メリアドク・ブランディバック

概要

カテゴリー人名
スペルMeriadoc Brandybuck
その他の呼び名メリー(Merry)
偉丈夫(the Magnificent)
ホルドヴィネ(Holdwine)
カリマク・ブランダガンバ(Kalimac Brandagamba)*1
種族ホビット
性別
生没年ホビット庄暦1382年(第三紀2982年)~不詳*2。館主1432~1484(52年間)
サラドク・ブランディバック(父)、エスメラルダ・トゥック(母)
兄弟なし
配偶者エステラ・ボルジャー
少なくとも息子が一人いたようであるが詳細は不明

解説

バック郷館主
サラドク・ブランディバック
1408~1432
第三紀3008~第四紀11
偉丈夫メリアドク・ブランディバック
庄暦1432~1484
第四紀11~63
(メリアドクの息子)
1484~?
63~?

指輪の仲間の一人のホビット。愛称メリー。その名の通りブランディバック一族の出で、冒険好きな資質を受け継いでおり、活発で利発な性格。
サラドク・ブランディバックエスメラルダ・トゥックの息子。サラドクの父ロリマック・ブランディバックの妹プリムラ・ブランディバックフロドの母親にあたる(つまり母方の従兄弟の息子)。フロドより1世代下で、14歳の年少。ピピンことペレグリン・トゥックとは母方の従兄弟。
子供の頃からビルボを慕って袋小路屋敷に出入りしていたビルボの甥や姪たちの一人で、ビルボの別れの宴にも招待されており、その翌日には屋敷を相続して対応に忙殺されたフロドの手助けをしていた。

パルス・ガレンでの指輪の仲間の離散まで

メリーは別れの宴の前年からビルボが姿を隠す指輪を持っていることに気付いており、フロドにそれが受け継がれたことにも気付いていたが、二人が秘密にしているのを察して他言しなかった。だがフロドが密かにホビット庄から旅立つつもりでいるのに気付くと、ピピンフレデガーサムらに指輪の秘密を打ち明けて結託し、フロドを一人で行かせないように策を練った。彼らは堀窪への引っ越しを手伝うとともにフロドにぴったりと付き添い、堀窪で陰謀を明らかにしてからは、親族としての絆と友情からあくまでフロドの危険な旅に同行する覚悟であることを告げた。
フロドがエルロンドの会議で正式に指輪所持者として認められ、使命を帯びてモルドールに向かうことが決まった後も、彼とピピンはホビット庄に返されるところだったのを頑固に反対し、ガンダルフの口添えもあって指輪の仲間の一員として旅を続けることを許された。

指輪戦争での活躍

パルス・ガレン指輪の仲間がオークに襲撃された時、ピピンと共にオークに捕らえられる。メリーは頭部に傷を負っていたものの、オーク達がローハンの乗手に攻撃された際、ピピンと共にグリシュナッハを騙して、戦いの混乱の中で脱出に成功した。2人は、逃げ込んだファンゴルンの森で木の鬚に出会い、サルマンに関することなどを話して、エントによるアイゼンガルド攻撃のきっかけを作った。またこの時エント水を飲んだため、ピピンと共に後にホビットの最高記録をしのぐ高身長となる。
その後メリーは、アイゼンガルドにやってきたセオデンに出会い、太刀持ちの小姓として仕えるようになる。メリーは角笛城馬鍬砦とセオデンに同行し、セオデンからスティッバという小馬を与えられた。
さらにセオデンには止められたが、メリーはあくまで戦場に行くことを希望。密かにデルンヘルム(エオウィン)の馬、風の道に乗せてもらって遠征し、ペレンノール野の合戦に参加した。
魔王がセオデンを襲った時には恐怖に襲われて動けなくなってしまったが、デルンヘルムことエオウィンがただ一人で魔王に立ち向かっていることに気付くと勇気を奮い起こし、彼女を助けるために魔王の膝の裏を塚山出土の剣で刺して致命傷を与えた。その時メリーは黒の息に冒されるが、後にアラゴルン二世によって癒される。

黒門の戦いには、ミナス・ティリス療病院で療養中だったため参加しておらず、その間にエオウィンの苦しみについてファラミアに語っている。
コルマルレンの野で行われたフロドとサムワイズの栄誉礼では、ローハンの騎士として給仕を務め、エレスサール王の戴冠式と結婚式にも参加。その後、ゴンドールからローハンへと向かうセオデンの葬列では、王の武器を捧持して棺台を運ぶ馬車に乗った。セオデンの葬儀が済むと、エオメルとエオウィンからマークの角笛を戦功の報酬として受け取り、フロド達と共にホビット庄へと帰還する。
ホビット庄を支配していたサルマンごろつきを掃蕩する戦いでは、人間の軍隊の中で行動していたときの経験を生かし、ピピンと共に指揮官として重要な役割を果たした。

指輪戦争後

指輪戦争後にエステラ・ボルジャーと結婚し、バック郷館主となる。またエントの飲み物で成長したその背の高さにより「偉丈夫」と呼ばれる。さらに、ペレンノール野の合戦におけるエオウィンへの助太刀の功により、エオメルからホルドヴィネ*3の名と栄誉を与えられ、ローハンとの友情を保持し続けた。第四紀11年にバック郷館主となったときは、エオメルおよびエオウィンから見事な祝いの品々が届けられた。

ホビット庄の歴史やローハンなど他の国との繫がりを研究した『紀年考』『ホビット庄の古語および古名』、『ホビット庄本草考』といった多くの本を著し、これらはトールキン西境の赤表紙本翻訳の重要な資料となった。また彼が裂け谷から得たと思われる資料と、ペレグリンが収集した大スミアルの蔵書を利用して「西国年代記(代々の物語)」が編纂されたと考えられている(『追補編』に収録)。

老後は、ペレグリン・トゥックとともに職や財産をそれぞれの息子に譲ってローハンに赴き、エオメル王が薨ずるのを看取る。その後二人はゴンドールで短い余生を過ごした後、ラス・ディネンに葬られた。彼とペレグリンの棺は、エレスサール王の傍らに並べ置かれたという。

略歴

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

俳優ドミニク・モナハン
日本語吹き替え村治学

ピピンの悪友としてキャラクター付けがされ、『旅の仲間』では一緒になっていたずらに興じる場面が多い。『エクステンデッド・エディション』ではそのシーンがさらに増えている。しかし冷静で思慮深い面もあるため、危機的状況に陥った時は機転を効かせている。また、事態の深刻さを飲み込めず、何かとトラブルを起こすピピンを度々制止している。
王の帰還』では原作同様、魔王を刺してエオウィンを助けたが、塚山丘陵のシーンがカットされたため、この時使用した武器も塚山出土の剣ではない(ロスローリエンにてガラドリエルから贈られたノルドールのナイフであるという説と、柄の形状からローハン製の短剣であるという説とがあり、映像からは判然としない)。

原作では、ミナス・ティリスで療養していたため黒門の戦いには参加していないが、映画では参加している。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるメリアドク・ブランディバック『ロード・オブ・ザ・リング』におけるメリアドク・ブランディバック

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における裂け谷でのメリアドク・ブランディバックとペレグリン・トゥック

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ゴンドールかローハンに生まれていたら、傑出した人物として名を残していたかもしれない。でも、ホビットに生まれていたからこそ真価が発揮された、ともいえる。 -- 2008-10-26 (日) 14:55:49
    • 人間の「女」であるエオウィンと「ホビット」の男であるメリーだからこそ、「人間の男」では倒せない魔王を倒せたんですしね。 -- 2013-02-27 (水) 20:27:50
      • 「指輪物語対決」という軍人将棋風のボードゲームでは本編の活躍からか、スパイポジションで素の強さは「2」と弱い(ちなみにボロミア0、フロド・ピピン1、サム2、ギムリ・レゴラス3、アラゴルン4、ガンダルフ5)が魔王(強さ5)にだけは一方的に勝てるという駒だった。 -- 2017-07-25 (火) 21:14:47
      • ボロミアは0か…… -- 2017-07-25 (火) 22:57:40
  • 映画では、黒門決戦にまで同行させられた可哀想な人。 -- 2008-12-17 (水) 00:51:43
    • 本人は嬉しかったんじゃないでしょうか。原作では行きたがっていたし -- 2008-12-17 (水) 07:16:46
      • 必然的にファラミアとエオウィンが割を食う・・・と思ったらこいつらリア充でござった -- 2014-12-10 (水) 17:35:30
      • 割を食ってさらに目立たなくなったのは多分エオメル…… -- 2015-09-15 (火) 15:21:24
  • ドミニク氏のご立派なケツアゴがとにかく目を引く映画版であった。 -- 2009-09-24 (木) 00:28:12
    • だんごっ鼻もね -- 2010-12-04 (土) 21:25:56
  • 頭も切れる、いざという時の冷静さもある、そのくせ悪戯好き。ホビット四人のなかでは1番リーダーとしての気質が有るかも -- 2011-11-04 (金) 19:16:28
  • 元サッカー選手のネドベドに似てる -- 2013-09-28 (土) 01:12:26
  • その他の呼び名で「頭陀袋殿」ってなかったです? -- 2014-12-10 (水) 23:08:59
  • ウィキペディアで「メリアドク・ブランディバックはカリマク・ブランダガンバを現代英語風に直したもの(要約)」とあるのですが、この「カリマク・ブランダガンバ」という名前は何が出典なのでしょうか? -- 2015-09-15 (火) 14:52:54
    • 指輪物語巻末の追補編ですね。わたしは旧版しか持っていないので、そのあたりの記述を直接読んだことはないのですが -- 2015-09-15 (火) 23:21:06
      • 遅くなりましたがありがとうございます。確認したところ「翻訳について」という項で確かに言及が有りました。 -- 2015-09-26 (土) 16:37:09
  • 不真面目なのに少し勉強するだけでテストで高い点数を取れる生徒とか、悪ガキグループのリーダーみたいなイメージがある。 -- 2016-05-20 (金) 11:41:15
  • ペレンノール野の合戦での戦闘シーン、ボロミアとの訓練を思い出して泣いた 。-- 2017-01-09 (月) 04:22:54
  • ウルクハイに捕まったメリーの傷は、初め頭の右のまぶたのところだが、ファンゴルンの森に入る頃には、左のこめかみに移動している。 -- 2017-07-09 (日) 20:29:53
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 追補編で判明した、西方語での本名。
*2 ホビット庄暦1484年(第四紀63年)にピピンと共にホビット庄を去ってローハンに赴き、最後はゴンドールで短い余生を過ごして死去
*3 古英語で「誠実な友」の意

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-01 (金) 14:58:33 (378d)