(みず)辺村(べむら)合戦(かっせん)

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルBattle of Bywater
異訳水の辺村の戦い
その他の呼び名ホビット庄の掃蕩(Scouring of the Shire)

解説

第三紀3019年11月3日に行われた、指輪戦争最後の戦い。緑野の合戦以後にホビット庄で戦われた唯一の合戦でもある。

サルマンの手下である人間ごろつきが支配するようになっていたホビット庄に、後に旅人たちと呼ばれるフロド・バギンズサムワイズ・ギャムジーペレグリン・トゥックメリアドク・ブランディバックが帰国、彼らはホビットを蜂起させ、水の辺村においてごろつきの一団と衝突の末これを撃退した。

戦況

開戦にいたるまで

第三紀2851年の白の会議ガンダルフからホビットパイプ草のことを聞かされたサルマンは、ガンダルフがこの種族を大いに気にかけていることを訝しみ、ホビット庄を詮索するようになる。それとともに入手したパイプ草に夢中になったサルマンは、南四が一の庄にパイプ草農園を持つサックビル=バギンズ家と密かに取引をはじめ、指輪戦争が迫る頃には大量の軍需物資を同家から調達するようになっていた。

その結果、莫大な資金を手に入れたロソ・サックビル=バギンズは、それを元手に庄内各地の農場や生産施設、旅籠屋などを次々を買収。その労働力としてサルマンの息のかかった機械仕掛けや人間ごろつきを庄内に引き入れるようになり、次第に庄の実権を掌握するようになった。
この横暴に抗議しようとした庄長である小足家のウィルがごろつきにより留置穴に監禁されると、ロソは庄察頭転じて「お頭」を名乗り、大幅に増員した庄察の権威とごろつきの暴力をかさに庄民の暮らしを徹底して統制するまでになる。
これに反発したセインパラディン・トゥック二世大スミアルに籠城して徹底抗戦の構えを見せたため、ごろつきは武装してトゥック郷を包囲。両者は膠着状態のままにらみ合う形となった。

一方、指輪戦争でアイゼンガルドは陥落し、サルマンは荒野をさまよう乞食となる。サウロンの没落後、故郷へ帰還する指輪所持者の一行に行きあったサルマンは、ホビットへの恨みから彼らの故郷をめちゃくちゃに破壊することを目論み、9月に自らホビット庄へやってきた。
ごろつきの親玉「シャーキー」として庄に君臨したサルマンは、ロソを監禁・殺害するとともに、ごろつきに命じてホビット庄全土を荒廃させていった。

3019年11月1日、4人の旅人たちであるフロド・バギンズサムワイズ・ギャムジーメリアドク・ブランディバックペレグリン・トゥックがホビット庄に帰郷する。故郷がごろつきに占拠されていることを知った彼らは、11月2日に水の辺村緑竜館前で待ち構えていたごろつきの一味を撃退。

「だめだ。ぼくたちは今すぐ何かしなければいけない。」
「するって、何を?」と、ピピンがいいました。
「ホビット庄を立ち上がらすのだ!」と、メリーがいいました。*1

メリーが吹き鳴らしたマークの角笛に呼び出された水の辺村の住人は、お百姓のコトンを筆頭に蜂起を決意。報復のため引き返してきたごろつき20名を待ち伏せて敗北せしめる。さらにペレグリンはトゥック郷に赴いて水の辺村蜂起の報をもたらし、セイン・パラディンは撃って出て包囲陣のごろつきを敗走せしめた。
そしてセイン勝利の報は庄内各地に飛び火することとなった。

「水の辺村の合戦」

11月3日朝、セイン・パラディンは100人の援軍を遣わし、総勢数百人のホビット水の辺村に集結する。一方、ホビットの蜂起を鎮圧するため100人ほどのごろつき追分から迫っていた。偵察を放って無警戒な敵の情報を十分獲得したホビット側は、メリアドクの指揮の下ごろつきの一団を迎撃する準備を整える。

ホビットは街道の曲がり角の先に遮蔽物を設置し、道の両側の生垣の上にずらりを射手を配置。まんまと遮蔽物に行く手を阻まれたごろつきの一団は、手押し車からなる別の遮蔽物で退路も断たれることになった。メリアドクは居並ぶ射手を示して投降を呼びかけたが、これに応じようとしたのは一部のごろつきだけでそれも仲間に襲われ、大部分のごろつきは囲みを突破しようと抗戦した。
まず20人ほどのごろつきが後ろの遮蔽物を突破しようとして6人が射殺され、残った者がホビットを2人殺して囲みを突破して逃走した。だがすでに一帯のホビットすべてが蜂起していたため、遠くまで逃げることはできなかった。残った80人ほどのごろつきはめいめい囲みにとりついたが、包囲を突破することはできず大部分が弓と斧により倒された。
ごく一部の獰猛なごろつき達だけが西へ囲みを突破することに成功し、逆にホビットを攻撃したが、東から回ってきたメリアドクとペレグリン率いる一隊に迎え撃たれ、ウルク=ハイに似た首領格がメリアドクによって討ち取られた。
メリアドクが手勢を後退させてごろつきの残党を射手の円陣の中に包囲したことで、戦闘は終了する。

ごろつきは70人近くが死に、10人あまりが捕虜となった。ホビットは19人が殺され、30人ほどが負傷したが、この戦いでホビット庄は自由を取り戻した。

戦後

こうして一四一九年の水の辺村の戦いは終わりました。ホビット庄で戦われた最後の戦いであり、一一四七年に遠く北四が一の庄緑野行われた戦い以後ただ一つの戦いでもありました。その結果、幸運にもこの戦いによって失われた命の数こそは非常に少なかったとはいえ、それは赤表紙本の中の一章を占め、またこれに加わった者たち全員の氏名が巻きものに記録され、庄の歴史家たちはそれを諳んじていました。*2

死んだごろつき戦さ坑に埋められ、戦死したホビットは山腹の共同墓地に埋葬された。
この戦いでコトン一族は声望を高め、指揮官のメリアドクペレグリンは筆頭に記憶された。しかしフロドはとうとう剣を抜かず、仲間のホビットが無用な殺生をするのを留める役割を果たした。

戦いの後、フロド率いるホビットたちは袋小路屋敷に赴き、ごろつきの首領であったシャーキーことサルマンに対面する。フロドはサルマンを助命しようとしたが、結局サルマンは蛇の舌に刺殺され、蛇の舌もフロドが止める間もなくホビットの射手によって射殺された。
サルマンの悪意によってホビット庄が被った損害は大きかったが、ホビットたちは懸命に働き、サムワイズの配慮もあってその傷のほとんどは癒やされた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 人間のごろつきだって・・・。今の時代だったりして・・、なんちゃって。人間のいい性質が回復すればいいけど。みせかけでない、思いやりとか、心からのいい友情とか。 -- 2013-10-09 (水) 00:11:47
    • そうですな・・・ -- 2014-08-02 (土) 14:59:53
  • 自分の二倍の背丈で、粗暴で、武装した敵と対峙するのはなかなかしんどそうだ。私達アタニの感覚では「実家へ帰省したらトロルが支配してた!」級だと思う。 -- 2015-01-10 (土) 13:56:30
    • 想像したらイヤすぎるw それを撃退したんだからホビットって頑健な種族だよなぁ。 -- 2015-01-23 (金) 20:46:37
  • 映画向きではないしあの世界では描写されなくても仕方ないけれど、本当はとても重要な場面。フロドを語るには特に。 -- 2015-01-23 (金) 15:43:43
    • 合戦そのものではないですが、サムがロージーのところに行って、ロージーに追い返される場面が大好きです「これに答えるには1週間かかります。でなければ、答えはなしです」 -- 2015-01-24 (土) 00:23:34
      • もう!ロージーの意地悪!(笑) -- 2015-01-26 (月) 12:43:52
  • この場面をスピンオフとして映画でもTVシリーズでも良いから観たい。王の帰還劇場版ではサルマンも生きているままだしその流れで戦わせて、ホビットをもっと盛り上げてほしい。 -- 2015-04-09 (木) 19:57:19
    • サルマンは映画版ではエクステンデッドエディションでグリマにナイフで背中を刺されて、オルサンクから落ちて、壊れた水車から出た突起物に刺さります その振袖から落ちたパランティアをメリーが拾うシーンがあります -- 2015-09-08 (火) 21:11:05
    • なので、サルマン対ホビットたちのオリジナル後日譚はできないです やるとしたら原作通りのごろつき もしくは映画オリジナルでオーク残党、行き場をなくした東夷、トロルとかでしょうか? -- 2015-09-08 (火) 21:14:12
  • ガンダルフに別れ際に「お前さんたちは自分達だけで十分な解決能力を持つだけの成長をした」という旨を言わしめ、実際に自分たちで難題を解決。世界を危機から救った最後の冒険が自分たちの日常を守る戦いという展開がまたいい味を出している -- 2015-05-31 (日) 01:10:00
  • この場面、漫画だったら本誌連載が一旦完結した後で、別誌で完結編と銘打って連載するやつですよね? -- 2015-09-09 (水) 18:04:28
  • この戦いがないとフロドが西へ旅立つ意味が相当薄れてしまう。戦争して帰ってきて母国は平和そのもの、という映画版はいかにもアメリカ的。 -- 2016-06-05 (日) 14:31:07
    • サルマンとグリマの末路やホビットも理想的な種族じゃない等、あるとないとでは全然変わってくる。 -- 2016-06-05 (日) 23:52:51
  • 映画だとアクション要素の強い方が印象に残っちゃうから、これがないとフロドが影が薄くなるんだよな。 -- 2016-06-09 (木) 02:13:19
    • でも原作通りに挿入すると、輪をかけて「フロドはへたれ」とか言われそうです(汗 -- 2016-06-09 (木) 10:42:54
      • 口を開けば綺麗事ばかりで腕っぷしも滅法強い勇者なんてディズニー並にわかりやすくて良いよね 小笑 -- 2016-06-09 (木) 16:58:07
    • ↑それは水の辺村の合戦の有無ではなく、全般的なフロドの描き方のせいでは。映画のフロドは自主性が弱く描かれてしまっているので、そういう意見を持つ人が出るのでしょう。 -- 2016-06-09 (木) 17:08:30
      • だから「輪をかけて」と書いたんですよ。水の辺村の合戦では、フロドは息巻くホビットたちを諫める役に徹していましたから、映像化しても分かりやすいアクションシーンには、ほとんど関わらないでしょうからね。 -- 2016-06-09 (木) 20:38:01
      • でも戦闘に顔を出してるだけである程度は出番があったはず。映画はほとんどペレンノールに持ってかれてフロドたちのシーンはCMみたいな感じになってたから。 -- 2016-06-10 (金) 02:46:11
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 王の帰還』「ホビット庄の掃蕩」
*2 指輪物語 王の帰還』「ホビット庄の掃蕩」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-09 (日) 18:46:07 (10d)