療病院(りょうびょういん)

概要

カテゴリー地名
スペルHouses of Healing

解説

ミナス・ティリスの第六環状区にある医療施設。
指輪戦争時にここで働く人物として、ヨーレス院長本草家が登場する。またベアギルも使い走りをしていた。

療病院というのは重い病気の人たちを看取るために隔離して建てられている一群の立派な建物なのですが、今は戦いで傷ついた者や死にかけている者を看護するために備えられていました。これらの建物は第六環状区の中の南側の城壁の近くにあり、城塞の門からほど遠からぬところに建てられていました。そして建物の周囲には庭園と樹木の植わった緑の芝生がありました。こういう場所は都の中ではここしかありませんでした。*1

この後代の世にはあらゆる伝承の学が古の豊かさからみれば衰えてしまっていたとはいえ、ゴンドールの医術は今もよく活用されて、傷や痛みや大海の東で限りある命人間がかかりやすいありとあらゆる病の治療に長じていました。*2

ペレンノール野の合戦のあと、負傷と黒の息に冒されていたファラミアエオウィンメリアドク・ブランディバックがここに運び込まれ、アラゴルン二世アセラスによる治療を受けた。
そこから「『癒やしの手』をもつ王が現れた」との噂が広まったため、アラゴルンはエルロンドの息子達と共に都をめぐり、負傷者を治療して回った。この時アラゴルンが緑の石を身に着けていたことから、彼はエルフの石の殿の名でミナス・ティリスの人々に呼ばれるようになり、王が再来したという噂が一気に広がることになった。

療養中だったファラミアエオウィンが出会い、心を通わせるようになった場所でもある。
その後エオウィンは療病院が「いちばん喜ばしい場所」になったとして、エオメル達が黒門の戦いから戻ってくるまでここに留まった。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

第六環状区ではなく第五環状区にある(第六環状区には建物が無く、実質最上層部に登るための通路となっている)。
わずかだが『エクステンデッド・エディション』に、ここでエオウィンアラゴルンの治療を受ける場面、ファラミアと出会う場面が登場している。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における療病院外観 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における療病院内 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における療病院内 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における療病院の個室病室外観

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ゴンドール執政の息子とローハンの姫君が出会い愛を育んだ場所。……って書くと事実だけど何だか照れますね(苦笑)後に縁結びのパワースポットとして語り継がれたりしてwww -- 2014-06-25 (水) 00:12:58
    • 指輪戦争後、ミナス・ティリスの癒やしの場所として後々まで知られる、くらいで良い。 -- 2014-09-25 (木) 21:25:36
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 王の帰還』「デネソールの火葬」
*2 指輪物語 王の帰還』「療病院」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-04 (木) 03:28:31 (347d)