山頂(さんちょう)(たたか)

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルBattle of the Peak

解説

第三紀3019年(大いなる年)の1月23日から25日にかけて、ケレブディルの山頂で行われたガンダルフバルログ(ドゥリンの禍)との闘い。この闘いでガンダルフはドゥリンの禍を滅ぼしたが、ガンダルフもまた傷を負って斃れた。

「下界の霧という霧を見下ろす、目も眩む高所じゃった。そこには太陽が容赦なく照りつけたが、下界はすっかり雲に閉ざされておった。… だれ一人見る者はいなかった。でなければ、後世末長く『山頂の闘い』は数々の歌に歌われるところじゃろうがの。」ガンダルフは不意にカラカラと笑いました。「よしたとえ見た者があっても、何と歌に歌うじゃろうか? かなたから見上げた者は山頂を嵐が吹きすさんでいると思った。かれらは雷鳴を聞いた。稲妻がはるかケレブディルの頂を襲ったと思うと跳ね返って、いくつもの火焔の舌となってくだけたと見た。これだけいえば十分ではないかな?」*1

本項目ではそれに至るまでの両者の戦闘についても述べる。

ガンダルフとバルログとの闘い

モリアでの攻防

1月15日、モリアを通過しようとした指輪の仲間は、そこに巣食っていたオークに察知されて襲撃される。
ガンダルフは追跡を阻むため、マザルブルの間の扉を呪文で閉ざそうとしたが、そこで深層から現れたバルログと初めて対峙した。扉を開けようとするバルログと、それを開けまいとするガンダルフの魔力が拮抗したため、負荷に耐え切れなくなった扉は木っ端微塵となり、その余波でマザルブルの間も崩落してしまった。

しかしバルログは埋もれてはおらず、ドゥリンの橋で再びガンダルフの前に現われる。一進一退の攻防の末、ガンダルフは橋を落としてバルログを落下させるが、バルログは鞭を振るってガンダルフの膝を絡めとり、両者は道連れになって奈落に落ちた。

地の底での死闘

落下しながらも両者は戦い続け、ついに奈落の底にある深い水に達した。地の底でバルログの火は消えたが、代わりに軟体質に変化。「いやはての石の土台」の上で両者は死闘を続けたが、とうとうバルログは逃走に転じ、地上への道を探すガンダルフがそれを追跡した。

両者は名前も持たぬ者たちの穿ったトンネルから、モリアの最下層に戻り、そこから無限階段を上ってドゥリンの塔の窓からケレブディルの山頂に飛び出した。

山頂の闘い

1月23日、白昼のケレブディルの山頂においてガンダルフバルログの最後の闘いが行われ、この闘いの激しさのためにドゥリンの塔は毀たれた。
バルログは再び火焔を吐き出して反撃に転じたが、長い戦いの末、25日にガンダルフはバルログを山腹に投げ落として勝利する。しかしガンダルフ自身も負った傷のために山頂に斃れた。

この後、ガンダルフは再び送り返されて蘇生。ガラドリエルに遣わされたグワイヒアによって山頂から救出されてロスローリエンに運ばれた。そこで治療を受けたガンダルフは白衣に装われ、『白のガンダルフ』として復活した。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

原作では雲海の上の白昼の晴天下での決戦だが、映画では暗雲と雨天の中となっている。ガンダルフは稲妻をグラムドリングにまとわせてバルログにとどめを刺し、山腹に落下させた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 「投げ落とした」ってのは柔道の投げ技みたいな認識でいいんでしょうかね?体格差すごいありますけど -- 2017-06-27 (火) 12:48:05
    • おそらく比喩的な表現でしょう、エアレンディルもアンカラゴンを放り投げたと書かれてますけど、体格差から言って不可能ですし。 -- 2017-06-27 (火) 13:10:51
  • 地の底から山頂まで10日も続く、マイアールの格が感じられる戦いですね。うまく表現できませんがこの出来事を読むときの感覚が大好きです。 -- 2017-12-07 (木) 19:53:15
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 二つの塔』「白の乗手」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-07 (木) 19:53:15 (377d)