大鷲(おおわし)

概要

カテゴリー種族動物
スペルEagles, Great Eagles
異訳ワシ
その他の呼び名マンウェの大鷲たち(Eagles of Manwë)

解説

マンウェの使いである鳥。エルフ人間を運べるほど巨大で、優れた視力を持ち、言葉を話すことができる。彼らは中つ国の知らせをマンウェにもたらし、ヴァラールが中つ国に直接介入しなくなった後も、その一部は中つ国に留まって自由の民を助けることがあった。

第一紀にはソロンドールがその王であり、マンウェに派遣されてクリッサイグリムに巣を作ってエルダールエダインを助けた。ソロンドールはモルゴスの顔面に傷を与え、また怒りの戦いでは一族と共に援軍として参加し、アンカラゴンをはじめとしたモルゴスの翼ある龍達と戦った。
第二紀になるとその多くはアマンへ帰った。だがヌーメノールの堕落の時には、ヴァラールからの警告の印として隊伍を組んでヌーメノールに飛来することがあった。
第三紀末には霧ふり山脈にその末裔達のがあった。

シルマリルの物語』における大鷲

「しかしケメンターリよ、そなたは憶えておらぬか、そなたの思いは常に独りで歌われたわけではないことを。そなたの思いとわたしの思いが出会い、われらは雲の上高く飛翔する大鳥のように、共に飛び立ったのではなかったか。これも、イルーヴァタールの御配慮により存在することになろう。そして、子らが目覚める前に、西方の諸王の大鷲たちが、風の如き翼もて飛び立ってゆくであろう」*1

クウェンタ・シルマリルリオンの第二章によれば、大鷲たちはエントと同時に生まれた存在だという。アイヌリンダレにおいてヤヴァンナが彼女の眷属である生類の守り手を願った時、彼女の思いとマンウェの思いが出会い、それによって呼び出された精霊たちがオルヴァールケルヴァールと交わって生まれたのが、エントと大鷲であった。大鷲はエルフが目覚めるより早くにアルダに現れる。
また、第一章には鷹や鷲の姿をとった精霊たちが、絶えずかれ(マンウェ)の宮居に飛び来り飛び去っていった。かれらの目は、深海をその底まで見通すことも、世界の下に隠された洞窟をその中まで見通すこともできた。*2ともある。

ノルドール族が中つ国に逃亡すると、マンウェはソロンドールの一族を派遣してモルゴスの動向を見張らせ、また自由の民を助けさせた。大鷲は環状山脈クリッサイグリムに巣を作り、後にトゥムラデンの谷間にゴンドリンが築かれるとその守護者となる。
ソロンドールサンゴロドリムに捕えられたマイズロスと彼を助けに来たフィンゴンを救い出し、またフィンゴルフィンの遺骸をモルゴスの手から奪い返した。フーリンフオルの兄弟をゴンドリンに運び、またアングバンドから脱出したベレンルーシエンを救出したのも大鷲たちである。
ゴンドリンの没落?では、大鷲たちがキリス・ソロナスオークに襲われたゴンドリンの遺民を助けた。またソロンドールはバルログと相討ちになったグロールフィンデルの遺骸を谷底から救い上げた。
怒りの戦いではエアレンディルの空を飛ぶヴィンギロトと共にヴァリノール軍の最後の援軍として現われ、モルゴスの翼ある龍たちと戦った。

ヌーメノールメネルタルマ山上の聖所には、「マンウェの証人」(Witnesses of Manwë)と呼ばれる三羽の鷲がおり、聖所と国土とをあまねく見守っているのだと信じられた。だが大鷲はヌーメノールが堕落すると、ヴァラールからの警告の印として隊伍を組んで飛来することがあり、人々を恐れさせた。

ホビットの冒険』における大鷲

オオカミ広場ゴブリンアクマイヌ(ワーグ)に追い詰められたビルボガンダルフ13人のドワーフの一行を、霧ふり山脈ワシの王が発見し、配下の鷲たちと共に救出する。ワシの王は、かつて自分がガンダルフに助けられた恩を返すため、一行を自分たちの巣まで運び、食べ物を与えて一晩休ませた後、岩山(カーロック)まで運んでやった(ワシの王によると、弓で撃たれることがあるため、人間たちがいるところまでは近づきたくなかったという)。

その後、ゴブリン達の動きを警戒していた鷲たちは、人間エルフドワーフの援軍として五軍の合戦に現れ、エレボールの高地を占拠していたゴブリンを払い落として戦局を有利に導いた。その後ダイン二世はワシの王に黄金の冠を謝礼として渡し、友好の誓いとした。

指輪物語』における大鷲

指輪戦争の時代の大鷲の長はグワイヒアで、これが『ホビットの冒険』におけるワシの王と同じ個体なのかははっきりしないが、ガンダルフとの会話に当時のことへの言及がないことからすると、おそらく別の鷲と思われる。
ラダガストからの伝言を聞いたグワイヒアは、オルサンクサルマンに捕らえられていたガンダルフを発見して救出し、エドラスまで送り届けた。さらにガラドリエルに遣わされたグワイヒアは、ドゥリンの禍と戦ってジラクジギルの山頂で力尽きていたガンダルフを発見し、ロスローリエンまで送り届けた。
加えてグワイヒアは、ガンダルフのために上空を飛び回って情報を集めた。

黒門の戦いでは、グワイヒアが配下の大鷲を引き連れて自由の民の援軍として現れ、ナズグール恐るべき獣に立ち向かった(この時、自分が倒したトロルの下敷きになって意識を失おうとしていたペレグリン・トゥックは、鷲が現れたという知らせを聞き、ビルボの話にあった五軍の合戦を思い出しながら気絶している)。一つの指輪が破壊され、モルドールの力が崩壊すると、ガンダルフはグワイヒアを呼び出し、ランドローヴァルメネルドールらと共に、滅びの山の噴火に巻き込まれようとしていたフロド・バギンズサムワイズ・ギャムジーを救出した。また一羽の大鷲はミナス・ティリスまで飛んでいき、サウロン敗北の報をいち早く人々に知らせた。

登場する大鷲の名

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

登場するが、言葉は発さず、また名前もわずかにグワイヒアのものが出るのみ。『ロード・オブ・ザ・リング』ではオルサンクの頂上に捕らわれたガンダルフが、蛾を使ってグワイヒアを呼んでいる。
また『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』では原作と同様黒門の戦いに現れるが、この時にも蛾が現れている。

スピンオフ作品、『ウォー・イン・ザ・ノース:ロード・オブ・ザ・リング』ではベレラムという若い大鷲が主要キャラクターとして登場し、プレイヤーの移動手段の他に、大型の敵や兵器を破壊する等、事実上四人目の仲間として活躍する。他にもグワイヒアを含む同族が数匹登場するが、いずれも流暢な共通語で会話している。

映画『ホビット』における設定

『ロード・オブ・ザ・リング』における鷲と同様に、言葉は発しない。
『思いがけない冒険』では、ゴブリン町から出た後アゾグらとワーグに追い詰められたトーリンの一行を、原作と同様に助けているが、偶然ではなく、ガンダルフが蛾を使って助けを呼んだように描かれている。この時、蛾に呼びかけるガンダルフの言葉の中にグワイヒアの名があるようにも聞こえるが、はっきりしない。
また大鷲たちは一行を自分たちの巣ではなく、カーロックへ直接運んでいる。

『決戦のゆくえ』では、ラダガストに呼ばれて彼を背中に乗せ、ビヨルンも運んで、五軍の合戦に参戦。グンダバドからエレボールに接近していたオークの新手を、ビヨルンと共に襲撃して壊滅させ、戦力がほとんど残っていなかった人間エルフドワーフを勝利に導いている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 言葉がしゃべれるほど「知能が高」いわけですが、声帯とか口蓋(くちばし)とかの構造はどうなっていたのだろうか? -- カイト
    • しかも、渋いサムライのような決めゼリフを放つし。 「運んで進ぜよう。たとえあんたが石でできていようと」 -- 2008-01-17 (木) 01:39:10
    • リアルでも鸚鵡や九官鳥など、口真似を出来るトリはけっこういるので、発声は問題ないかと -- 酔 2008-01-17 (木) 17:58:44
      • 上記の決めゼリフが、九官鳥みたいな声で言われたと考えると・・・・・・ -- 2013-03-02 (土) 14:20:15
      • 動物って図体が大きくなると声(発声する音)が低くなるんじゃないんでしたっけ? -- 2013-04-29 (月) 12:22:45
  • 映画では一言も喋ってないんですけど・・・ -- 2013-03-03 (日) 21:16:32
    • 正直喋らないほうが好き。意思疎通さえ出来れば。  ロード・オブ・ザ・リング(映画)でも喋って無いですしね。 -- 2013-03-04 (月) 02:26:05
    • 自分は喋ったほうが良かったと思います。原作での鷲の王としての威厳を現してほしいので。 -- 2013-03-04 (月) 09:58:00
      • ガンダルフの召喚獣ではなく独立勢力であることが観客に伝わらないと、またホビット三部での再登場がご都合主義にしか見えなくなるのではないかと心配してます。せめてガンダルフが、大鷲がドワーフに危険を冒してまで協力する理由がないことを説明してくれればいいんですが。 -- 2013-04-28 (日) 01:08:16
      • ホビットの映画を見た後で、原作未読で映画版知識のみの妻が「何で最初から使わないの?(笑)」と言っていて、非常に残念に思った。 -- 2013-05-22 (水) 00:24:01
      • ペラペラしゃべると、かえって存在感が軽くなる気がします。無言の重み。 -- 2013-05-22 (水) 06:26:01
      • 映画が終った後の観客の話を聞いてみると、大鷲は白の勢力にとって便利な鳥程度の認識らしい、中つ国の生物に思い入れが少ない者にとってはそんなものでしかないようで。 -- 2014-06-28 (土) 14:39:42
      • でも正直、前作も踏まえて映画だけだとガンダルフの便利な召喚獣としか見えないような気がしますね。 -- 2014-06-28 (土) 19:52:58
      • 映画として意味が伝わるような再構成をせず、原作の表面だけ中途半端になぞった弊害ですね・・・ -- 2014-06-28 (土) 20:46:10
      • ですな。 -- 2014-06-29 (日) 01:35:05
      • べらべらしゃべるゆるキャラと大鷲は邪道だなっしー。 -- 2014-07-30 (水) 18:43:53
      • まさに原作未読でガンダルフの究極召還にしか見えないのに疑問を抱いてこのwikiを覗きにきた -- 2014-12-18 (木) 01:23:24
    • 最初、LOTR含め大鷲・ツグミほか原作で話せる動物が話さないのは最初、残念に思いました。でも、ナルニア国物語のアスランみたいに話すのも、ファンタジー感が強くなりすぎる気がして、人語を理解できるし話せるけど映画では話すシーンは映していない、位に思っているのがちょうどいいような気がしています。 -- 2016-07-12 (火) 23:36:36
      • そういうもんかねえ・・・・・ -- 2016-07-12 (火) 23:40:39
      • 俺は観客に聞こえないだけで劇中の人物にはちゃんと人語が聞こえてると勝手に思ってる -- 2016-07-12 (火) 23:45:46
  • エレボールまで連れてってはくれなかったw -- 2013-04-28 (日) 00:07:50
    • 映画見てると、なんでそこで下ろしちゃうの?!ってなる。 -- 2013-05-01 (水) 08:45:47
      • スマウグがいたからでは?さすがの大鷹でもスマウグには歯が立たないかもね -- 2013-05-21 (火) 04:07:25
      • いんや、人里にはあまり近付きたくないらしいです。人間は自分たちを見ると怖がって攻撃してくるそうで。 -- 2013-05-22 (水) 00:26:16
    • いや、いっそのことモルドールまで行けばいいのに -- 2014-07-02 (水) 00:57:33
      • モルドールの空気はいわく「イヤな味」らしいので、そんな中を長時間飛ぶのは彼らでも無理だったかも。かと言って途中で降ろしてしまえば目立って仕方ないですし。何よりナズグルたちとの空中戦すら待ち構えてますからねー。 -- 2014-07-12 (土) 12:30:14
      • 音声解説で「ワシはタクシーじゃないんだから」って言ってたw -- 2014-07-17 (木) 11:16:19
  • 五軍の戦い楽しみだ! -- 2013-11-06 (水) 06:13:51
  • トールキン自身が、どこかの文章で大鷲は動物の身体に入れられたマイアだと明かしていたらしいですね。だとしたら、大カラスやツグミを始めとした特殊な鳥たちや、ビヨルンリングもそうなのかもですね。 -- 2014-01-03 (金) 01:03:12
    • 大鷲の出自についてはトールキンの考えが二転三転しており、「草稿の中にはそういう案もある」という程度にとどまります。クリストファー氏編纂の刊行版『シルマリルの物語』ではその辺の事情を考慮して、マイアだと断定するような書き方は避けてますね。 -- 2014-01-03 (金) 02:26:12
    • 出典はHoMEでしょうね。10巻か11巻にそんなことが書かれていた覚えがあります。確かソロンドールとフアンはマイアかもしれないとありました。ただ可能性はかなり低いような書かれ方でしたけど。 -- 2014-01-03 (金) 11:44:08
      • ソロンドールはともかくフアンも・・・? -- 2014-01-03 (金) 11:53:51
    • サウロンすら倒すあの強さを考えれば妥当な気もするけど -- 2014-07-16 (水) 22:10:30
      • でも某所見るに、やはりマイアの可能性は低いようですね。 -- 2014-07-23 (水) 00:32:35
  • ガンダルフが「来てくれたか友よ」的なセリフを一つ言えば、まあ、ただ呼ばれた動物じゃないくらいの印象はつけられそう -- 2014-04-22 (火) 19:01:12
  • 内容に気を取られて、火山弾が降り注ぐ中を飛ぶのがどれだけ危険かを忘れていました・・・・・ -- 2014-06-28 (土) 13:57:33
  • 映画の大鷲たちは原著よりもずっと小さいという情報を目にしましたが、これは事実でしょうか? -- 2014-12-21 (日) 18:51:38
    • 大きさは言及されてなかったはずですけど、大鷲の中でも一番大きかったソロンドールと混同しているのではないでしょうか? ソロンドールだけは大きさが明言されているはずです -- 2014-12-30 (火) 21:54:50
      • 翼開帳13m、身長6m前後って話がありますね。 -- 2018-03-19 (月) 17:59:31
  • サイズの縮み具合はジャンボジェット→セスナくらいか? -- 2015-04-20 (月) 01:37:33
  • 映画の方見て完全にガンダルフの使い魔なんだと思ってた。サルマンがクレバインを使ってたから余計にね。 -- 2016-06-09 (木) 02:56:38
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シルマリルの物語』「クウェンタ・シルマリルリオン第二章 アウレとヤヴァンナのこと」 ヤヴァンナに向けたマンウェの言葉
*2 同上「第一章 世の初まりのこと」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-19 (月) 17:59:31 (274d)