モルグルの刃

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルMorgul-knife

解説

第三紀3018年(大いなる年)10月6日、風見が丘黒の乗手魔王フロド・バギンズを刺した細身の長い短剣。
フロドの中にその破片が入り込み、心臓へと這い進み続け、彼を幽鬼の世界へ引き込もうとしていた。しかし破片はエルロンドによって取り除かれ、フロドは癒された。

魔王はこれでフロドの心臓を突こうとしたものの、フロドが抵抗したために切っ先が逸れて左肩に刺さる。刺されたフロドはまるで毒ある氷の投げ矢が突き刺さったような痛みを感じ、冷たさが傷口から次第に腕や体に広がっていった。それと共に彼は幽界へ引き寄せられ、一つの指輪をはめていなくてもナズグールの真の姿が見え、その呼び声が聞こえるようになっていく。
ガンダルフらによるとこの武器は必殺のもので、もう少し助けが遅ければ、あるいはホビットの頑強さが無ければ、フロドはナズグールと同類の、より力の劣る幽鬼と化していたという。

短剣自体は、フロドが刺された直後に地面に落ちているのをアラゴルン二世が発見したが、日の出とともに柄だけを残して刃は煙のように消え去ってしまった。この柄はアラゴルンが裂け谷まで持って行っている。道中でそれを調べたグロールフィンデルによると、普通の者の目には見えないが悪しきことが書かれているという(具体的に何なのかは言及されていない)。
アラゴルンはアセラスによってフロドの治療を試みたが、その薬効をもってしても傷の進行を遅らせることしかできなかった。そのため一行はアラゴルン以上の癒しの力を持つエルロンドに救いを求めるため、裂け谷へ急ぐこととなる。

しかし回復した後も、ガンダルフの目にはフロドの左腕がわずかに透き通っているのが認められ、傷の影響から完全に自由になることはないだろうと見て取っている。

「やっぱりこれは当然のこと、」ガンダルフは心にいいました。「かれはまだ半分も癒っていない。しまいにはどういうことになるのか、エルロンドにさえ予知ができない。しかしまがまがしいことにはなるまい。かれは見える目を持つ者には、澄んだ光をたたえた杯とも見えるようなものになるかもしれぬ。」*1

この傷は一つの指輪が破壊され指輪戦争が終結した後もフロドを苦しめ、負傷した日である10月6日になるごとに彼は病んで臥せるようになった。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

ほぼ原作通りの経緯を辿るが、刃は朝を待たずにすぐに消滅する。

映画『ホビット』における設定

原作には無い独自の展開として、ラダガストによって、ドル・グルドゥアからモルグルの刃(Morgul blade)が回収され、ガンダルフに手渡されて、裂け谷での白の会議で提出される。そのため、アングマールの魔王が復活したのではないかと疑われたが、特にサルマンは懐疑的だった。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

この短剣に刺された者はカルグル(Cargûl)という下級の幽鬼になるという独自の設定がなされている。カルグルは黒の乗手に似ているが、黒ではなく赤い装束に身を包んでいる。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • もし、エルロンドがかけらを取り出してくれなければ、今頃フロドは幽鬼の世界に入っていたんだろうね。でも、実際モルグルの刃のせいで幽鬼になった人なんているかな? -- かごめ
  • LotRオンラインだと野伏のアムディアがカルグルになるね。後はカルン・ドゥームにカルグルが結構いるし、モルディリスもそうなんじゃないかな?アマルシエルはどうなんだろう -- 髭 2009-07-10 (金) 11:14:10
  • 映画では長剣でしたね。 -- 2012-02-13 (月) 00:35:40
    • いや、映画でも短剣だったはず。アラゴルンが拾い上げるシーンでは短剣だったから。 -- 2012-02-13 (月) 10:09:03
  • 映画内でラダガストが拾った剣と、のちにフロドを刺した剣は同一のものなのだろうか。それとも思念体のようなものか。アラゴルンが拾った後風化したのは後者だからか。 -- 2012-12-23 (日) 17:34:42
  • 映画ではけっきょく魔王の手に戻らなかったようだ。EE版に期待か? -- 2014-12-15 (月) 00:54:09
  • EEの音声解説で、白の会議のあとガンダルフが持ち出して、サウロンに捕えられたときに奪い返されたと言及されたね -- 2016-01-28 (木) 14:05:43
  • 映画キーリが食らっていたモルグルの矢とはどういうものだろう?もし生き延びていたら、彼も後遺症に苦しんだのだろうか。 -- 2017-06-14 (水) 23:00:15
    • あれは単なる毒矢じゃ? -- 2017-06-15 (木) 02:30:47
  • ロード·オブ·ザ·リングにおける設定で[指輪戦争後もフロドを苦しめたことは明確には描写されていない。]とありますが、ちゃんと描写されていますよ指輪戦争が終わりホビットの里に帰り西境の赤表紙本を執筆している時フロドはモルグルの刃の傷跡を抑えて苦しそうな顔をしながらサムに未だにうずくとような事を言っていました -- 2017-06-15 (木) 08:36:33
  • あれ!?日の出とともに刃は消えたとあるけどホビットではラダガストが拾ってから裂け谷でガラドリエルらに見せた時も消えてなかったけど? -- 2017-08-21 (月) 22:50:03
  • まさか何年(何十年?)も後に「心臓へ向かう刃」を内臓的に見られるようになったとはなあ…(→超執刀カドゥケウス、ギルス)というかあの病原体、どう見てもモルグルの刃よりも切り刻みまくってて逆に黒の息の方が有情に見えるというね -- 2018-02-02 (金) 04:07:09
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 旅の仲間』「数々の出会い」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-02 (金) 17:44:22 (292d)