ルダウア

概要

カテゴリー地名
スペルRhudaur
異訳ルーダウア

解説

シンダール語で「東の森」の意と思われる。三国に分裂したアルノールのうち、北東の国。
国土は、西は風見丘陵、北はエテン高地、東は霧ふり山脈、南は東街道に囲まれた土地で、これにミスエイセル(にびしろ川)ブルイネン(鳴神川)の間の三角地も含んだ。

イシルドゥアの血統はほどなく絶えてしまい、ドゥーネダインの数も少なかったため、やがて山岳人のある邪悪な領主に実権を握られた。その後ルダウアはアングマールと結託して属国と化し、アルセダインおよびカルドランを攻撃するようになった。第三紀1409年にアングマールの大軍が旧アルノール諸国を攻撃すると、ルダウアはアングマールに臣従する邪悪な人間たちに占領され、国内に残っていたドゥーネダインは殺されるか西へ逃亡した。
その後は歴史に登場せず、アングマールに飲み込まれて消滅したものと思われる。

指輪物語』作中で、アラゴルン二世に導かれたフロド達一行は裂け谷を目指す道中、トロルの森の近辺でルダウアの廃墟を目にしている。

進むにつれ、まわりの山々はだんだん高くなってきました。山の高みや尾根のあちこちに、昔の石の城壁や、塔の名残がちらちらと目につきましたが、それらは不気味な感じでした。 …
「この土地にはだれも住んでいない。昔ここには人間が住んでいた。遠い昔のことだ。しかしもう今ではだれもいない。伝説の伝えるところによると、かれらは悪しき民となったということだ。なぜならかれらは屈服してアングマールの影の下にはいったからだ。しかし、北方王国に終わりをもたらした戦いで、すべてのものが滅び去った。だが、これはもうずいぶん昔の話だから、この山々ももうかれらのことは忘れてしまっている。もっともこの土地にはいまだに影が横たわってはいるが。」*1

映画『ホビット』における設定

日本語版での字幕表記や吹き替え発音は「ルーダウア」。
原作『ホビットの冒険』には全く言及されないが、登場。『指輪物語』等も含む原作にはない映画独自の設定として、この地の塚にアングマール魔王ナズグールの遺体が葬られ、呪文によって封印されたことになっている。
『竜に奪われた王国』ではガンダルフラダガストと共に、ナズグールの塚に行き、塚が内側から破られ、空になっているのを確認した。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 旧アルノール時代の領土東端よりさらに北や東までルダウア領が拡がっていることから、山岳人と結んで拡がったように思えます。 -- 2009-10-01 (木) 16:16:54
    • 三国志でいうところの蜀かな?まあ、どうでもいいが・・・ -- 2012-04-14 (土) 04:41:04
    • ドゥネダインが少ないにも拘らず国土を広げた結果、多数派となった山岳人に乗っ取られたのでしょうね。 -- 2012-04-19 (木) 21:33:36
    • 始めから人口が少なかったから、彼等を受け入れたら、母屋を乗っ取られたのでしょう。 -- 2019-01-11 (金) 16:57:12
      • 人口が少なかったのもあるけど、アルノール版の黒きヌメノール人みたく易々と堕落したドゥーネダインも多そう。避難場所に最適な裂け谷に近いというのに、塚山丘陵に依ったカルドラン残党のような根性を見せた形跡がまるでないからね。 -- 2019-01-11 (金) 19:04:40
  • なぜか知らんが、凄い気に入ってる国。ダメダメでヘタレな所も好き。昔どこかで、確かここの首都名が「カメス=ブリン」と聞いたが都市名まで田舎臭くてまたそこも良い。 -- 2018-11-30 (金) 12:30:05
  • 記事内にもあるけど、アラゴルンのこの地に対する苦々しく吐き捨てるような、かつ隙の一切ない罵倒批判ぐうすこ。 -- 2019-01-08 (火) 11:15:52
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 旅の仲間』「浅瀬への逃走」 アラゴルン二世の言葉。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-11 (金) 19:04:40 (101d)