先ヌーメノール語

概要

カテゴリー言語
スペルPre-Númenórean
異訳前ヌーメノール語
その他の呼び名

解説

第二紀ヌーメノール人中つ国沿岸部への植民を始める以前から現地で話されていた人間の言葉の総称。これらの言語と入植してきたヌーメノール人のアドゥーナイクが混交し、共通語が生まれた。

単語一覧

第三紀においてもゴンドールやその周辺の地名・人名には、先ヌーメノール語に由来した語が残っていた。だがその意味は忘れ去られていた。

アドーン (Adorn)
シンダール語風に変えた名前とされる。
アルナハ (Arnach)
邦訳『指輪物語』での訳は「アルナッハ」。
ベル(Bel)
ベルファラス(Belfalas)の要素として現れる。シンダール語起源の先ヌーメノール語の名詞が由来とされる。
エイレナイア (Eilenaer)
エイレナハ (Eilenach)
上記のエイレナイアと関連がある名とされる。邦訳『指輪物語』での訳は「アイレナッハ」。
エレラス (Erelas)
シンダール語で「一枚の葉」と読めるが、適当な地名ではない。
エレヒ (Erech)
フォルロング (Forlong)
リンモン (Rimmon)
ウンバール (Umbar)
クウェンヤで「運命」の意のumbarとは関係がない。

コメント

コメントはありません。 Comments/先ヌーメノール語?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-08-23 (日) 15:35:15 (1339d)