レゴラス

概要

カテゴリー人名
スペルLegolas
その他の呼び名緑葉(みどりば)のレゴラス(Legolas Greenleaf)
種族エルフシンダール
性別
生没年不明
スランドゥイル(父)

解説

名はシンダール語で「緑葉」の意。ガンダルフガラドリエルからは緑葉のレゴラスとも呼ばれる。闇の森北部にある森の王国の王スランドゥイルの息子。指輪の仲間の一人。

緑色と茶色の装いをして、弓矢と矢筒を身に帯び、腰のベルトには銀の握りがついた白く長い短剣をさしていた。
陽気で快活な性格であり、道中さしかかった地について、仲間達にエルフに伝わる伝承や歌物語を語って聞かせる場面が多い。戦闘では優秀な弓の使い手として活躍した。

指輪の仲間の一人として

エルロンドの会議スランドゥイルの使いとして参加し、闇の森で身柄を預かっていたゴクリオークの攻撃によって逃亡したことを伝えた。そのままエルロンドによってエルフを代表する指輪の仲間の一員に選ばれる。
当初、少なくとも霧ふり山脈を越えるまではフロドらと行動を共にすることが決まっていたが、それ以降は別れることもありえた。とはいえレゴラスは仲間達を見捨てることを潔しとしなかったため、進んで最後まで指輪の仲間とその任務に同行した。

エルフシンダール)とドワーフの間には珍しいことに、ロスローリエンに滞在して以降ギムリと強い友情をはぐくみ、始終彼と連れ立って行動するようになった。
指輪の仲間がロスローリエンを去る時には、ガラドリエルからガラズリムの弓と矢筒を贈られ、以降はそれを用いてサルン・ゲビア上空に飛来してきたナズグール乗騎を射ち落とすなどの勲を立てた。

パルス・ガレンで指輪の仲間が離散してからはアラゴルン二世に従い、ローハン平原の追跡行や角笛城の合戦死者の道の行軍やペレンノール野の合戦黒門の戦いなどに参加した。

指輪戦争後

旅の途中で立ち寄ったファンゴルンの森イシリアンに魅せられ、指輪戦争終結後には燦光洞とファンゴルンの森をギムリと共に訪ねながら国へ帰った。
後には闇の森の郎党の一部を連れてイシリアンに移住し、その地を美しく富ました*1

「緑葉なるレゴラスよ、そなたは長く木の下に喜びもて暮らしたりき。海に心せよ!
 岸辺にて鷗の啼くをきかば、そなたの心はその時より森に休らうことなかるべし。」*2

指輪戦争中にペラルギアに立ち寄ってカモメの鳴き声を耳にすると、トル・エレッセアへの憧れが、常にレゴラスをかき立てるようになった。エレスサール王が崩御すると、レゴラスはイシリアンで灰色の船を建造してアンドゥインを下り、自らの望みに従いアマンへと去っていった。その時にギムリを共に連れて行ったという。
レゴラスとギムリが去ったことで、中つ国において指輪の仲間は跡を絶った。

その他

上述のように恐るべき獣を射落としたり、多数の敵を討ち取る(角笛城の合戦では41)などの勲をあげたが、『終わらざりし物語』によるとトールキンは以下のような覚書きを残した。

サウロンを最終的に討ち滅ぼした際、エルフは軍事面では積極的に関与しなかった。レゴラスは九人の徒歩(かち)の者の中でおそらくもっとも(いさおし)が少なかった。*3

The Book of Lost Tales 2』によると、トゥムハラドの合戦を戦い、ゴンドリンから脱出する一行を導いたエルフの一人に、レゴラスの名がある。だが本項目のレゴラスと同一人物である可能性は低い。
また同書によると、トールキンはレゴラスが一般的な妖精のイメージに基づく可愛らしい(pretty)、または女性らしい(ladylike)イメージで描かれることに対し、以下の怒りを含んだ批評(a wrathful comment)を残した。

彼は若木のように丈高く、しなやかで、非常に強く、大きな戦弓を素早く引いてナズグールを射落とすことができ、それはエルフの体の膨大な活力の賜物だった。エルフの体は丈夫で耐性があり、彼は軽い靴だけで岩の上や雪の中を行き、仲間の中で最も疲れ知らずだった。*4

画像

ジョン・ハウ作画によるレゴラスとギムリ ジョン・ハウ作画によるレゴラス

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

ギムリとの友情、合戦での首級の競い合いなど、原作『指輪物語』にあったエピソードの一部が踏襲されているが、歌を歌うことはなく、冗談を言ったり感情を示したりすることもあまりない、原作よりも冷淡に見えるキャラクターとなっている。また『王の帰還』のエクステンデッド・エディションでは(父スランドゥイルの描写にならってか)酒に強いという映画独自の描写がなされた。
弓の他、二本の短剣を操って戦う。矢を撃ち尽くす描写がないが、原作通り戦闘が終わるごとに使えそうな矢を回収しているという設定で、戦闘終了後の矢筒にはオークの矢もあるのが確認できる。ペレンノール野の合戦ではたった一人でムーマクとそれに乗ったハラドリム達を倒してしまうなど、アクションでは凄まじい活躍を見せた。

原作では年齢に関する具体的な記述はないが*5、映画設定では2931歳*6。だとすると生年は第三紀の初めで、エルロンドの息子たちよりも少し年上。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるレゴラス

グッズ

映画『ホビット』における設定

俳優オーランド・ブルーム
日本語吹き替え平川大輔

原作『ホビットの冒険』には登場しておらず、エルフ王(スランドゥイル)に息子がいるということも言及されていないが、映画には登場。
『竜に奪われた王国』で登場し、闇の森蜘蛛と戦い、また道に迷って蜘蛛に襲われていたトーリンの一行を捕らえる。この時、ドワーフに対して強い侮蔑を示している。
トーリンからオルクリストを取り上げた後、エスガロスボルグと戦う時などに、そのまま自分で使っているのが確認できる。

闇の森の王国を襲撃して去って行ったオークを放置できないというタウリエルに説得された形で、スランドゥイルの意に反し、タウリエルと共に湖の町エスガロスまでオークを追跡。そこでボルグらと交戦する。

『決戦のゆくえ』では更に強くタウリエルに感化されたらしく、スランドゥイルからの帰還命令に反し、追放処分を受けたタウリエルを連れてボルグらの出身地であるグンダバドの偵察に向かう。そのグンダバドから、オークの新手が向かってきているという知らせを持ってエレボールまで戻る。この時ガンダルフのことをミスランディアと呼んでおり、ガンダルフとは(スランドゥイルと同じく)以前から面識があったようである。
五軍の合戦では弓矢を使って多数のオークを仕留めるが、矢が切れてしまったため、トーリンを襲おうとしていたオークにオルクリストを投げつけて彼を助けた。その後短剣を使って再びボルグと戦い、彼を仕留めた。
五軍の合戦終結後は孤立主義を取るスランドゥイルと決別し、旅に出ることにする。この時スランドゥイルに、北方のドゥーネダインストライダー(馳夫)を捜すように勧められている*7

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるレゴラス

グッズ

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるレゴラス Character_Legolas_1280.jpg

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • でも映画レゴラスが無双したおかげで、エルフの武勇と美しさが現実世界に轟いたのは間違いない -- 2017-07-13 (木) 20:06:18
  • ホビットで矢が切れる描写があったのは良かった レゴラス何本矢持ってんねんと思っていたから -- 2017-07-26 (水) 13:54:21
  • タウリエルがぽっと出のドワーフに惚れても腐らずになんだかんだドワーフも助けてくれたイケメン -- 2017-08-19 (土) 15:55:23
  • 緑場のレゴラスというのは木の髭のファンゴルンと同じく完全に冗語 サハラ砂漠よろしくシンダール語話者からは突っ込みたい呼び名だろう -- 2017-08-19 (土) 20:42:29
  • レゴラスは映画設定で、裂け谷双子よりも少し年上の第三紀初頭生まれ。エルフが50年程で成人すると仮定し、レゴラスの母親がアングマールの戦い(第三紀1300年あたりでしょうか?)で亡くなっているとしたら、もうこの頃にはレゴラスも大人になっているので、母親の事、覚えていると思うのですが…。墓もなく、記憶もないと言っていたのは、すこし違和感が…。 -- 2017-09-13 (水) 22:54:49
  • レゴラスがギムリとともにアマンに旅立ったとき、もうほとんどエルフは残っていなかったんだろうか。強烈な個性をお持ちの父君は第四紀も暮していたってここのwikiで記述あったけど…。レゴラスが旅立ったのも第四紀だし、前後して向かったのかなあ。 -- 2018-10-31 (水) 11:29:00
  • オーランドをレゴラス役に抜擢したスタッフは神だと思う。 -- 2019-02-07 (木) 00:05:42
  • みんな最後には去っていく -- 2019-04-07 (日) 21:04:31
  • レゴラスとオークの戦闘シーン、美形と不細工が交互に映ることにより目がチカチカしたなぁ -- 2019-05-11 (土) 22:21:12
  • "もっとも勲が少なかった。"というのは、倒した敵が雑魚兵ばっかり数だけ多いという事かもしれない。それならアラゴルンやガンダルフよりも、もっと言えばピピンやメリーより勲が少ないと言うのも合点がいく。 -- 2019-05-11 (土) 23:27:48
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 ペレンノール野の合戦後、ギムリミナス・ティリスを散策した時には「ここにはもっと庭が必要だ。」「(アラゴルンが戴冠したら)闇の森の国人に歌う鳥と枯れ朽ちることのない木々をかれのところに持って来させよう。」と語っているため、レゴラスとその同胞らの手によってミナス・ティリスも美しくされたものと思われる。
*2 指輪物語 二つの塔 上』「五 白の乗手」ガンダルフが伝えた、ガラドリエルからレゴラスへ送られた言葉。
*3 終わらざりし物語 下』「第四部II イスタリ」
*4 項目編集者訳。以下原文。'He was tall as a young tree, lithe, immensely strong, able swiftly to draw a great war-bow and shoot down a Nazgûl, endowed with the tremendous vitality of Elvish bodies, so hard and resistant to hurt that he went only in light shoes over rock or through snow, the most tireless of all the Fellowship.'
*5 ただしアラゴルンやギムリよりもかなり年上であることだけは数カ所で示唆されている。
*6 ロード・オブ・ザ・リング 公式ガイドブックより
*7 ロード・オブ・ザ・リング』のエルロンドの会議で、ボロミアアラゴルンのことを疑いの目で見たとき、レゴラスがアラゴルンの身元を明かして、彼を弁護するシーンに繋がるようにされている。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-11 (土) 23:27:49 (68d)