森の川

概要

カテゴリー地名
スペルForest River

解説

灰色山脈に源を発し、闇の森の北部を東流する川。森の中で魔の川が合流し、さらにエルフ王の岩屋の地下を流れる小川が森の東端付近で流れ込む。森から出た後はたての湖(沼地)の中を通り、最後はたての湖に注ぐ。

森の王国エスガロスを結ぶ水運路であり、特にたての湖(沼地)の拡大でエルフ道を含む闇の森への道が失われた後は唯一の安全な移動路ともなっていた。川はエルフ王(スランドゥイル)の保護下に置かれていたが、その維持管理や通行料のことで森のエルフ湖の人との間で諍いが起きることもあった。

ホビットの冒険』において13人のドワーフは、ビルボ・バギンズの助力でエルフ王の岩屋の地下牢を脱獄した後、川に流される空樽の中に隠れて川を下った。また道中の一部では、ドワーフたちの存在に気付かない筏乗りのエルフによって樽は筏に組み合わされ、たての湖まで運ばれた。

いかだがかりのエルフたち(raft-elves)

森の川での水運に従事する筏乗りの森エルフのこと。交易品を入れた樽(または返却する空樽)を結び合わせて筏を作り、森の川を行き来する。平底船に樽を積んで運ぶ場合もあったという。
エルフ王の岩屋の地下から流れ出る小川が森の川の本流と合流する地点に村を持ち、岩屋から流された空樽はそこで彼らに回収されて筏に組まれる。

画像

トールキン作画「ビルボ、いかだエルフの小屋に来る」

映画『ホビット』における設定

ボルグ率いるオークの襲撃の最中、トーリンたちを追ってきたレゴラスタウリエルらの森のエルフと、樽に入ったトーリンたちがオークと戦いながら川の激流を下るという、アクションを重視した展開になっている。
樽の筏を操るエルフは登場せず、バルドが空樽を回収する艀の船頭として登場し、トーリンたちはバルドの協力でエスガロスへ潜入する。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 映画を観て思ったけど、森エルフとの主要な交易品が葡萄酒だったのは、単に嗜好品だからって理由の他に、この川なり井戸なりの水源が南からの毒気で汚染されて(若しくはその可能性があって)飲み水が自給できなくなったみたいな事情があったのかも -- 2016-03-27 (日) 23:30:04
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-17 (金) 00:34:12 (95d)