塚人(つかびと)

概要

カテゴリー種族
スペルBarrow-wights

解説

塚山丘陵の古墳に巣くう亡霊。かつてアングマールとの戦いで死んだ、アルセダインカルドランドゥーネダインの成れの果て、またはアングマールルダウアからきた悪霊と思われる。彼らは死体の中に入り、生きているものを塚の中に引きずり込む。その青白い眼光で獲物の体を硬直させ、低い冷たい声で恐怖に満ちた眠りに誘う。手は氷のように冷たい。
エルロンドによると多くの名で知られているといい、ホビット庄でもその存在は恐ろしい噂として知られていた。

冷えよ、手と胸と骨、冷えよ、石の下の眠り。
石のふしどに、もはや覚めるな、日が絶え、月が死ぬ時まで。
黒い風に、星々も死ぬだろう。
その時もなおここの黄金の上に、横たわっておれ。
死んだ海と枯れた陸を、冥王がしろしめす時まで。*1

フロド・バギンズ達4人のホビットトム・ボンバディルの家からブリー村に向かう途中で塚山丘陵に迷い込み、塚人に襲われた。
塚人は眠りと霧によってホビット達を惑わして古墳におびき寄せ、墓室に横たえて呪いを歌いかけて息の根を止めようとした。しかし間一髪で勇気を取り戻したフロドに反撃され、最後には助けにやってきたトム・ボンバディルの歌によって塚から追い払われた。
その後塚の副葬品からボンバディルによって、塚山出土の剣が選び出され、ホビット達に与えられた。

終わらざりし物語』によると、もともと魔王が送り込んだ悪霊であり、ホビット達を待ち伏せるためにあらためて呼び起こされたという。

“ワイト”

元来、塚人の原語であるBarrow-wightのwightは、古英語で「人間」という意味であり、亡霊を直接示すものではない(barrowは英語で墳丘墓のこと)。だが13~14世紀頃に書かれたアイスランド文学Grettis saga(WikipediaEN:Grettis saga)がウィリアム・モリス(Wikipedia:ウィリアム・モリス)によって英訳されたとき、作中に登場する亡霊のことがbarrow wightと訳されたのが最初とされている。なお『Guide to the Names in The Lord of the Rings』でトールキンは'Barrow-wights'の語は造語で、「塚山に住む生き物」と説明している*2
指輪物語』でもBarrow-wightという言葉が使用されて有名になったことにより、『ダンジョンズ&ドラゴンズ』などのゲームを中心としたファンタジー作品で“ワイト”は亡霊、アンデッドモンスターとして定義されるようになった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 「不気味、鳥肌が立つような怖さという点ではこいつ、一番コワイです。ただ、私的な考察ですがホビットたちを迷わせ、塚に引き込んだ存在と、トムさんに助け出されたときメリーに憑依していたカルドラン王の霊は別個のものなのでは?前者は冥王の勝利を待ち望むような歌を歌ってますが、王の霊は数百年前の敗北をいまだに怒り、嘆いています。 -- 粥村在住 2008-01-14 (月) 23:13:50
    • もしそうだとしたら、自分たちの塚に入ってきたホビットの一人が、自分たちの塚にあった剣を振るってその復讐を果たしたことについてどう思うでしょうか。成仏?できたでしょうか -- 2008-10-05 (日) 20:31:04
    • 「さぞ喜んだことでしょう。」 -- 2012-01-16 (月) 01:15:57
    • もともと別だと思ってました。被葬者イコール塚人と決まったわけでもないし。 -- 2016-03-05 (土) 01:44:35
    • 幽鬼を倒せるほどの副葬品まで入れて葬ってるからそりゃ別ものだろう。しかしサウロンはそんな場所で罠なんか張ってどうするきだったんだ・・・ -- 2017-06-28 (水) 22:22:19
  • トム出なくともこれを映画化できたら魔王との戦いがより際立つのにな -- 2012-05-20 (日) 11:43:58
    • テレビ番組化すれば映像化するかも -- 2018-05-04 (金) 08:46:45
  • 塚人と死者の軍勢は大体同じ感じなのかな。 -- 2012-12-04 (火) 20:02:53
    • 死者の軍勢は恐怖を与えるだけのレゴラス曰く「ただの影」ですが、塚人は現実にフロドらを墓に引き込んで殺しかけてますからね。実は塚人の方が危険かもしれません。 -- 2012-12-04 (火) 21:04:52
      • じゃぁ塚人は一応実体があり、死者の軍勢は実体がないということでいいのでしょうか?? -- 2012-12-04 (火) 22:43:20
      • それが実体の有無による差なのかはわかりません。しかし、レゴラスは死者の軍勢を本質的には無力な存在と見なしていたのに対し、少なくとも塚人は生者に現実的な危害を加える力がある、ということです。 -- 2012-12-05 (水) 01:41:28
      • 塚人は無念の内に殺された怨念が、死者の軍勢は裏切りの代償として平穏が与えられなかった、という点で生者に対する相違があるのかなーとか思ってみた。 -- 2016-03-18 (金) 13:32:59
      • 塚人に実体があったのは確かでしょうね。フロドが手を切り落としていますから。 -- 2016-03-18 (金) 18:22:45
    • Lotroでの塚人 https://lotro-wiki.com/index.php/File:Barrow-warden.jpg 参考までに -- 2016-03-18 (金) 23:50:30
    • Lotroでの死者 https://lotro-wiki.com/index.php/File:Oathbreaker_Herald.jpg  画像の貼り方がわからなくこういう形で申し訳ないです -- 2016-03-18 (金) 23:52:09
  • HoMEに、サウロンと彼に連なる死霊術師は、配下の悪霊に生者の肉体を乗っ取る術を教え込んでいた、とあり、塚人(や死者の沼地でフロドの目撃した死者)はそのような悪霊の一種なのでしょう。死者の軍勢との違いもそこだと思われます。塚人は技を仕込まれた悪霊で、死者の軍勢は単なる野良の亡霊、というわけです。 -- 2016-03-18 (金) 18:34:50
  • 古英語で「(不運な、惨めな)人間」とあるが、英英辞典等を見ても特に「不運な、惨めな」意味合いはくみ取れないのだが。「生きているもの、特に人間」としての意味しかないようだ -- 2017-09-16 (土) 11:49:14
  • ワイトもそう思います -- 2018-04-27 (金) 22:29:55
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 旅の仲間』「霧の塚山丘陵」
*2 Creatures dwelling in a 'barrow' (grave-mound)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-04 (金) 08:46:45 (201d)