リンドン

概要

カテゴリー地名
スペルLindon
その他の呼び名楽の音の国(the land of music)、オッシリアンド(Ossiriand)

解説

シンダール語で「楽の音の国」の意。エレド・ルイン(青の山脈)の西にある土地。

第一紀のリンドン

中つ国に帰還したノルドールによって、オッシリアンドがこの名で呼ばれた。この地に住んでいた緑のエルフたちの歌声が、ゲリオン川の向こうからさえ聞かれたことに由来する。

第二紀以降のリンドン

ルーン川の先には緑なす静穏の地、エルフの国があり、そこには人間はだれ一人行かなかった。*1

怒りの戦いで崩壊したベレリアンドのうち、青の山脈の西に唯一残った、元のオッシリアンドの一部がリンドンと呼ばれた。リンドンはルーン湾によって南北に分断され、北はフォルリンドン、南はハルリンドンと呼ばれた。
この地にはベレリアンドの崩壊を逃れたエルダールが住んでいた。主にテレリエルフだが、上のエルフノルドール)も少なからずいた。中心的な都市はルーン湾の灰色港であり、同湾にはその他にフォルロンドハルロンドの港があった。

第二紀にはギル=ガラドがリンドンの王であり、キーアダンエルロンドと共にこの地のエルダールを統治していた。リンドンのエルフは、エレギオンを滅ぼしたサウロンの脅威に抵抗を続け、最後の同盟の戦いにも参戦した。
第三紀にはキーアダンがその領主となった(エルロンドがイムラドリスに移り、ギル=ガラドが最後の同盟の戦いで戦死したため)。アングマール魔王を敵とするエリアドールでの戦いでは、リンドンのエルフは幾度かアルセダインに援軍を送り、フォルンオストの合戦では上陸したゴンドール海軍と共に進軍してアングマールを滅ぼした。

とはいえリンドンのエルフは次第にアマンへ船出していき、第四紀に残っている者はほとんどいなかったという。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 第二紀には、ギル=ガラドがフォルリンドンを、キアダンがハルリンドンを統治していた。 -- ホビット 2009-01-02 (金) 20:03:04
  • ミンドンと間違えそう -- 2014-06-05 (木) 17:43:55
    • ミンドン・エルダリエヴァール -- 2014-06-05 (木) 17:44:59
  • リンドンって響きそのものが楽器みたい -- 2014-06-05 (木) 18:15:08
  • 元ネタはロンドン? -- 2014-06-10 (火) 23:26:52
  • ナルニア国ものがたりの一の王ピーターの佩剣がリンドンの剣 作中では由来が語られないのでいろいろ妄想してみたり -- 2015-07-18 (土) 16:05:15
    • この地名はLindon、ナルニアの剣はRhindon……ちょっと微妙かもしれません -- 2018-02-23 (金) 23:04:11
  • 二次創作でもいいから深く掘り下げてもらいたいね。 -- 2018-03-19 (月) 13:16:13
    • エルフに残された最後の聖地だったのかも -- 2018-05-04 (金) 09:26:33
    • エルフに残された最後の聖地だったのかも -- 2018-05-04 (金) 09:26:33
  • 擬音みたいな響きは意識して付けられたのかな? -- 2018-05-04 (金) 17:45:29
    • リン=楽の音/歌、ドン=国 -- 2018-05-14 (月) 13:45:26
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 追補編』「エリアドール、アルノール、そしてイシルドゥアの後継者たち」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-14 (月) 13:45:26 (188d)