執政(しっせい)

概要

カテゴリー役職・組織・団体
スペルSteward
異訳執権
その他の呼び名アランドゥア(Arandur)
フーリン家(House of Húrin)

解説

ゴンドール王権の代行者である執政を指す。
ゴンドールの王統が途絶えると、王の名の下に約1000年間にわたってゴンドールを統治した。かれらは王冠王笏も戴かず、執権を示す白い杖だけを持ち、黒地に王の紋章が描かれた王旗の代わりに、紋章のない白い旗を掲げていた。
とはいえ、たとえ君主の称号は帯びなくとも、その誇りは長い統治の間に王家に劣らぬほど高いものとなっていった。

統治権を持つ最初の執政はマルディルであり、最後の執政はデネソール二世である。

幾段もの階段のついた壇の奥には山高の兜の形をした大理石の天蓋の下に高い玉座が設けられていました。玉座の背後の壁面には花開く一本の木のかたちが刻まれ、宝石がはめこまれていました。しかし玉座に坐る人はいませんでした。壇の下の広くて奥行きのある一番低い踏段に、黒くて飾りのない石の椅子が一脚あって、そこに一人の老人が自分の膝を見つめながら坐っていました。手には金の握りのついた白い杖が握られていました。*1

歴史

『もし王様が帰って来なかったら、執政が王様になるのに何百年あったらいいの?』そうかれはたずねた。『王権のもっと小さなよその国では二、三年かもしれぬ。』父はそう答えた。『ゴンドールでは千年でも充分とはいえぬ。』*2

クウェンヤでは「王の僕(king's servant)」の意であるアランドゥアと呼ばれ、元々は智慧深く信頼厚い王の友に与えられる役職だった。アランドゥアは戦争に出ることも国を離れることも禁じられていたため、通常は高齢の者があたった。また王家の者が選ばれることはなかった。この役職を最初に定めたのは第8代目の王ローメンダキル一世であるという。*3

後にゴンドールの実権を手にすることになる執政家の始祖は、第25代ミナルディル王の執政を務めたフーリンである。以後、代々のゴンドールの王はフーリンの子孫から執政を選んだ。そのため執政家はフーリン家とも呼ばれる。
第31代オンドヘア王の執政を務めたペレンドゥアから、執政はその息子または最も近い近親者に伝えられる世襲職となった。

第33代エアルヌア王は2050年にミナス・モルグルへ向かい、行方不明になる。ゴンドールでは有力な王位継承者がいなくなり、誰もがエルダカール戴冠時のような王位を巡る内乱(同族の争い)を恐れていた。さらに北方王国は滅亡しその最後の王アルヴェドゥイも死んでいたため、エレンディルの世襲は絶えたかに思われた。
そのため当時の執政マルディル王還りますまで、王の御名において杖を持ちて統治すという宣誓を行い、王の代わりにゴンドールを統治する。以来マルディルの子孫が同じ宣誓を行い、ゴンドールは執政の統治する国となった。
執政は事実上すべての王権を代行し、「王還りますまで」は時代が進むにつれてほとんど儀礼用語に過ぎなくなっていった。しかし、いずれ本当に王が戻ってくると信じている者もおり、北方王国王の世襲が今なお生き残っていると噂する者もいた。そのような話には執政は態度を硬化させたが、とはいえ執政家は玉座にはつかず、執権の白い杖のみを守り続けた。

統治権を持つ12代目の執政キリオンは、王権の代行者として独断でエオセオドカレナルゾンを割譲し、エオルエオルの誓いを結んだ。以後、ゴンドールはローハンという強力な同盟者を得て、ロヒアリムによって度々危機を救われることになった。

指輪戦争時の執政デネソール二世は、実質的な統治権を持った最後の執政である。彼は王の帰還を拒み、執政職の白い杖を折って自害した。
デネソールの息子ファラミアは、エレスサール王が戴冠するまでのわずかな間、最後の執政としての職務を果たした。その最大の仕事が、エレスサール王の戴冠式の執り行いである。その時ファラミアは、改めてゴンドールの執政に任じられた。

ゴンドールの統治権を持った歴代の執政

執政職は、エミン・アルネンのフーリン以降は、フーリン家の者が代々任じられてきた。最初に統治権を持った執政マルディルの前には、オンドヘア王に仕えたペレンドゥア、その息子ヴォロンディルがいる。
マルディルまでの執政は名にクウェンヤを用いたが、エラダン以降はシンダール語を用いるようになった。

名前在任
初代マルディル・ヴォロンウェ第三紀2050~2080 (30年間)
2代エラダン2080~2116 (36年間)
3代ヘリオン2116~2148 (32年間)
4代ベレゴルン2148~2204 (56年間)
5代フーリン一世2204~2244 (40年間)
6代トゥーリン一世2244~2278 (34年間)
7代ハドル2278~2395 (117年間)
8代バラヒア2395~2412 (17年間)
9代ディオル2412~2435 (23年間)
10代デネソール一世2435~2477 (42年間)
11代ボロミア2477~2489 (12年間)
12代キリオン2489~2567 (78年間)
13代ハルラス2567~2605 (38年間)
14代フーリン二世2605~2628 (23年間)
15代ベレクソール一世2628~2655 (27年間)
16代オロドレス2655~2685 (30年間)
17代エクセリオン一世2685~2698 (13年間)
18代エガルモス2698~2743 (45年間)
19代ベレン2743~2763 (20年間)
20代ベレゴンド2763~2811 (48年間)
21代ベレクソール二世2811~2872 (61年間)
22代ソロンディア2872~2882 (10年間)
23代トゥーリン二世2882~2914 (32年間)
24代トゥアゴン2914~2953 (39年間)
25代エクセリオン二世2953~2984 (31年間)
26代デネソール二世2984~3019 (35年間)
27代ファラミア3019

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 少年時のボロミアの質問は彼だけのものではなかったはず。にもかかわらず、「代々の執政はひとりとして古の玉座に座ることはなかった。彼らは王冠も戴かず、王錫も持たなかった(追補編・西方諸国年代記より)」ということは彼らの忠誠がなしえた奇跡ですね。 -- 2007-11-06 (火) 01:51:15
  • 第一紀の英雄の名前と同名の人が多い。フーリン→トゥーリンとか、必ずしも良い名前とは言いがたいと思うが・・・断絶しそう。 -- 2008-08-22 (金) 02:46:08
    • 当時は段々暗くなっていく時代だから、力ある英雄にあやかりたかったんでしょう。 -- 「ど」の字 2008-12-01 (月) 21:52:26
    • 正当な王権をもっているわけではないので、せめて名前だけは昔の英雄と同じにしたかったのでしょう。ベレンやディオルの子孫は続いているから、縁起悪いともいえない -- 2010-12-07 (火) 01:05:54
  • 1000年近くも玉座をのっとることがなかったのはすごい。執政たちの英明さには感服としかいいようがない。 -- ロイカ 2008-12-16 (火) 18:57:12
    • 権威と権力を分離した政体というのは、意外にタフだったりする。偶然の産物とは言え、途中からそれに気づいて、敢えて玉座を空にし続けたのかも。 -- 2008-12-25 (木) 12:05:55
    • 普通は王位につく。実際の歴史なら執政家は馬鹿なだけ -- 2010-05-16 (日) 15:45:28
    • 実際、王位につこうものなら必ず、反発するものが出てくる。 それがもとで内乱が起これば、サウロンの思う壺。 だから、実権のみ握っておこうと考えたのでは? 本心では王位に尽きたかったと思うが。 -- けつ 2010-05-17 (月) 22:34:50
    • 下手に王位に就こうとしたらドル・アムロス大公やロスサールナッハ、ペラルギアの様な王家に忠誠心を持っている有力諸侯の叛乱をくらっただろうね。 -- 2010-11-06 (土) 20:10:53
    • 「ゴンドールでは千年でも長いとはいえぬ」というところ、英語では「ten thousand」になっていたような気がするのですが・・・ -- 2010-12-07 (火) 01:02:21
      • 確かに"In Gondor ten thousand years would not suffice."となってますね -- 2010-12-09 (木) 00:48:26
    • もちろん現実の歴史ではほとんどありえないが(あっても訳有り)、そういった記述によって、ゴンドール人の忠誠心、気高さや、伝統が大切にされている社会の特徴を示そうとしたのでしょう -- 2010-12-07 (火) 01:09:30
    • エアルヌアの失踪時、正当性を主張できるほどではなくとも、王家に連なる王族自体は相当な数がいた模様。それらよりも家格が低く、かつおそらくは力でも劣る執政家が実権を握るには「王の代理人として統治を代行する」という形が必要だったのでしょう。いわば有力者達の同意の下に統治者たることを認められていたわけで、現に指輪戦争の時代においても各領国に対して執政は「移動を命令」でなく「援軍を要請」という形でしか指揮権を発揮できておらず、執政の統治時代を通じて執政の権威はそれほど高くなかったのではないかと思われます。 -- 2014-10-01 (水) 20:51:27
    • これが中国ならさっさと禅譲を迫るだろうな。 -- 2016-09-02 (金) 00:13:36
    • 王座を乗っ取るには執政家がサウロンを打倒するくらいしか手段がないはず、だからこそボロミアもデネソールもそのために指輪を欲した。 -- 2018-10-20 (土) 13:17:25
  • フランク王国のカロリング家みたいな物か? -- 2010-11-06 (土) 15:35:11
    • カロリング家は結局、王位を簒奪しちゃったけどね。 -- カンナ 2010-12-09 (木) 09:14:13
  • FFとかで少しだけ出てくる「ボロミア・エドウェン」とはなんぞ?FFでないところでも出てきたから原作用語かと思ったら全然見当たらないし -- 2014-04-08 (火) 01:27:28
  • ファラミア二世の「二世」は何に由来しているんでしょうか。オンドヘア王の王子は血脈も立場も違うから「一世」にはならないのでは。実権を握る前のフーリン家当主にファラミア一世(上のエルフの名前はほかにあり)がいたのかな? -- 2014-04-14 (月) 13:17:20
    • 調査の結果不適当と思われたので、修正しました(管理人) -- 2014-06-23 (月) 21:13:58
  • ファラミア以降の執政はあくまで「ゴンドールの執政」なんですね。イコール「再統一された王国の執政」になるのか、それともアルノールには別に執政を任命するのか -- 2015-02-01 (日) 21:17:22
    • エレスサール王が北方に巡幸に行っている間は南は任せた、くらいの役割じゃないですか? -- 2015-02-02 (月) 17:39:16
    • イシリアンの地を所領とされていますからゴンドールの留守居役だったのでしょうね。 -- 2015-02-06 (金) 18:57:11
  • 王はともかく、家臣格の執政が世襲制ってどうなんだろう…?幼い子供が執政職を継ぐこともありえただろうに… -- 2015-02-04 (水) 18:15:19
    • その場合は他の有力年長者が「執政の執政」として補佐をするんでしょう。世襲職になったということは、(王がそうであるように)実務者である以上に権威者であることの重要性が増大したことを意味しているように思います。執政が世襲になったのはペレンドゥア以後ですが、彼が執政を務めた末期王家は衰退が著しかったようですので、それを支える「権威」として執政家の比重が増大したのだと思われます。 -- 2015-02-04 (水) 19:26:30
    • 藤原摂関家みたいなものですよね。 -- 2015-02-07 (土) 08:46:13
    • インドのマラータ王国でも世襲宰相(ペーシュワー)という例がありますね -- 2018-10-20 (土) 18:11:04
  • 969年の時を経て王が帰還したのか・・ -- 2015-02-19 (木) 00:24:37
  • 徳川家 -- 2016-05-31 (火) 23:47:37
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 王の帰還』「ミナス・ティリス」 王の大広間に坐る執政デネソール二世の様子
*2 二つの塔』「西に開く窓」 ファラミアの回想する幼い頃のボロミアと父デネソールとの会話。なお最後のセンテンスの原文はIn Gondor ten thousand years would not sufficeであり、正しくは「一万年でも充分とはいえぬ」とでも訳すべきであろう
*3 終わらざりし物語』「キリオンとエオル、およびゴンドールとローハンの友情」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-20 (土) 18:11:04 (55d)