モルディリス

概要

カテゴリー人名
スペルMordirith
異訳
その他の呼び名アングマールの執政官(Steward of Angmar)、偽りの王(False King)
種族人間
性別
生没年第三紀3019
兄弟
配偶者なし
なし

解説

ゲームロード・オブ・ザ・リングス オンライン』に登場するキャラクター。エピッククエスト『Volume I. Shadows of Angmar』の重要人物。
モルディリスは、魔王が不在となっているカルン・ドゥームの主として登場。彼はアングマールに潜入した野伏ゴロディア?を捕らえ、彼にパランティーアを見せつけ、更に彼の目の前で、ゴロディアの娘ロルニエル(Lorniel)を殺すことによって、ゴロディアを絶望させた。

冒険者によってゴロディアが救出され、さらに彼の武具が取り戻されて、ゴロディアの剣が「西方の復讐者」を意味するドゥナシャール(Dúnachar)としてエルロンドたち裂け谷エルフに鍛え直されると、ゴロディアは望みを取り戻す。ゴロディアは冒険者達と共にモルディリスと戦い、ドゥナシャールを突き刺された。モルディリスはドゥナシャールの破片を体内に残したまま姿を消す。

だがその後、モルディリスは魔王のもとで再び姿を取り、恐るべき獣の背に乗って、再びエリアドールに姿を現す。モルディリスは、配下のモルドランボール(Mordrambor)を使ってアマルシエルからナルクイルを奪わせ、アングマールに戻る。

その後、アマルシエルはナルメレスとしての自分を取り戻し、冒険者と共にモルディリスと戦う。モルディリスは、ナルメレスによって再びドゥナシャールを突き刺され、消滅した。

だがその後、ペレンノール野の合戦にてゴスモグとして再び姿を現す。

モルディリスの正体

ナルメレスの父ライルダンによると、モルディリスの正体は、ゴンドール最期の王エアルヌアである。エアルヌアはモルドールで行方不明となった時魔王に捕らえられ、拷問と洗脳を受けるうちに、魔王の配下になってしまった。
モルディリスとゴロディアの戦いの時に、そのことを示唆するモルディリスのセリフがある。また、ゴロディアの盾の代わりにアングマールで発見されたゴンドール産の盾は、エアルヌアの盾であったと思われる。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 単騎玉砕した王が、洗脳されていたなんて後付けは要らない‥‥。正直、どうかなと思ってしまう。 -- 2012-10-11 (木) 23:39:45
  • モルグルの刃で刺殺されて下級の幽鬼に成り果てたとか? -- 2012-11-04 (日) 22:15:42
    • もしエアルヌアが言い伝え通りにナズグルより責苦を受けたのであれば、むしろ幽鬼になっていない方が不思議な気がします。まあそれを実際に登場させることの是非はありますが。 -- 2012-11-04 (日) 22:31:52
      • 幽鬼になるには力の指輪が必要でしょう。むしろサウロンの口に近い状態のような気がします。サウロンの口は元が邪悪だったとは言え、人間なのに異常な長寿ですし -- 2012-11-06 (火) 05:54:07
      • 力の指輪がなくても、モルグルの武器でやられた人間はナズグルに付き従う「下級の幽鬼」になります。 -- 2012-11-06 (火) 22:10:32
      • 塚人も、下級の幽鬼に近い存在なんだろうか? -- 2012-11-06 (火) 23:35:30
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2012-11-06 (火) 23:35:30 (2231d)