(しろ)()

概要

カテゴリー植物
スペルWhite Tree
その他の呼び名銀の木(Silver Tree)

解説

ゴンドールを象徴する木。

ゴンドール王の紋章には、王冠七つの星と並び、花をつけた白の木が中心に描かれている。

「王の宮廷には、一本の白の木が生えていた。イシルドゥアが大海原のかなたより持ち来たったかの木の種から育ったものである。この木の種はその前にはエレスセアから来たのである。さらにその前はといえば、もともとは、この世界の太初の時代に先だって、さいはての西方世界より、もたらされたものである。」*1

「白の木」はテルペリオンガラシリオンケレボルンニムロスの呼び名としても使われるが、本項目ではそれらの木々の末裔であるゴンドールの白の木について述べる。

歴史

始源の木テルペリオンを模して作られたガラシリオンエルダマールに広がり、そこからトル・エレッセアに運ばれてケレボルンと呼ばれるようになった。第二紀アヴァルローネから航海してきた上のエルフは、その実生の一つをヌーメノールに持ち込み、アルメネロスの王宮に植えられてニムロスと呼ばれるようになる。
ヌーメノールのニムロスは、タル=パランティアによって王家の運命と結びついていると予言されたが、サウロンに誑されたアル=ファラゾーンによって伐り倒される。だがその前にイシルドゥアが危険を冒してその実を救い出し、芽吹いた実生をヌーメノールの没落から逃れて中つ国に持ち来たった。これがゴンドールの白の木である。

初代の木
ニムロスの実生である白の木はイシルドゥアの居城であるミナス・イシルに植えられた。第二紀3429年にミナス・イシルがサウロンの攻撃で陥落した際、この白の木は焼かれたが、イシルドゥアはその実生を携えて脱出した。
二代目の木
第三紀2年、イシルドゥアは最後の同盟の戦いで落命した弟アナーリオンを偲び、実生を弟の居城ミナス・アノールの城塞に植えた。
1636年、悪疫の流行によってテレムナール王が病死すると、この白の木も枯死した。
三代目の木
1640年にタロンドール王は保たれていた実生をミナス・アノール(後のミナス・ティリス)の城塞に植えた。
2872年に当時の執政ベレクソール二世が死ぬと、白の木は再び枯死する。既に王統は絶えており、新たな実生の若木が見つからなかったため、枯れた木は「王還ります時まで」そのまま噴水の庭に残された。下記の若木が見つかった後、この枯木はラス・ディネンに移されて憩わされた。
四代目の木
白の木はめったに実が熟さないが、もし熟した場合であってもそこから芽が出るまでには長い時間がかかり、何人もその時を予測することはできなかった。このため熟した実は必ず地中に埋められた。そうして忘れ去られていた実の一つが、ミンドルルイン山の高所にある古の聖所に隠されていた。
3019年6月25日、帰還を果たしたエレスサール王(アラゴルン)ガンダルフに導かれて聖所を訪れ、この忘れられた実から生じた若木を発見した。

かれはその荒れ地によじ登り、雪の終わるちょうどその際から、高さ三フィートにも満たぬ若木が生え出ているのを見ました。長くて形のよい若葉が、葉の表は色濃く、葉裏は銀に、すでに萌え出ていて、ほっそりした頂には、小さな花房が一つついており、その白い花弁は陽に照る雪のように輝いていました。*2

若木は王の手によって噴水の庭に移植され、花を咲かせた。

由来の異伝

指輪物語 王の帰還』において、ガンダルフは白の木の系譜を以下のように述べている。

「まことにこれは美しきニムロスの子孫の若木じゃ。そしてニムロスはガラシリオンの実生の木じゃった。そのガラシリオンも、あまたの名を持つテルペリオン、木々の中の始源なるものの実生なのじゃ。」

しかし刊行された『シルマリルの物語』では、テルペリオンの子孫は(その最後の花であるを除き)存在しないと述べられており、ガラシリオンはあくまでテルペリオンを模して作られた別の木である。
「ガラシリオンはテルペリオンの実生」というガンダルフの発言はこれと矛盾している。

画像

アラン・リー作画による白の木

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

アラゴルンが若木を発見するくだりはない。ただ、負傷したファラミアデネソール二世の命によって運ばれるとき、枯れた木に一輪の花が咲いているカットがある。その後戴冠式では、白の木は満開の花を咲かせていた。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』における白の木『ロード・オブ・ザ・リング』における白の木『ロード・オブ・ザ・リング』における、戴冠式で花を咲かせている白の木(画面奥)

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における枯れた白の木『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、エレスサール王が白の木の若木を発見する場面『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、噴水の庭に移植された白の木の若木(左奥に引き抜かれた枯れ木)

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 苗木のもとになる実は、いつ頃誰が埋めていたんでしょうね。少なくとも執権時代よりは前なんでしょうが・・・ -- A3
    • 形式的な考えなら、直系の絶えたオンドヘアの時代か、王家が耐えたエアルヌアの時代か -- 2010-12-07 (火) 03:05:54
  • 映画「王の帰還」でも枯れていた。が、戴冠式の時には花を咲かすまでに大復活していました(笑) -- A3
  • アルノールの象徴って何ですか?白の木はなかったですよね。エレンディルミアか? -- 2008-09-04 (木) 18:34:19
    • バラヒアの指輪では? -- 2008-12-20 (土) 11:48:28
      • うーん。国民の多くが見られない象徴だなあ。 -- 2008-12-20 (土) 14:34:54
      • だからすぐ分裂したのか -- 2008-12-20 (土) 16:11:12
    • アンヌーミナスの王笏では? -- 2008-12-20 (土) 17:41:51
      • 王笏はゴンドールで言う王冠に当たるので、白の木に当たるのは指輪で良いのでは? -- 2008-12-21 (日) 17:27:48
  • 映画の白の木は幹が太くてしっかりしていたよね -- 2013-07-19 (金) 23:27:57
  • 映画のパンフレットにこの木が二本の木の直接の子孫のように書かれていましたが、間違いなのですね。 -- 2015-02-13 (金) 22:09:43
    • 実は指輪物語の本編中にガンダルフの「ニムロスはガラシリオンの実生の木じゃった。そのガラシリオンも、あまたの名を持つテルペリオン、木々の中の始原なるものの実生なのじゃ」というセリフがあります。後年、教授の構想が変化したのだと思われますね。 -- 2015-03-25 (水) 03:09:29
      • テルペリオンは雄木なので、実は生らないはずだからガンダルフのこの発言は矛盾しますよね。いつ雄木という設定になったかは存じませんが、その時期によっては教授の失念の可能性もありますね。 -- 2018-10-29 (月) 18:03:15
    • イチョウの木が元ネタっぽ -- 2018-02-02 (金) 23:45:58
  • 白の木の描写は映画の方が好きだったな。希望の象徴のように一輪だけ咲き、王の帰還で満開になるという。 -- 2015-07-24 (金) 09:56:48
    • でも一輪だけ咲いている場面が見えるのが、ファラミアが瀕死の時というのがひっかかりました。もうちょっと希望を予感させる場面で出せば良かったのに、と -- 2015-07-24 (金) 10:59:57
      • あの一輪の花そのものが僅かな希望を象徴していたのだと思います。 -- 2015-07-24 (金) 15:36:44
      • っていうか、早すぎw デネソールが見たら更に錯乱しそうですが、もう死ぬつもりだからいいのかなw -- 2015-07-24 (金) 20:02:54
      • 夜明け前が一番暗いという事の暗示で希望があることを示しているのでしょうが、見方次第ではもう執政家イラネ、の暗喩にもなりかねないのがなんとも・・・実際デネソールは後者に解釈しかねません。あ、私は映画のあの映し方も原作での発見場面も好きですよ。 -- 2015-07-24 (金) 23:10:48
  • ヴァリノールならいざ知らず、中つ国では、一応、世代交代はしているけど繁殖して個体数までは増えてないね。 やはり、繁栄するには聖なるヴァラのパワーが必要なのだろうか? -- 2017-02-02 (木) 12:08:03
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 旅の仲間』「エルロンドの会議エルロンドの言葉。
*2 指輪物語 王の帰還』「執政と王」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-29 (月) 18:03:15 (44d)