(みずうみ)(まち)統領(とうりょう)

概要

カテゴリー人名
スペルMaster of Lake-town
Master of the Lake-men
異訳湖の町長
種族人間湖の人
性別
生没年第三紀

解説

湖の町エスガロスで選出される町の首長。ここでは第三紀2941年の五軍の合戦(『ホビットの冒険』)当時に統領であった人物について述べる。

本名は不明。計算高く商才に長けていたために統領となった男。トーリン二世その仲間達が湖の町にやってきた時は、内心では彼らの素性と目的を信じず詐欺師だと考えていたが、町の人々ドワーフの帰還で湖の町にも繁栄が取り戻されると信じて熱狂したため、これに迎合してトーリン達を歓迎してみせた。
トーリン達がはなれ山に旅立ち、その後襲来したスマウグによって町が破壊されると、統領は真っ先に逃げ出したために町の人々から批判され、代わってバルドへの求心が高まる。するとスマウグの襲撃を招いたのはトーリン達であると主張して人々の不満の矛先をそらし、自らの地位を守る。バルドとエルフ王(スランドゥイル)は財宝を得るために軍勢を率いてはなれ山へ向かう一方、統領は町の再建にとりかかった人々と共にたての湖の湖岸に留まった。

五軍の合戦後、統領はバルドから湖の町への支援金としてはなれ山の黄金を贈られたが、「の黄金病」に取り憑かれてその大部分を持ち逃げした挙句、仲間に見捨てられて荒野でのたれ死にしたという。
その後ずっと賢く、人気がある人物が新たな統領となった。

映画『ホビット』における設定

商才に長けているだけではなく、アルフリドブラガら部下を使ってエスガロスの住民を監視し独裁的な統治を行う、政治的にも狡猾な人物。自分の財産に執着していたほか、町に自分の像を建てるなど自己顕示欲も強い。
バルドのことを自分の地位を脅かしかねない存在として警戒する。そのためもあり、バルドが危険だとして反対するトーリン一行エレボールへの遠征を歓迎した。一方で、アルフリドに適当な法を作らせてバルドを投獄する*1

『決戦のゆくえ』でスマウグが襲撃してきた時には、ブラガやアルフリドに自分の財宝を船に乗せるよう指示し、町の住民、さらにはアルフリドまで見捨てて船で逃亡を図った。だがその船が、黒い矢を受けて落下してきたスマウグの死骸の下敷きになり行方不明となったため、そのまま死んだものと思われる。「今頃はアンドゥインまで逃げて……」と言ったヒルダをはじめ、町の住民の多くは自分達を見捨てて逃亡したと考えていたようだが、それ以上に具体的な消息や生死について気に留める者はいなかった。

画像

『ホビット』における湖の町の統領

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 統領=バルド? -- 2012-02-04 (土) 20:48:31
    • 違いますよ。バルドは谷間の国ですから。 -- 2012-02-04 (土) 20:56:37
      • 今となっては納得できたけど、初読の頃は「新しい統領=バルド」だと勘違いしてた。バーリンが言う 「人気がある、繁栄に貢献、賢い」に当てはまるのはバルドしかいないもん。勘違いしても仕方ないよね。結局、バルドじゃなくて知らない人が統領になったんだけど…ホントはあんまり納得してない(笑 -- 2012-04-29 (日) 09:40:00
      • 他国(谷間の国)の王を統領とすることはできませんから仕方が無い。 -- 2012-12-09 (日) 18:49:17
  • 必要悪が悪たり得るのかは問題だと思う。教授は、この人物を悪人と断定しているのか?むしろ聖書におけるサイロスと同型なのではないか。もし逃亡の小舟の中に、妻や子供がいたらどうであろうか。彼は、都市復興を描いた。灰燼みまわれた民に、食糧を宛がうことを企画し、財源のメドを取ろうとしていたではないか。エスガロスは、教授の描写からすれば、強国ではない。外交と通商で生き残った要因には、この人物の尽力は欠かせないであろう。私は財政が転落する程の黄金を、統領が持ち出したとは思わないが、堕落したのは確認できる。しかし思うに、サルマン同様自らの良心と、私的欲求の区別を失ったという点にあるのではないか。 いずれにせよ人倫で、指導者を説くのは困難だ。 -- 2012-07-25 (水) 19:09:23
  • 映画ではきっと、スマウグ襲来時に自分の財産を持ちだして逃げようとした時にスマウグと鉢合わせ、竜が大きく口を開け「ギャーッ」という叫び声で終わる、という結末を予想。 -- 2013-05-08 (水) 12:15:55
    • では自分は、五軍の戦の後諸将が悲しみに沈んでる中で一人だけ財宝の山に囲まれてウハウハしていると予想 -- 2013-05-09 (木) 19:43:36
  • 映画版だけ見れば、ただ財貨が欲しいだけなら町の一豪商止まりの方が良かっただろうと思います。市民の不満を負う筋合いがないと思うのならなおさら。 -- 2014-05-10 (土) 14:21:43
  • おとぎ話『ホビット』の世界ではゴミみたいな小悪党だが、中つ国の歴史に組み込まれると、評価は一筋縄ではいかなくなる。 -- 2014-05-10 (土) 20:14:11
    • でも復興資金をポッケナイナイしてとんずらこいたのはまずかったな。 -- 2017-01-03 (火) 03:17:05
  • 大衆の心理をうまく利用して自分の地位を守る、リアルな統治者として描かれてたなぁ -- 2014-07-31 (木) 13:09:11
    • でもトーリンと話してるときとかは、不思議とそんな悪い奴に見えなかったのよ。上手く例えれないけど、ただの小悪党とは違うなにかを感じさせる。 -- 2014-08-01 (金) 00:49:57
      • 詐欺師は自分から正体を晒さないものだし、自らを守る術くらいはもっているでしょう。狡猾な詐欺師、しかし根は小悪党という感じ。 -- 2014-08-01 (金) 06:16:24
    • 原作の彼は別に悪人であったわけではなく、根っからの商売人に過ぎなかった、というだけですからねえ。非業の最期はもちろん生来の気質に依るところも大きいとはいえ、龍の黄金病のせいでもありますし。どちらかというと憐れな最期です。 -- 2014-08-01 (金) 06:56:42
  • こいつ、ゴンドールみたいな強国相手なら媚び諂うんでしょうか? -- 2014-12-12 (金) 18:01:31
    • 生き残るためなら当然、そうするでしょう。 -- 2018-02-23 (金) 09:51:12
  • 落下してきたスマウグの死体に押しつぶされてたが、映画じゃあそこで死んじまったのか? -- 2014-12-13 (土) 12:20:28
    • 映画版みたいにつぶされるか、原作で復興資金を横領して野垂れ死にするか、どっちにしろ碌な死に方してないね。 -- 2014-12-22 (月) 09:32:41
    • 竜につぶされたあと出てきませんでしたね。岸辺てみんなが「統領は死んだのか?」「竜につぶされるのをみたぞ」といってる中、「統領はここにいるぞ!竜を倒したあと水に飛び込んだのだ!」とかいうのを期待したのに -- 2014-12-28 (日) 16:41:56
      • あの浦辺粂子っぽいおばさんが今頃アンドゥイン川あたりだろうさーと言ってたように記憶しています。なんで早瀬川でなくてアンドゥイン川なの?と不思議でしたが、それくらい遠くまで行っちゃったんだろさという意味なのかな?と思ってました。 -- 2014-12-29 (月) 00:00:18
      • 単純に名詞を増やして観客の脳をオーバーヒートさせたくなかったんでしょう -- 2015-04-23 (木) 08:53:41
    • PJ、意外と容赦ないな -- 2015-04-22 (水) 23:22:32
  • 余談だが演じてるスティーブン・フライは自身の主演作「オスカー・ワイルド」で無名時代のオーランド・ブルームと共演している。馬車を探すオスカー(スティーブン)に声をかけた男娼がオーランド。 -- 2014-12-31 (水) 16:21:37
    • 不思議な縁ですねえ。直接共演はしてないけど -- 2015-02-09 (月) 22:19:43
  • 設定資料の中には鎧姿の頭領もある。生き残らせる案もあったらしい -- 2015-12-04 (金) 13:20:11
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 エクステンデッド・エディションで、アルフリドに法を作らせる場面が追加されている。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-23 (金) 09:51:12 (299d)