ワーグ

概要

カテゴリー種族動物
スペルWarg(単) / Wargs(複)
異訳魔狼(ワーグ)*1、アクマイヌ*2

解説

ロヴァニオン(荒れ地の国)に生息する邪悪なのこと。鳴き声で互いに会話を行い、オークゴブリン)よりも鋭い嗅覚を持つ。霧ふり山脈のオークとは協同で略奪や戦闘を行う場合があり、その際にはオークを背中に乗せることもあった(狼乗り)。

ホビットの冒険』では親分オオカミ率いるワーグの群れがゴブリン町から逃亡するトーリンとその仲間オオカミ広場で遭遇し、ガンダルフから魔法の火の攻撃を受けたことで、以降はゴブリンと協力してトーリンの一行を付け狙った。
五軍の合戦でワーグはゴブリンの同盟者として参戦し、ゴブリンが戦闘で混乱に陥って三軍の攻撃から逃れようとすると、仲間である彼らに襲い掛かって死傷者を引き裂くという残酷さをみせた。合戦での敗北後、ワーグは森から姿を消した。

指輪物語』でのガンダルフのセリフによると、指輪戦争時のサウロンの配下の中には狼人と共にワーグも存在するという。第三紀3019年(大いなる年)の1月12日から13日にかけては、ワーグの群れが霧ふり山脈の西側に現れて指輪の仲間を襲撃したが、この群れは朝になるとあるはずの死体が消失しているといった超自然的な特徴を備えており、あるいは狼人のような悪霊であった可能性もある。

語源

ホビットの冒険』において、ワーグ(Wargs)の名は「荒地のくにのさかいからさきにいる、たちの悪いオオカミはこう呼ばれていました」*3と説明されている。

ホビット ゆきてかえりし物語』によると、トールキンは1966年に作家のジーン・ウルフへ宛てた手紙の中でwargの意味について以下のように説明している。

「オオカミを意味する古語で、無法者、犯罪者の意味でも使われました。現存するテクストでは、むしろあとのほうが普通の意味です。本書の悪魔のようなオオカミを呼ぶのにこの語を選んだのは、その意味を表すのに、いかにもそれらしい響きを持っているからです。」*4

またこの手紙ではwargは古英語のwearg、古高地ドイツ語のwarg、古ノルド語のvarg-rと説明されている。特にvargrは北欧神話に登場するフェンリル(Wikipedia:フェンリル)などの伝説上の狼に用いられる。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

ハイエナのような風貌の獣として登場するが、特に知能が高いという描写はない。『二つの塔』ではシャーク率いるオークのワーグ乗りがアイゼンガルド軍の斥候*5として登場する。『王の帰還』ではミナス・ティリスの攻囲戦の場面でゴスモグがワーグに乗っており、市内での戦いにも登場している。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるワーグ

グッズ

映画『ホビット』における設定

映画『ロード・オブ・ザ・リング』よりも狼らしい風貌で、やはり知能が高いという描写はない。アゾグ及びその配下のオークが乗っており、アゾグのワーグだけが白い。
原作と異なりワーグはあくまでオークが乗用する獣の扱いであり、五軍の合戦五軍のなかには、ワーグの代わりにグンダバドの軍勢が入っているものと思われる(別のオークはドル・グルドゥアの軍勢)。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

敵として登場するだけではなく、モンスタープレイにおいてユーザーが操作することが可能。
オークを背中に乗せて走ることはできないが、移動力が高い。姿を隠す能力と、その状態からの奇襲攻撃能力があり、成功すれば敵を失神状態にさせられる。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ホビット見てて思ったんですが下手な馬より速いですね。小回りも利くし知能も高い、旅のお供に一匹欲しいですね(素養がアレだけど)。 -- 2014-01-07 (火) 20:25:10
    • ワーグと友だちになりたい -- 2014-01-07 (火) 21:42:00
      • 今週は忙しくて駄目だけども、知り合いの一人を今度サンさんにたのんで紹介いたしますので時穴の入口で待ち合わせましょう。 -- 2017-02-22 (水) 23:42:40
  • コンビニの駐車場にワーグが留めてあるのを想像してしまった -- 2014-03-21 (金) 12:23:13
  • 躾が大変そうだ。いや、犬みたいな習性なのか知らないけど -- 2014-04-24 (木) 22:10:54
    • 別にオークの家畜じゃないからね。 利害が一致しているから組んでいるだけ。 -- 2015-03-04 (水) 13:20:58
      • ワーグの大便と水を混ぜて薬を作って愛用してそうだね。 -- 2015-03-04 (水) 13:46:04
      • 後にピピン、メリーに飲ませたのは、その薬かもね。 -- 2015-03-04 (水) 14:53:36
      • ワーグも気に入らなければ、オークに襲い掛かるみたいだし。 ワーグとオークが組んでいるのは、単に相手を利用して益を得ようという打算的な考えに過ぎないのかも。 -- 2015-03-29 (日) 17:47:18
      • オークもワーグを保身湯か犬焼酎にして食っているのかもね。 -- 2015-03-29 (日) 18:17:27
  • 野生のワーグは、背中にオークを載せて荒野を駆けまわってるワーグをどんな気持ちで見ているんだろう -- 2014-04-25 (金) 03:10:50
  • メイキングでワーグはオークに対して従順ではないと言ってますが、日本でも鎌倉時代の名馬の条件として、人間に噛み付いたり蹴ったりする荒馬、暴れ馬であることが第一条件であることから、そんな性格の動物に騎乗するのはおかしくはありません。むしろ完全に乗り手に従順なローハンの馬より独立心は強い気がします。 -- 2014-11-05 (水) 10:38:47
  • wargは古英語のwearg、古高ドイツ語のwarg、古ノルド語のvargrが元ネタらしい。『ホビットの冒険』では「荒地のくにのさかいから先にいる、たちの悪いオオカミはこう呼ばれていました」とあるから、北方の自由の民の言葉の「翻訳名」と考えた方が -- 2015-09-08 (火) 20:35:28
  • 死体はどんな風に消えるんだろう。①塵になって吹き散るか②ドロドロに溶ける③煙のように蒸発する④一瞬でパッと消える… -- 2015-11-07 (土) 12:34:36
  • ネコ科の動物は仮に乗せてくれたとしても、疾走時の乗り心地は最悪らしいが(全身をバネにするので、上下動が激しい)、イヌ科の場合はどうなんだろうか。 -- 2016-02-16 (火) 01:30:24
    • 忠吉さんに乗ったちよちゃんに訊いてみよう -- 2016-02-18 (木) 00:53:30
  • キチガイイヌでちょっと笑ってしまった -- 2017-01-05 (木) 17:51:29
  • ワーグの死体かなhttps://www.gizmodo.jp/2019/06/huge-shaggy-head.html -- 2019-06-24 (月) 09:10:25
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語』での異訳
*2 岩波書店版『ホビットの冒険』での訳。当初は「キチガイイヌ」と訳されたが、後に「アクマイヌ」に改訂された。
*3 ホビットの冒険』「一難去ってまた一難」 'for so the evil wolves over the Edge of the Wild were named'
*4 『新版 ホビット ゆきてかえりし物語』第6章註7。'It is an old word for wolf, which also had the sense of an outlaw or hunted criminal. This is its usual sense in surviving texts. I adopted the word, which had a good sound for the meaning, as a name for this particular brand of demonic wolf in the story.'
*5 原作のアイゼンガルド軍にもや狼乗りはいたが、ワーグであったとは述べられていない。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-24 (月) 09:10:26 (25d)