ラライス

概要

カテゴリー人名
スペルLalaith
その他の呼び名ウアウェン(Urwen)
種族人間エダイン
性別
生没年第一紀(466)~†(469)
フーリン(父)、モルウェン(母)
兄弟トゥーリン(兄)、ニエノール(妹)
配偶者なし
なし

解説

名はシンダール語で「笑い(Laughter)」の意。フーリンモルウェンの長女で、トゥーリンの2歳下の妹。
本来の名はウアウェンであるが、非常に愛らしく、彼女の笑い声はフーリンの屋敷の近くを流れるネン・ラライスのせせらぎのようであったことからラライスと呼ばれていた。
フーリンからはエルフの子供のようだと言われ、トゥーリンは誰よりも彼女を慈しんでいたが、3歳の時に悪しき吐息で病死し、家族を大いに悲しませた。

終わらざりし物語』によると、トゥーリンは全ての女性にラライスの面影を求めたという。

「おお、美しきニエノール! ならばかの女はドリアスからへ、竜からわたしのところへと走ったのだ。運命の恩寵の何と甘美なことよ! 木の実のように茶色で、髪は黒、エルフの子のように小柄できゃしゃで、誰がかの女を見間違えようか!」*1

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • この子の死がトゥーリンの心に大きな影を落としたのだろう -- 2016-08-27 (土) 00:45:45
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 終わらざりし物語』「ナルン・イ・ヒーン・フーリンマブルングからニエノールのことを聞き、事の真相に気付いて錯乱したトゥーリンの言葉。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-27 (土) 00:45:45 (844d)