(やなぎ)じじい

概要

カテゴリー人名
スペルOld Man Willow
異訳柳じいさん
その他の呼び名灰色の柳じじい(Old grey Willow-man)、大柳(Great Willow)
種族不明(フオルンか)
性別
生没年不明

解説

古森枝垂川のそばに生えている、邪悪な意志を持った巨大な柳の老木。おそらくフオルンの一種ではないかと推察されるが、正体は定かではない*1

そしてこの森の中には、山々よりもゆっくりと年を取ってきた木の祖先の祖先が今なお生きていて、自分たちが主人であった時代のことを憶えているのでした。数え切れないほどの年数が、かれらを自尊心と深く根づいた知恵と悪意とで満たしました。しかしかの大柳ほど危険なものは一つもありませんでした。かれの心は腐っていましたが、かれの力はみずみずしく、狡知にたけ、風を治め、かれの歌と思いはの両側の森を端から端まで駆け抜けました。かれの灰色に乾いた心は、土の中から力を吸いあげ、地中に糸のような細い根を張り、空中に目に見えない小枝の指を広げ、ついには、高垣から塚山丘陵に至るまでの古森の木のほとんどすべてをその勢力下におさめてしまったのでした。*2

バック郷から出発したフロド・バギンズら一行が古森を通り抜けようとした際、柳じじいはフロド達を迷わせて自分のところまでおびき寄せ、眠気を誘う歌を注ぎかけて、彼らの息の根を止めようとした。フロドは川の水を飲もうとしたところを押さえつけられて溺死させられそうになり、メリアドク・ブランディバックペレグリン・トゥックは木の洞の割れ目に取り込まれて絞め殺されそうになった。フロドは何とか意識を保っていたサムワイズ・ギャムジーに助けられ、他の二人は最終的にその場を通りかかったトム・ボンバディルによって救出された。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

二つの塔 スペシャル・エクステンデッド・エディション』におけるファンゴルンの森のシーンで、ピピンメリーを捕らえる場面がある。その時二人は木の鬚に救出される。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

襲いかかったり眠らされたりすることはないが、側に居るだけで気力をどんどん奪っていく存在になっている。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における柳じじい

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • (原作で)古森全体を意のままに動かすとは・・・フオルンに堕落する前は、さぞかし力のあるエントだったに違いない。 -- ボリーの用心棒
    • フオルンってエントが堕落した姿では無いですよね? -- ly 2009-01-27 (火) 23:23:32
      • 堕落という言い方は間違ってるかも知れませんが、元々はエントであったと言われています。 -- 2010-01-18 (月) 17:18:07
      • エントから木に変わっていく間に、だんだんと理性が失われていくんですかね -- 2010-01-19 (火) 15:03:13
      • 木の鬚の説明によるとフオルンには、エントが眠って木のようになってしまったものと、世話された木が目覚めてエントのようになったもの、とがいるようで、言及がない限りどちらとは判別しがたいです。 -- 2010-01-19 (火) 15:17:26
      • ファンゴルンのフオルンの怒りはサルマンやドワーフ、人間等、木々を切り倒し森を森を荒らす者に対する物のようですが柳じじいの場合はどうなのでしょうね。 -- 2013-07-01 (月) 22:09:44
      • ↑ きっと縄張り意識がとても強いのでしょう。古森も昔は広大な森だったものの最後の生き残りのようなものですから。まして、高垣のところでバック郷の一族に焼かれていますし。 -- 2013-07-01 (月) 23:12:22
  • 柳じじい以外にもフオルンがいるんだろうか? バック郷の高垣を襲うかのごとく森の枝が覆いかぶさることがあったとの記述があることと歩く木を目撃したと緑龍館でのホビットの酒飲み話があることから他にも古森を徘徊しているのがいるのかもしれない。 -- 2012-03-27 (火) 15:45:03
    • エント女もエントっ子もいなくなり、悲しみと怒りに心朽ち果てた柳じじいさん、 オニザルとかハダカチンパンモドキとか呼ばれる数種の生物に復讐を誓います。 孤独な戦いの日々をながらえ、太陽の第四期にも命をつないだ柳じじいさん、 もしかすると、 栄光に満ちて始まったさしもの第四期もようやく最後の日々を迎え、 森を守ることに命をかけた人々に危機が迫ったとき、 「やなぎじじい、いまこそみかたになるぞ~!!」 と、力を振り絞り、燃えさかる混沌に身を捧げてくれたかもしれませんね。 あの波に仲間とともに立ち向かった一本松のように。 -- 2013-07-05 (金) 21:03:41
  • じじいぃぃ -- 2013-09-15 (日) 21:30:54
  • 柳じじいがお生まれになられたのは灯火の時代だと子供向けの図鑑で読んだ事がある。そうだとしたらエントなんぞまだまだ赤ん坊ですな。 -- 2014-05-28 (水) 07:39:11
    • トムや木の鬚の言葉からすると、おそらくそうなのでしょうね。灯火の時代に最初にヤヴァンナが生じさせた木々の生き残りかその頃の樹木の祖先で、その後のモルゴスの暗闇によって心身がねじけてしまった者なのでしょう。 -- 2014-12-06 (土) 15:27:25
  • 時々いるよね、周りがみんな敵に見える被害妄想老人。手に負えん。 -- 2015-10-01 (木) 13:13:06
    • 暴走老人? -- 2015-10-01 (木) 19:13:53
  • 木々の思いも心も、変わっていてわかりがたいことが多く、それは地上を自由に歩き回り、かじったり、かんだり、折ったり、切り刻んだり、燃やしたりする者たち、破壊者と強奪者への憎しみに満ちていました。 …ケルヴァールたちには、オルヴァールたちの気持ちは分かりにくいものであることだなぁ。 -- 2015-10-01 (木) 19:24:28
  • 小道は全て枝垂川に通じるってトムが言ってたけど、迷ってるうちに柳じじいに呼び寄せられるって事? -- 2016-06-23 (木) 04:29:58
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 ずっと北の方では大暗黒の影がいまだにそこに横たわり、いまわしい記憶が残されていることをわしは疑わないが、この国にはかつて一度も暗黒が取除かれたことがないうつろな谷間があってな、木たちはこのわしよりも年をとっておる 木の鬚の台詞。柳じじいもそのような、エントよりさらに古い樹木の生き残りである可能性が高い
*2 旅の仲間』「トム・ボンバディルの家で」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-01 (火) 02:28:21 (959d)