モルドール

概要

カテゴリー地名
スペルMordor
その他の呼び名黒の国、暗黒の国(Black Land)
影の国(Land of Shadow)
名をいうをはばかるかの国(Nameless Land)

解説

シンダール語で「黒の国」の意。冥王サウロンの王国。この国の心臓部である滅びの山の火を用いて一つの指輪は作られた。
サウロンはこの地の大城砦バラド=ドゥーアを本拠とし、国土と軍勢はサウロンの意志によって支配されている。

地理

視野に現われた土地は荒々しく無情で仮借のないものでした。 … 牙なす岩が突兀と連なって山際はぎざぎざのいりくみを見せ、背後から照らされる赤い光に黒々ときわだっていました。 … この尾根のずっと向こう、しかしほとんど真っ直前方に当たって、小さな火の点在する広大な湖のような暗闇のさきに、真っ赤に燃えるものがありました。そしてそこから渦巻く煙が途方もなく太い条となって幾条も立ち昇って、煙のもとの方は黒ずんだ赤色で、上の方は黒く、この呪われた地一帯をおおう波立つ天蓋に吸い込まれていました。*1

エレド・リスイ山脈の南、エフェル・ドゥーアス山脈の東にある、ふたつの山脈に囲まれた難攻の地。北の入り口であるキリス・ゴルゴルには黒門歯の塔が、西の入り口にあたるモルグル谷にはミナス・モルグルが、そこから分かれたキリス・ウンゴルにはシェロブの洞窟に加えてキリス・ウンゴルの塔があるなど、すべての道は徹底して監視され防衛されており、忍び込むのも抜け出るのも容易ではない。

北西部のゴルゴロス高原の中央部に滅びの山が聳え、その東の方向にサウロンの城砦であるバラド=ドゥーアが建っている。
滅びの山の活動時、国土は絶えずその噴煙に覆われるため昼でも薄暗い。

北部には鉱山や鍛冶場、軍勢の野営地が存在する。軍勢が移動するための道路網も整備されており、道路沿いには砦がいくつも設置されている。エフェル・ドゥーアスとモルガイの間の谷間にもそうした道路の一つがあり、その北端にはドゥアサングの砦がある。エフェル・ドゥーアスとエレド・リスイが北で合流するところにウドゥンの盆地があり、その南側の出口はアイゼン口となっている(北側の出口が黒門である)。
一方で南部のヌアネン湖付近には大規模な奴隷農場があり、そこで生産される食糧で軍隊を養っている。

東のリューンや南のハラドにある隷属国とは大街道によって繋がっており、それらの国々からもたらされる多量の貢物と奴隷によっても国力が維持されている。

地名

歴史

「モルドールの名は、いくらホビットといえども耳にしたことはあるじゃろう。昔話の辺境にうずくまる影のごとき存在じゃ。敗北とそれに続く小休止の後、影は必ず別の形をとって、ふたたび勢いを盛り返すものよ。」*2

第二紀中つ国で活動を再開したサウロンは、1000年頃にオロドルイン(滅びの山)があるこの地を拠点に選び、その火を妖術や鍛造に利用すると共にバラド=ドゥーアの築城を始める。1600年頃にサウロンはオロドルインの火で一つの指輪を鍛え上げ、バラド=ドゥーアを完成させた。
1693年から1701年まで続いた力の指輪を巡る戦いでは、サウロンの軍勢はエリアドールへ侵攻したものの、ギル=ガラドヌーメノールの反撃で敗退する。するとサウロンはモルドールに戻り、東方南方に勢力を伸ばして暗黒時代をもたらした。

3261年にアル=ファラゾーンウンバールに上陸すると、3262年にサウロンは降伏してヌーメノールへと連れ去られる。その間モルドールは放置されていたが、3319年にヌーメノールが海底に没するとサウロンはこの地に帰還し、再び滅びの山を噴火させた。
戦力を再建したサウロンは3429年にゴンドールに戦いを仕掛けたが、翌年締結された最後の同盟によってモルドールは攻撃を受ける。3434年のダゴルラドの戦いでサウロンの軍勢は敗北し、バラド=ドゥーアは3441年まで包囲された。滅びの山の裾野で行われた最後の戦いにおいてサウロンは斃された。
しかし一つの指輪が破壊されずサウロンの力は完全には消滅しなかったため、バラド=ドゥーアは破壊することができず、廃墟のまま残された。

第三紀になると、モルドールはゴンドールの監視下に置かれる。国境には歯の塔キリス・ウンゴルの塔ドゥアサングといった砦が築かれ、悪しき者が戻ってくることがないよう封鎖された。
そのため復活したサウロンは闇の森ドル・グルドゥアに潜んで好機を伺い、悪疫や戦乱を引き起こしてゴンドールの国力が衰微するよう仕向けた。そのため1640年頃には監視がおそろかになり、やがて悪しき者達が再び密かにこの地に戻ってくるようになる。
1980年にはナズグールがこの地に集結し、2000年から2002年にかけてミナス・イシルを包囲攻撃した。陥落したミナス・イシルはミナス・モルグルへと作り変えられた。
2475年からはウルク族がたびたびモルドールから現れ、イシリアンを襲撃した。
そのうち国境にあった砦もすべてモルドールが奪い取り、モルドールを防衛するために、あるいは国内の奴隷が逃亡するのを防ぐために用いられるようになった。

2942年、かねてから手筈を整えていたサウロンが遂にドル・グルドゥアを放棄して、密かにモルドールへ帰還する。2951年に彼は公然と名乗りを上げ、全ての悪しき者達をモルドールに集結させるとともにバラド=ドゥーアの再建を始める。2954年には滅びの山が再び噴火した。
以後、モルドールの影は着々と中つ国に広がっていったが、ゴンドールの働きによってその力が公然と大河の西側に及ぶことはかろうじて阻まれた。

指輪戦争において、サウロンはモルドールおよびそれに隷属する東方南方の軍勢を動員して、西方諸国へ一斉攻撃を仕掛けた。だが一つの指輪が破壊されたことでサウロンの力は完全に滅び、その軍勢は総崩れとなり、バラド=ドゥーアは崩壊した。
ゴンドールのエレスサール王はモルドールの奴隷を解放し、ヌアネン湖付近の土地をかれらに与えた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • モルドールMordorっていう名前はMurderと関係があるんですか? -- 2011-05-10 (火) 19:39:01
    • 暗黒の国モルドールに殺人のイメージは合わない気もします。ただ、悪のイメージは大いに共通していますね。少なくとも、英語を母語とした言語学者、トールキンが語の類似性に気がつかなかったはずはないと思います。 -- 2011-05-20 (金) 18:11:05
      • アシモフの黒後家蜘蛛ですねわかります -- 2014-06-21 (土) 00:07:26
  • Google Mapで出発地点をThe Shire, 目的地をMordorとしてクリックすると、One does not simply walk into Mordor.というエルロンドの会議のボロミアのセリフが現れる、というEaster Eggがあるそうだ。ただ自分も試してみたが、日本語版になってしまい、うまくいかなかった。こちらのサイトを参照してみてほしい。http://techland.time.com/2011/12/21/google-maps-easter-egg-one-does-not-simply-walk-into-mordor/ -- 2011-12-22 (木) 23:50:16
  • 奴隷が生きられる所には見えない -- 2012-04-03 (火) 13:36:06
  • モルドールとは、アンドロメダ銀河だったりして -- 2013-05-31 (金) 18:48:59
  • スネーク大佐が潜入したら… -- 2015-06-01 (月) 23:12:02
    • オーク「見たことがない紙製の箱が置いてある・・・」 -- 2016-06-11 (土) 01:28:44
      • 黒ウルク「なんか見るたびに位置が少しずつ変わってるような・・・」 -- 2016-06-11 (土) 08:56:53
  • 2chで「モルドールって結構ホワイトな職場じゃね?」というスレッドが立った事があったのですがどうなんでしょう -- 2016-08-01 (月) 01:51:00
    • 理由は、上司をぶっ殺して自由に出世できるから。だそうです… -- 2016-08-01 (月) 01:54:01
    • そんな事が可能な国だとは一切描写されてませんけどね。オークがナズグルなどに対抗不能なのは明らかですし、作中の描写からは堅固な指揮連絡系統や過酷な報復体制などが垣間見えて、とても下克上が成立するような雰囲気ではありません。 -- 2016-08-01 (月) 04:39:34
      • 単に冥王以外は使い捨てで取るに足らない下僕なだけで、死のうが生きようが知ったこっちゃない。中級指揮官が死んでも適当な代わりを宛がうだけで、自然と倒した奴が強いからそのまま横滑りしてるのが自由な出世に繋がってるだけでは?ぶっちゃけ、サウロンと直接関係すること以外は成り行き任せな気がする。ナズグルのは指輪の虜だし、元々指揮系統から外れた上位では? -- 2017-08-23 (水) 12:53:57
      • ↑推測するなら作中の描写に基づいてしてください。作中の描写から、オーク達にはそれぞれ番号(ID)が割り振られており、命令違反などがあれば番号を通報されて処罰されるなど、かなりシステマチックに末端まで管理統制されていることが伺えます。また、オークが下克上で出世するような様子は一切ありません。むしろオークは命令に従わない者を「謀反人」と呼んで忌み嫌う性質をしており、また同族がやられたら強い復讐心を抱いて執拗に報復を試みるなど、下克上を容認するようなメンタリティの種族だとは到底思えません。さらに言えば、モルドールには冥王とナズグールと雑兵オークだけがいるのではありません、直接登場はしないものの現場担当より上位の「上層部」の指揮官たちが存在することが随所で言及されています。上層部の種族は不明ですが(上位のオークか、人間の魔術師などである可能性が高い)、彼らは兵員達に対してかなり強い権限を行使することができ、オーク達も上層部を恐れているのが伺えます。まるでモルドール(とオーク)を無法地帯であるかのように見なすのは、事実に基づいた理解ではありません。モルドールは非常に強固で過酷な統制国家です。 -- 2017-08-23 (水) 18:05:44
  • MDR48総選挙 -- 2016-08-26 (金) 02:58:36
  • 修羅の国って訳はどうか? -- 2016-10-18 (火) 02:26:37
  • 火山が噴煙を上げてるところを見ると暑そうなイメージだけど、日光が遮られてる辺り寒いんだろうか? -- 2017-04-01 (土) 03:02:05
  • 今は多分黒海の底だろうな -- 2017-07-07 (金) 23:42:20
    • 黒の国だけにどこまでも黒と縁があるな -- 2017-07-08 (土) 19:56:17
    • 実際、海底は酸素欠乏の死の世界だそうだし -- 2018-01-04 (木) 12:02:07
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 王の帰還』「キリス・ウンゴルの塔」
*2 『旅の仲間』「過去の影」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-01 (日) 18:49:07 (143d)