名前も持たぬ者たち

概要

カテゴリー種族
スペルnameless things

解説

モリアの地下深く、ドワーフが掘ったトンネルよりも更に深い場所にある「いやはての石の土台」付近に生息しているが、誰にも発見されていないため名前もつけられていない存在たち。
ガンダルフバルログと共にドゥリンの橋から転落したときに遭遇したようだが、ガンダルフも詳しく語らず、どのような存在かもはっきりしない。だが、元々マイアであったサウロンよりも年古いというガンダルフの発言が事実なら、アルダの創成期かそれ以前より存在していたことになる。

わしらは生ある者の大地からはるか下の方で闘った。そこでは時が数えられぬ。 … そしてついにあれは暗いトンネルの中に逃げ込んだ。これらのトンネルはドゥリン一族によって作られたものではないのじゃよ、グローインの息子ギムリよ。ドワーフたちの掘った最も深いトンネルのはるかはるか下には名前も持たぬ者たちがいて、この世界を侵食しておる。サウロンでさえかれらのことを知らぬ。かれらはサウロンよりも年古りておる。さてわしはそこを歩いて来た。じゃが昼間の光をも暗くするようなことは何も報告すまい。*1

映画『ロード・オブ・ザ・リング』では、描写はない。

ゲーム『指輪物語ロールプレイング』における設定

原作の描写に近い「Nameless Gnawers」と、それらを含めた広義の「Nameless creatures/World Eaters/Earth Eaters」が存在し、堕ちたアイヌア精霊?と想定されている。「名前を言ってはいけない存在」もおり、イラストや描写を拝見すると、例えばクトゥルフ神話の旧支配者に該当する存在が見られるなど、同神話体系の影響が強く見られる。「シャドウ・オブ・モルドール」シリーズに登場したグラウグと同一または類似すると思われる種族も、このカテゴリーに関係しているとされる。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

モリアの、石の土台(Foundations of Stone)のエリアに、多数の名前も持たぬ者(Nameless Thing)とされる異形の怪物が生息している。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • かのウンゴリアントのようにアルダ創造以前より虚空に存在した精霊だの何だのが中つ国の闇に住み着いたってクチか。水中の監視者もそうだが、『モルゴス由来でない闇の怪物』もカテゴリとしてはわりと存在しそうだ。 -- 2014-05-12 (月) 16:10:17
    • トム・ボンバディルと同類の可能性もある -- 2014-05-19 (月) 22:02:28
  • 闇でも光でもなく、“名前を持つ者たち”とは何の関わりも持たず、価値観も共有せず、ただ単に存在するのみ。…そんな連中がいるのも、生物多様性の観点からは望ましいのかも。 -- 2014-05-13 (火) 06:16:21
  • そういえばバルログはこの生き物の領域もよく知ってたみたいですよね。目覚めてから、暇にあかせて探索しまくったのかな。バルログ脳内マップがあったらぜひ欲しいところです。 -- 2014-05-13 (火) 20:31:20
    • バルログ:うちとここないだぐれたトム・ボンバディルきてなぁ・・ 名前も持たないものたち:あんさんとこもでっか? 名前を持たないもの:ワイのとこにも 名前を持てないものたち:わてらのとこも ・・・ -- 2014-05-13 (火) 20:46:23
  • 彼らが善の側よりもバルログら悪の側と親和性が高そうなのは、やはりエルの意思から離れた存在だからだろうか。そして彼らの存在はどうもガンダルフやバルログといった高位の存在を通してしか人間たちには知られない気がする。 -- 2015-01-06 (火) 21:45:09
  • サウロンもモルゴスも元はアイヌアと呼ばれる精霊で世界創造の時からいたのに、そいつらどんだけ昔から存在したんだよ。ウンゴリアントと同じでイル―ヴァタールより昔からいたのだろか -- 2015-05-18 (月) 22:15:11
    • ウンゴリがエルより昔からいたなんて記述あったっけ? -- 2015-05-18 (月) 22:47:06
  • 実は指輪物語執筆時、サウロンの正体はマイアではなくエルダー・エルフだと設定されていた時期があったようで、この「サウロンより年古りておる」との記述はその名残りである可能性がかなりあります。もし指輪物語がホビットのように改訂されていたとしたら削除されたかもしれない一節のひとつかと。 -- 2015-05-19 (火) 18:15:42
    • しかし仮定を憶測しても仕方ないのであえて本編の枠内で解釈するなら、この「サウロンより年古りておる」というのはあくまで「アルダで生きてきた時間がサウロンより長い」というだけの意味だと思われます。エアの外部は「時なき館」と呼ばれるように、時間はアルダの内部にしか存在しません。さらにマイアールはアルダに初めから居合わせたのではなく、アルダ建造が始まってしばらくしてからヴァラールに呼ばれてやって来たにすぎません。つまりこの「名前も持たぬ者たち」はアルダ黎明のごく初期に生まれた存在のため、マイアのサウロンよりアルダにいた歴史が長いのだと思われます。メルコールかヤヴァンナあたりが試作した生命の生き残りか、あるいはエント大鷲の時と類似した「精霊」(spirits)の働きがあったのかもしれません。 -- 2015-05-19 (火) 18:35:06
      • トム・ボンバディルと同じカテゴリーに入る可能性もあるね。 -- 2015-05-19 (火) 19:58:27
    • 自分もいろいろ目を通して来たつもりでしたが、サウロンがエルダー・エルフだと設定されていた時期があったのは知りませんでした。これは興味深いですね。 -- 2015-05-19 (火) 19:57:27
    • そもそもガンダルフの発言が絶対に正しいとは限らないわけで -- 2018-07-11 (水) 09:29:57
  • 自分は何故か、ウェルズの「タイムマシン」の終盤に出てきた、寿命の近づいた地球に蠢いている生物を思い出しました -- 2015-05-19 (火) 19:09:58
    • 後は、諸星大二郎の作品群に出てくる怪物達も -- 2015-05-19 (火) 19:12:27
  • 中国とギリシャの神話にあるような、世界が存在し始めた初期に底に溜まった澱のようなものから発生した神の力の及ばないものかと思ってた。 -- 2016-11-25 (金) 10:29:50
  • この部分小説読んだときに印象的だったから覚えてる -- 2019-05-15 (水) 23:46:18
  • このななしのいきものは、まだ地底にいるのです。たぶん。 -- 2019-05-17 (金) 19:11:24
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 二つの塔 上』「五 白の乗手」 ドゥリンの橋からバルログと共に落ちた後のガンダルフの体験談

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-17 (金) 19:11:24 (38d)