メネグロス

概要

カテゴリー地名
スペルMenegroth
その他の呼び名千洞宮(せんとうきゅう) (Thousand Caves)

解説

シンダール語で「千洞宮(せんとうきゅう)」の意。ドリアスエスガルドゥイン川の畔にあった、シンゴルメリアンの地下宮殿。

星々の時代ベレグオストドワーフの助力を得て築かれたもので、自然の岩を切り開いて地下深く掘り抜かれた数多の広間や部屋があった。その門はエスガルドゥインにかけられた石橋をレギオンの森の側に渡ったところにあり、唯一の出入り口となっていた。
内部はエルフドワーフによって飾られ、金のランプで照らされた中にオロメのブナの木のように彫られた石の柱があり、同じく石で彫った動物たちが柱や壁を飾っていた。ローリエンの庭のように小夜啼鳥が歌い、銀の噴水と大理石の水盤があり、メリアンとその侍女たちの手で織られた美しい壁掛けで埋められていた。また、戦いに備えて数々の武具を納めた広大な武器庫もあった。

シンゴルの姪の息子であるフィンロドはメネグロスを模してナルゴスロンドを造営し、第三紀にはシンダールスランドゥイルがシンゴルに倣って岩屋を築いた。だが今の世に至るまで大海の東に存在したいかなる王侯の宮殿も、メネグロスの壮麗さには及ばないという。

メリアン魔法帯と、ベレグマブルングらの働きによってここは長い間守られていたが、シンゴルが殺されてメリアン魔法帯が消えると、シルマリルナウグラミーアを奪いに来たドワーフによって攻撃され略奪された。その後ディオルによって再建されようとしていたが、今度はシルマリルを奪おうとするフェアノールの息子たちの攻撃を受け、完全に荒廃した。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • メネグロスをはじめ地下宮殿の光源のランプの明るさが結構気になる。 -- 2013-11-13 (水) 22:47:32
  • 後の時代のエレボールを、もっと絢爛豪華にしたような感じかな? 映画のエレボールの迫力は、アレなのに、それ以上のものは、想像できない。 -- 2013-11-14 (木) 18:24:44
    • どう考えてもエレボールよりスランドゥイルの岩屋をもっと巨大に壮麗にした姿の方がイメージ近いと思う。映画のエレボールはドワーフ文化らしく無機質で幾何学的だけど、森と水辺を愛するシンダールエルフの宮殿は生きた木の根がそのまま玉座に張り出したり、森の生き物たちが柱や壁を飾ったり、柱も自然の樹木のように刻み込まれたり。曲線的でナチュラルな美しさであろうかと。 -- 2013-11-17 (日) 22:46:34
    • ドワーフが手掛けたとあるから、基本的な設計は、間違いないと思いますよ。 ただ、シンダールの好みも反映して、それなりの改造も加えられていると考えたほうが妥当かと。 -- 2013-11-22 (金) 15:40:54
  • 一度は行って見たいな。 -- 2019-05-15 (水) 21:21:31
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-15 (水) 21:21:31 (40d)