その首領、北方のアングマールに来る。ペリアンナスは西に移住する。ブリー村に定住する者が多い。
1356アルゲレブ一世ルダウアとの合戦に討ち死にする。この頃、ストゥア族、三角地を去る。その一部は荒れ地の国に戻る。
1409アングマール魔王アルノールを侵略する。アルヴェレグ一世討ち死にする。フォルンオスト及びティルン・ゴルサドは防ぎきる。アモン・スールの塔が毀たれる。
1432ゴンドールヴァラカール王死ぬ。同族間の争いの内戦始まる。
1437オスギリアスの炎上。パランティーア失われる。エルダカールロヴァニオンに逃れる。エルダカールの息子オルネンディル殺害される。
1447エルダカール復位する。簒奪者カスタミア追放される。エルイの渡しの合戦。ペラルギア包囲。
1448叛徒は逃れ、ウンバールを占拠する。
1540アルダミア王、ハラド人並びにウンバール海賊と戦って討ち死にする。
1551ヒャルメンダキル二世ハラド国人を撃退する。
1601ブリー村から移住した多数のペリアンナスアルゲレブ二世によりバランドゥイン川より先の地を与えられる。
1630この頃、褐色人の国から北上したストゥア族、これに加わる。
1634海賊ペラルギアを荒らして、ミナルディル王を殺害する。
1636悪疫ゴンドールに猛威を振るう。テレムナール王とその子供たち死ぬ。ミナス・アノール白の木枯死する。悪疫北西部に広がる。エリアドールには無人の地と化した所が多い。バランドゥイン川彼岸の地にペリアンナスは生き残ったが、死者多数を出した。
1640タロンドール王、王宮をミナス・アノールに移し、白の木の実生を移植する。オスギリアス、次第に廃墟と化す。モルドール、警備手薄なまま放置される。
1810テルメフタール・ウンバールダキル王、ウンバールを奪回し、海賊を駆逐する。
1851馬車族ゴンドールを襲撃し始める。
1856ゴンドール、東の領土を失う。ナルマキル二世討ち死にする。
1899カリメフタール王、ダゴルラド馬車族を破る。
1900カリメフタールミナス・アノール白の塔を築く。
1940ゴンドールアルノールは連携を新たにし、同盟を結成する。アルヴェドゥイゴンドールオンドヘアの娘フィーリエルを娶る。
1944オンドヘア討ち死にする。エアルニル、南イシリアンに敵を破る。次いで野営地の合戦に勝利をおさめ、馬車族死者の沼地に追い込む。アルヴェドゥイゴンドールの王位を要求する。
1945エアルニル二世、戴冠する。
1974北方王国終わる。魔王アルセダインを席捲し、フォルンオストを陥す。
1975アルヴェドゥイフォロヘル湾に溺死する。アンヌーミナス及びアモン・スールパランティーア失われる。エアルヌアリンドンに艦隊を伴って来る。魔王フォルンオストの合戦に破れ、エテン高地に追いつめられる。魔王、北方から姿を消す。
1976アラナルスドゥーネダイン族長の称号を受ける。アルノール王家伝来の宝器*4エルロンドに預けられる。
1977フルムガールエオセオドを引き連れ、北方に移住する。
1979沢地のブッカホビット庄初代のセインとなる。
1980魔王モルドールに来りて、この地にナズグールを召集する。バルログモリアに現われ、ドゥリン六世を殺害する。
1981ナイン一世殺害される。ドワーフモリアから逃げる。ローリエンシルヴァン・エルフの多くが南に逃れる。アムロスニムロデル行方知れずとなる。
1999スライン一世エレボールに来て、「山の下」のドワーフ王国を創建する。
2000ナズグールモルドールから出撃して、ミナス・イシルを包囲攻撃する。
2002ミナス・イシルの陥落。ミナス・イシルは後にミナス・モルグルとして知られる。パランティーアが奪われる。
2043エアルヌアゴンドールの王となる。エアルヌア魔王に挑戦される。
2050再度挑戦される。エアルヌアミナス・モルグルに馬を進め、行方不明となる。マルディル、最初の統治する執政となる。
2060ドル・グルドゥアの力強まる。賢人会議*5サウロンが再び形をとり来ったのではないかと恐れる。
2063ガンダルフドル・グルドゥアに赴く。サウロン退いて東に隠れる。警戒的平和始まる。ナズグールミナス・モルグルに屏息する。
2210トーリン一世エレボールを去り、北の灰色山脈に行く。ドゥリン一族の生存者の大部分は次第にこの地に集まる。
2340アイスムブラス一世、第十三代セインとなる。トゥック家出身の最初のセインである。オールドバック一族バック郷に居住する。
2460警戒的平和終わる。サウロン、力を増して、ドル・グルドゥアに戻る。
2463白の会議結成される。この頃、ストゥア族のデアゴル一つの指輪を見いだし、スメアゴルに殺害される。
2470この頃スメアゴルゴクリ霧ふり山脈に隠れる。
2475ゴンドール再度攻撃される*6オスギリアス遂に廃墟と化し、石橋は破壊される。
2480この頃、オークたち、霧ふり山中に密かに拠点を作り始め、エリアドールへの全ての通行を妨げようとする。サウロン、その手先たちをモリアに住まわせ始める。
2509ケレブリアンロリエンに旅する途次、赤角山道で迎撃を受け、毒の傷を負う。
2510ケレブリアンを渡って去る。オーク東夷たち、カレナルゾンを席捲する。青年王エオルケレブラントの野に勝利を収める*7ロヒアリムカレナルゾンに定住する。
2545エオル高地(ウォルド)で討ち死にする。
2569エオルの息子ブレゴ黄金館を完成する。
2570ブレゴの息子バルドール禁断の入口をくぐり、行方知れずとなる。この頃、遙か北に再びたち姿を現わして、ドワーフを悩まし始める。
2589ダイン一世に殺害される。
2590スロールエレボールに戻る。弟グロールくろがね連山に行く。
2670この頃、トボルト南四が一の庄に「パイプ草」を栽培する。
2683アイゼングリム二世、第十代セイン*8となり、大スミアルを掘り始める。
2698エクセリオン一世ミナス・ティリス白の塔を再建する。
2740オークまたもエリアドールに侵入する。
2747バンドブラス・トゥック北四が一の庄オークの一隊を敗退せしめる。*9
2758ローハン、東西より攻撃を受け、国土を蹂躙される。ゴンドール海賊船団に襲われる。ローハンヘルム王、ヘルム峡谷に難をさける。ウルフエドラスを奪い取る。このあと2758-9、長き冬訪れる。エリアドールローハンにおける被害は甚大で、多数の生命が失われる。ガンダルフホビット庄民を援助すべく来庄。
2759ヘルム死ぬ。フレアラフウルフを駆逐し、マーク第二王統を創建する。サルマンアイゼンガルドに居を定める。
2770悪竜スマウグエレボールに飛来する。谷間の町破壊される。スロールスライン二世及びトーリン二世と共に逃る。
2790スロールモリアオークに殺害される。ドワーフ族、復讐の戦いを目指して集結する。後にトゥック翁として知られるゲロンティウス生まれる。
2793ドワーフとオークの戦い始まる。
2799モリア東門前、ナンドゥヒリオンの合戦。鉄の足ダイン二世くろがね連山に戻る。スライン二世とその息子トーリン、西に足を向け放浪する。二人はホビット庄よりさらに西のエレド・ルインの南に落ち着く(2802)。
2800これより64年にかけ、北方からのオークローハンを騒がす。ワルダ王、彼らに殺害される(2861)。
2841スライン二世エレボール再訪のために出発したが、サウロンの召使に追跡さる。
2845ドワーフスラインドル・グルドゥアに幽閉される。七つの指輪の最後の一つが彼から取り上げられる。
2850ガンダルフ再びドル・グルドゥアに入り、ドル・グルドゥアの主が間違いなくサウロンであること、彼が全ての指輪を集めていて、一つの指輪及びイシルドゥアの世継に関する情報を求めていることを発見する。彼はスラインを見いだし、エレボールの鍵を受け取る。スラインドル・グルドゥアで死ぬ。
2851白の会議催される。ガンダルフドル・グルドゥアの襲撃を勧告する。サルマンがこれを却下する。サルマンあやめ野近辺の捜索を始める。
2852
2872
ゴンドールベレクソール二世死ぬ。白の木枯死する。苗木は見いだされない。枯れた木はそのまま植えておかれる。
2885サウロンの密使に扇動されたハラドリムポロス川を渡り、ゴンドールを襲撃する。ローハンフォルクウィネの息子たち*10ゴンドールを助けて討ち死にする。
2890ホビット庄ビルボ生まれる。
2901イシリアンに残った住民大多数は、モルドールウルクの襲撃を受けたため、イシリアンを捨てて去る。ヘンネス・アンヌーンの秘密の隠れ処が作られる。
2907アラゴルン二世の母、ギルライン生まれる。
2911酷寒の冬バランドゥインその他のいくつかの川が凍結する。白狼、北方からエリアドールに侵入する。
2912大洪水、エネドワイスミンヒリアスを荒廃せしむ。サルバド、廃墟と化して、無人の地となる。
2920トゥック翁死ぬ。
2929ドゥーネダインアラドールの息子アラソルンギルラインを娶る。
2930アラドールトロルに殺害される。ミナス・ティリスエクセリオン二世の息子、デネソール二世生まれる。
29313月1日、アラソルン二世の息子アラゴルン生まれる。
2933アラソルン二世殺害される。ギルラインイムラドリスアラゴルンを連れて行く。エルロンド、養い子として彼を受け入れ、エステル(望み)の名を与える。その家系は秘密とされる。
2939サルマンあやめ野に近いアンドゥインサウロンの召使が捜索していること、それゆえサウロンが早くもイシルドゥアの最期を聞き知っていることを知って驚愕するが、会議には何一つ報告しない。
2941トーリン・オーケンシールドガンダルフホビット庄ビルボを訪問する。ビルボスメアゴル=ゴクリに会い、指輪を見つける。白の会議催される。サルマンサウロン大河を捜索するのを妨げようとし、ドル・グルドゥアの攻撃に同意する。すでに計略を立てたサウロンは、ドル・グルドゥアを放棄する。谷間の国にて五軍の合戦行われる。トーリン二世死ぬ。エスガロスバルドスマウグを仕止む。くろがね連山ダイン山の下の王となる(ダイン二世)。
2942ビルボ指輪を持ってホビット庄に帰る。サウロン密かにモルドールに帰還する。
2944バルド谷間の国を再建して王となる。ゴクリを去って、指輪の「泥棒」を探し始める。
2948ローハン王、センゲルの息子セオデン生まれる。
2949ガンダルフバーリンホビット庄ビルボを訪問する。
2950ドル・アムロスアドラヒルの娘、フィンドゥイラス生まれる。
2951サウロン、公然と名乗りをあげ、モルドールに兵力を集結する。またバラド=ドゥーアの再建を始める。ゴクリモルドールに向かう。サウロンドル・グルドゥアを再び占拠すべく、ナズグールの三人を遣わす。エルロンド、「エステル」に真の名と家系を明かし、折れたナルシルを引き渡す。ローリエンから戻ったばかりのアルウェンイムラドリスの林中でアラゴルンに出会う。アラゴルン荒野に出て行く。
2953白の会議、最後の会合を持つ。一同、指輪*11のことを検討する。サルマンは、ことを捏造して、一つの指輪アンドゥインより大海に流れ下って失せたという。サルマンアイゼンガルドに引きこもり、これを己がものとし防備を強化する。ガンダルフを嫉み恐れたサルマンは、間者を用いて彼の動静を逐一見張らしめる。又ガンダルフホビット庄に抱く関心に気付く。やがて彼は、ブリー村南四が一の庄に手先を置き始める。
2954滅びの山再び噴火する。イシリアンに留まった最後の住民、アンドゥインを渡って逃れる。
2956アラゴルンガンダルフに出会う。両者の親交始まる。
2957これより80年にかけ、アラゴルン、長途の諸国遍歴の旅に出る。ソロンギルの仮名のもとに、ローハンセンゲルゴンドールエクセリオン二世に仕える。
2968フロド生まれる。
2976デネソールドル・アムロスフィンドゥイラスを娶る。
2977バルドの息子バイン谷間の国の王となる。
2978デネソール二世の息子ボロミア生まれる。
2980アラゴルンローリエンに入り、アルウェン・ウンドーミエルに再会する。アラゴルンアルウェンバラヒアの指輪を与え、両人はケリン・アムロスの丘上に婚約する。この頃、ゴクリモルドールの境界に辿り着いて、シェロブと知り合う。セオデンローハン王となる。サムワイズ生まれる。
2983デネソールの息子ファラミア生まれる。サムワイズ生まれる。
2984エクセリオン二世死ぬ。デネソール二世ゴンドール執政となる。
2988フィンドゥイラス、早世する。
2989バーリンエレボールを去り、モリアに入る。
2991エオムンドの息子エオメルローハンに生まれる。
2994バーリン死ぬ。モリアドワーフ移住地滅びる。
2995エオメルの妹エオウィン生まれる。
3000この頃、モルドールの影伸びる。サルマンオルサンクパランティーアを敢えて使用して、イシルの石を持つサウロンの陥穽にはまる。サルマン白の会議を裏切る者となる。サルマンの間者、ホビット庄野伏たちが厳重に守っていることを報告する。
3001ビルボの別れの宴が催される。ガンダルフビルボの指輪が一つの指輪ではないかと疑う。ホビット庄の守り倍加される。ガンダルフゴクリの消息を求め、アラゴルンの助けを請う。
3002ビルボエルロンドの客人となって、裂け谷に落ち着く。
3004ガンダルフホビット庄フロドをおとない、続く4年間を折ふし彼を訪問する。
3007バインの息子ブランド谷間の国の王となる。ギルライン死ぬ。
3008この秋、ガンダルフフロド最後におとなう*12このあと10年近く訪問がとだえる。
3009ガンダルフアラゴルン、続く8年間にしばしば繰り返しゴクリを捜索する。アンドゥインの谷間闇の森モルドールの境界に至るまでのロヴァニオンを捜し求める。この期間のある時、ゴクリ自身は大胆にもモルドールに潜入して、サウロンに捕らえられる。エルロンドアルウェンに迎えの者をやる。アルウェンイムラドリスに戻る。霧ふり山脈及び東の土地は全て危険となる。
3017ゴクリモルドールより釈放される。ゴクリ、死者の沼地アラゴルンに捕えられて、闇の森スランドゥイルの許に連れ来られる。ガンダルフミナス・ティリスを訪ね、イシルドゥアの自筆の記録を読む。
3018大いなる年
3019大いなる年
3020大いなる豊饒の年ホビット庄暦1420)
3021第三紀最後の年ホビット庄暦1421)

第四紀1年へ続く

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シルマリルの物語』「力の指輪と第三紀のこと」
*2 エレンドゥアアラタンキアヨン
*3 Elrond weds Celebrían, daughter of Celeborn.
*4 バラヒアの指輪折れたナルシルエレンディルミアアンヌーミナスの王笏の四つ
*5 原文はThe Wiseで、1100年の項の「賢人たち」のこと
*6 この時、モルドールから初めてウルクが現れた
*7 ケレブラントの野の戦い
*8 トゥック家出身のセインとして10代目。歴代セインとしては22代目
*9 緑野の合戦
*10 フォルクレドファストレドの双子の兄弟のこと
*11 原文は複数形のthe Rings
*12 In the autumn Gandalf pays his last visit of Frodo.

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-26 (月) 01:31:32 (1116d)