ミーリエル

概要

カテゴリー人名
スペルMíriel
その他の呼び名セリンデ(Serindë)
種族エルフノルドール
性別
生没年
配偶者フィンウェ
フェアノール(息子)

解説

フィンウェの最初の妻でフェアノールの母。機織と刺繍の技に抜きん出ていたことから、「刺繍(ぬいとり)の名手」(the Broideress)の意であるセリンデと呼ばれた。
フェアノールを生んだ時に心身共に消耗し尽くして生きることを望まなくなり、フィンウェから助言を求められたマンウェによりイルモの手に委ねられた。彼女がイルモのローリエンの庭に身を横たえて眠ると、霊魂はマンドスの館へ去り、二度と目覚めることはなかった。
ミーリエルの体はその後もエステの侍女たちが看取っていたので、朽ちることなくローリエンに残された。フィンウェは度々ローリエンを訪れて、魂を呼び戻すために妻の名前を呼びかけていたが、その甲斐なく、やがてローリエンには行かなくなった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • フェアノールをフェアノールの名で最初に呼んだのは、たしかこの人 -- 2009-07-07 (火) 03:01:14
  • この人が健やかに生きていてくれれば、フェアノールは自己愛性人格障害にならずに済んだかね……?そう思うと哀しいものがある。 -- 「ど」の字 2009-07-11 (土) 00:48:26
  • 後にフィンウェがメルコールに殺害されてマンドスに行った後、自分が永久にマンドスに留まるのと引き換えにミーリエルを蘇らせることを望んで聞き入れられたらしい。その後はヴァイレの館でフィンウェの一族の物語のすべてを綴れ織りにし続けているそうな。 -- 2010-01-15 (金) 17:30:05
    • 息子や孫たちが身を滅ぼして行くのをつづれ織りにしてるんですね。悲しい・・・ -- 2015-04-03 (金) 19:40:15
    • 何となくですが、寂しさから再婚したものの、フィンウェにとって伴侶というのはこの方だけだったのかなという気がします。 -- 2015-04-04 (土) 17:49:39
  • ノルドールなのに銀の髪だったという謎設定持ち。まだこの頃はノルド=黒髪の設定がなかったのか。子供の頃のフェアノールは彼女によく似た容貌だったようだ。 -- 2010-01-19 (火) 16:13:55
    • 金髪もヴァンヤールだけというわけじゃないですし、ノルドールにも黒髪しかいないわけじゃないんでしょう。 -- 2010-01-24 (日) 22:58:36
    • 性格もミーリエル似だったそうで。どんだけキッツイ嫁さんなんだか。 -- 2012-05-09 (水) 16:23:30
      • フェアノールは敵視するものには容赦ないが、少なくとも文中では父親に反抗らしい反抗はしてない(というかフィンウェが激甘)。ミーリエルも同タイプだったら、彼女の存命中にフィンウェに片思いしてるインディスを知ったらフェアノール兄弟の比じゃない争いが起こっていた可能性有り -- 2013-02-20 (水) 03:04:32
  • 火の化身を産んで身を損ね、この世を離れるところは日本神話のイザナミ女神を想起しますね。 -- 2014-05-05 (月) 01:41:54
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-04 (土) 17:49:39 (1352d)