ミナス・モルグル

概要

カテゴリー地名
スペルMinas Morgul
その他の呼び名呪魔の塔(Tower of Sorcery)
死の都(Dead City)
ミナス・イシル(Minas Ithil)
月の塔(Tower of the Moon, Moontower)
月の出の塔(Tower of the Rising Moon)

解説

シンダール語で「呪魔の塔」の意。エフェル・ドゥーアスモルグル谷にある幽鬼の砦。
元々は「の塔」を意味するミナス・イシルという名であり、オスギリアスの東を防衛するため、西のミナス・アノール(「太陽の塔」)と対になる形で築かれたものだった。この砦の膝元がイシリアンである。

その周囲は空も地もすっかり真っ暗でしたが、そこだけは光で照らされていました。といっても昔のミナス・イシル、すなわち月の塔が山々の谷あいに美しく輝いていたころ、大理石の壁から流れ出ていた閉じこめられた月の光ではありません。緩慢な月食に病む月の光よりも実際のところもっとおぼろな光でした。いやなにおいを放つ腐敗物の光、死屍の燐光のようにちらちらとゆらぎ、風になびいて、何物をも照らさない光なのです。城壁にも塔にも窓が見えました。内なる虚無に向かって開いている無数の黒々とした穴のようです。しかし塔の石積みの一番上の層はゆっくりと回転するのでした。まず一方へそれから反対の方向へと。閣を睨めつける巨大な幽霊の頭のように。*1

ミナス・イシルの名で呼ばれた時代

「南から伝わった話だよ。」ゴクリは再び続けました。「輝く目をした背の高い人間たちのことよ、石の丘のようなかれらのやしきのことよ。それからかれらの王の銀の王冠と、かれの白の木のことよ。不思議な話ばかりだったのよ。かれらはとても高い塔を建てた。その一つは銀白色で、塔の中には月のような石があった。そして塔の周りに大きな白い城壁があった。ああそうよ、月の塔についての話はたくさんあったよ。」*2

ミナス・イシルは元来ゴンドールの建国王の一人イシルドゥアの居城であり、オスギリアス東部を防衛し、モルドールへの威嚇のために築かれた砦だった。白の木も当初はここに植えられていた。
だが第二紀3429年、ヌーメノールの没落を逃れてモルドールへ戻っていたサウロンとの間で戦争が勃発。ミナス・イシルは攻撃を受けて陥落し、白の木も焼かれる。イシルドゥアは妻子と共に木の実生を携えて脱出し、アルノールの父エレンディルの許へ急を知らせに赴いた。
最後の同盟の戦いではゴンドール側に奪回され、アラタンキアヨンらが防衛していた。戦いが終わった後の第三紀2年、イシルドゥアは合戦で命を落とした弟アナーリオンを偲んで白の木の実生を、元あったこのミナス・イシルから、アナーリオンの居城であったミナス・アノールに移植する。

その後、ミナス・イシルをはじめとする国境の砦群はモルドールを監視する役目を担った。しかし第三紀1636年、ゴンドールで猛威を振るった悪疫のために、国境の砦群はほとんどが打ち捨てられ、無防備になる。ゴンドールの王宮はオスギリアスからミナス・アノールに移され、モルドールとの国境は警備手薄なまま放置されることになった。
そのためナズグールをはじめとした悪しき者達が再び密かにモルドールに集結するようになった。

第三紀2000年、アングマールの滅亡から逃れた魔王は配下のナズグール達を率い、キリス・ウンゴルを越えてモルドールから出撃した。彼らはミナス・イシルを包囲攻撃の末2002年に陥落させて占領し、イシルのパランティーアを奪った。

ミナス・モルグルの名で呼ばれるようになった時代

かれらはミナス・イシルを奪い、そこに棲まって、そこと周りの谷間をことごとく荒廃に帰せしめた。そこは空虚のように見えて、そうではなかった。なぜなら崩れ落ちた城壁の中には姿なき恐怖が棲んでいたからである。九人の王たちがそこにいた。」*3

ナズグールの手に落ちたミナス・イシルは甚だしい恐怖の場所へと変貌し、ミナス・モルグルと呼ばれるようになった(その恐怖に対峙するミナス・アノールはミナス・ティリスに改称された)。イシルの石が敵の手に落ちたため、アノールの石が使われることもなくなり、パランティーアにまつわる伝承も公からは忘れ去られていった。

第三紀2050年、魔王の挑発に乗り、最後のゴンドールエアルヌアがこの地に向かって消息を断つ。罠にかけられたエアルヌアはミナス・モルグルへ連行され、そこで責め苛まされて非業の最期を遂げたものとゴンドールでは考えられた。
以後、ナズグールはミナス・モルグルを居城とし、警戒的平和の間はそこに屛息して、目に見える姿で外に現れることは長らくなかった。

しかし大いなる年、再発見された一つの指輪の追跡のため、ついにナズグールは黒の乗手の外見を身にまとってミナス・モルグルから出撃した。
指輪戦争が始まると、バラド=ドゥーアから赤い稲妻が、それに呼応してミナス・モルグルからは鉛色の稲妻がそれぞれ開戦の烽火として空に放たれた。キリス・ウンゴルへ向かう途上、指輪所持者たちはミナス・モルグルの城門から軍勢を率いて出撃していく魔王の姿を目撃している。

ペレンノール野の合戦によってこの地から出撃した軍勢は殲滅されたが、ミナス・モルグルとその谷には依然として姿なき恐怖が潜み続けていた。そのため黒門に向かう途中の西軍はここに立ち寄ったものの足を踏み入れることはせず、ガンダルフアラゴルンらによって、モルグルドゥインに架かる橋は落とされ、死の花々が咲く原には火が放たれた。
サウロンの没落後も、この地に植え付けられた恐怖があまりにも大きなものであったため、ミナス・イシルとして再建されることはなく、エレスサール王によって徹底的な破壊が命じられた。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

西軍黒門の戦いに向かうときのミナス・モルグルの描写は省略されている。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるミナス・モルグル『ロード・オブ・ザ・リング』におけるミナス・モルグル

Iron Crown Enterprises』による設定

ミナス・ティリスが円周状に重なったら層をジグザグに登る構造なのに対して、ミナス・イシルは中心部の城塞に向けて螺旋を描くように城壁と道が築かれている。

Kin Strife Minas Ithil Map.jpg

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるミナス・モルグル 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるモルグル谷(右手にミナス・モルグル、左手にキリス・ウンゴルへ向かう階段)

ゲーム『シャドウ・オブ・ウォー』における設定

陥落する前の往時のミナス・イシルの町並みが再現されている。塔のある城塞を中心とした三つの層に分かれており、市街地には円形の劇場などがある。原作で街が陥落したのは第三紀2002年だが、本作では指輪戦争の直前に時系列が変更されている。

物語の序盤に訪れるエリアで、モルドールの攻撃に晒されている。市街地の大部分がオークに制圧され、将軍カスタミアの率いる守備隊は最上層部に籠城して町の奪回を試みている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 映画版では見えませんでしたが、頂上部は回転する見張り台があるそうです。 しかし、谷の奥底では全然、意味をなしませんが。 -- 斉藤チロン 2010-12-16 (木) 18:21:48
    • 暇な時は魔王はその展望台でのんびり過ごしているんだろうな。 -- けつ 2010-12-17 (金) 17:11:14
      • そんな魔王を想像すると少し可愛いく思えてくる。 -- 2010-12-18 (土) 13:03:12
      • 日光浴というよりは、お月見ですかね? 「月の塔」だけに -- 2010-12-20 (月) 06:20:27
      • お団子がお供えしてあるかも。 -- 2012-07-09 (月) 11:28:52
      • お団子からウルクハイがぞろぞろとry -- 2016-07-17 (日) 03:40:27
    • 映画版でも光の柱が沸きあがるワンカットでほんの一瞬だけど、頂上の見張り台がちらりと見えたような気がするが気のせいかな? -- 2010-12-20 (月) 14:23:48
    • アラゴルンは壊せと言ったけど、そのまま残せば、いい観光名所になったかも(笑) -- 2011-04-19 (火) 21:47:19
      • あれだけの城塞を取り壊すのも手間がかかって大変だろうな。 かと言って、サウロンの脅威もなくなったから無用の長物だし、長年に渡って、汚いオーク共がいじくり回したから、住みたくもないし、ほったらかしにしたら山賊共の住処になりそうだし、やはり、壊すしかなさそうだね。 しかし、時間と金がかかりそうだ。  -- 2012-05-29 (火) 22:26:30
      • ナズグル達による改修やオーク達による無軌道な改修もあるでしょう。なによりモルグル谷全体が汚染されてしまっており人が暮らすのに耐えうる状況では無かったのかもしれません。 -- 2012-05-30 (水) 22:19:13
      • 山賊の住処? サウロンが滅んで、世界は平和になったんじゃないのと思ったのですが、まだ、サウロンにほだされた残党が至る所にたむろしていたみたい。 こんな奴らがミナス・モルグルを占拠したら攻略するのは大変だから、エレッサール王の判断は確かに賢明かも。 全く、サウロンが滅んだとき、一緒に壊れてしまえば良かったのに。 -- 2012-05-31 (木) 20:12:14
      • そもそも壊せるんだろうか。イシルの方もアノールと同じヌーメノール建築なんだろうし、衰退したゴンドールの技術じゃ無理なんじゃ。 -- 2012-06-26 (火) 00:39:22
      • 人間は造ることよりも壊す方が得意ですから。それにエルフやドワーフ力を借りられる王なのですから自分達だけでは無理でもなんとかなったかと。 -- 2012-06-30 (土) 17:03:32
      • 黒門に向かう前、ミナス・モルグル側からモルドールに侵攻するようイムラヒル大公が提案した際、もし陥落せしめたら完全に破壊してしまうべきと言っていたから、いちおう壊すことは可能と思われます -- 2012-07-03 (火) 00:21:47
      • ミナス・モルグルの破壊方法ですが、サルマンが作った爆薬を使用すれば可能でしょう。100~300発使えば粉みじんにできるでしょう。 -- 2012-07-07 (土) 11:00:09
      • それ使えばなんとかなるかもしれないけど、ゴンドールにその辺の知識あるのかな?文中サルマンの妖術とされてたし。 -- 2012-07-12 (木) 01:07:58
      • 解放されたオルサンクを捜せば、何がしかのヒントが書かれた書物の一冊くらいはあると思いますよ。 -- 2012-07-16 (月) 22:56:08
      • そこでドル・グルデュアを完膚なきまで破壊したガラドリエルの奥方様が颯爽と登場。 -- 2013-05-25 (土) 18:44:41
      • ああガラドリエルがミナス・ティリスに来たのにはそのためか(違 -- 2013-05-25 (土) 22:43:33
      • ミナス・ティリスを投石機で壊せるのだからゴンドール軍だけでも破壊は可能かと -- 2015-03-07 (土) 21:16:52
      • 投石機で破壊できるのは映画版のミナス・ティリスよ -- 2015-03-07 (土) 22:32:10
  • ミナス・ティリスと比べてかなり規模が小さく見えるんですがどうなっているんでしょうか? -- 2011-04-18 (月) 15:04:20
    • もともとミナス・アノールとミナス・イシルは同規模だったけど、ミナス・ティリスは遷都されてから大規模化したのではないかと -- 2011-04-18 (月) 19:26:51
    • ミナス・アノールはミナス・イシルとともに東西から王都オスギリアスを守る砦だったので恐らく同規模だったのでしょう。それが、ミナス・アノールが遷都されて王都ミナス・ティリスになった時点で元々オスギリアスに住んでいた人々を受け入れるなどして大規模な拡張が施されたのだと思われます。 -- 2011-04-18 (月) 19:30:50
    • 反対にミナス・モルグルは、要塞としての機能を強化されていったのかも。 頂上部は見張り台がありますしね。 -- 2011-04-19 (火) 21:45:48
    • 市街地は破壊されたと見ることもできるのでは? -- 2011-11-04 (金) 17:08:47
    • 映画版だと市街地の廃墟らしいものが城壁の下あたりに散見されます。なので市街地と市壁を破壊して城塞だけを拡張して造られたのではないでしょうか。 -- 2011-11-05 (土) 16:32:07
    • 谷の奥まった所にあるということは日当たりも悪いだろうし、どのみち人が住むのには向いてなさそうですね。 -- 2016-10-20 (木) 15:09:16
    • シャドウ・オブ・ウォーのステージを一通り探検したけど、各階層の城壁にも窓があるから、内部構造はかなり大規模で複雑な可能性がある -- 2018-07-15 (日) 22:19:02
  • 守り手のイシルドゥアが白の木の実生を持って常駐するぐらいだから、サウロンにとっても早急に攻略しないと要所だったのか。やっぱ立地をもう少し考えたほうがよかったな。 -- gash 2011-11-14 (月) 22:10:59
    • 要所だからこの場所に置かれたのだとすると、そこから動かしたのでは要所として意味がなくなってしまうような -- 2011-11-15 (火) 01:40:50
      • 例えばイシル(モルグル)谷の谷口等の近隣の地に移設する事では意味は無くならないと思われます。日本でもよく行われましたが必要があれば新城の建設場所へ道筋なども付け変えてしまえば訳ですし。 -- 2011-11-15 (火) 17:56:01
      • 軍事施設において最も怖いのは、それが敵に奪われて利用された時です。ですから、近代の戦争でも敵が利用できそうなものは極力破壊して撤収します。首都に近ければ、こちらがイシルを守る側であれば便利でしょうが、一転イシルから攻められる側になったら相当厳しいですよ。城が十分に堅固であれば、要塞は敵地に近ければ近いほど有利で安全です。イシルが落城したのは立地に原因があるのではなく、本来は利点だった立地を活かせなくなる程ゴンドールの国力が衰退したのが本質だと思います。 -- 2012-04-12 (木) 23:00:45
      • その衰退したゴンドールですらこの当時は灰色港を埋め尽くすほどの大船団(動員兵力の一部である)で北方王国の救援に迎えることができるほどの力があったんだけど。 アルヴェドゥイを助けることは敵わなかったがアングマールを壊滅させ魔王を敗走せしめることができたのになんで、イシル救援はできなかったのかよくわからん? -- 2012-05-19 (土) 19:42:05
      • アングマールは衰微したアルノールを相手取るための国ですから、国力自体はゴンドールとは比べるまでもなく、しかしそれで必要十分だったのではないでしょうか。一方でイシル包囲は、その前に「魔王がナズグルを召集」とわざわざ言及があるのを見るに、九人全員で攻撃を行ったと考えられますので、軍勢の規模がまるで違っていた可能性があると思います。もちろん調略を駆使したのも間違いないでしょうが。 -- 2012-05-19 (土) 20:07:19
      • でも救援に向かったと言う記述が無いんだよね。 激しい争奪戦が繰り広げられたなら、それなりの記述があるはず。 おまけにエアルヌアを挑発した魔王がアルノールでの醜態を嘲っていたのにミナス・イシルが落とされた事に関しては何にも言ってないし。 どういうことだろ。 -- 2012-05-29 (火) 22:31:35
      • いやいや、後のペレンノールの戦いを彷彿させる大規模な攻防戦があったかもしれないが、惨めな敗北をしてしまったから、わざと記録には残さなかっただけかも。 -- 2012-05-31 (木) 19:51:58
      • 確かにミナスイシルの攻城戦の結果史上まれに見る大敗北を喫した可能性もありますね。それこそゴンドールが歴史書に残すことすらはばかれる規模の大敗北を喫したとか。 -- 2012-06-30 (土) 17:05:15
      • 魔王がナズグル全員引き連れて突撃し恐怖効果で戦線崩壊させた可能性は有るよね、戦闘が成立しないレベルの大敗北だったので記録からも削除 -- 2016-09-25 (日) 22:33:25
  • ナズグルに奪われる前のミナス・イシル、見てみたいなあ。美しい場所だったんでしょうね -- 2012-08-03 (金) 00:35:15
    • ファンやプロのイラストレーターの描いたものならいくつか見かけましたよ -- 2012-10-17 (水) 18:59:52
  • アングマールの魔王がおぞましい獣に乗って登場する前に出たあの緑色のビーム見たいのはなんだろう -- 2013-03-28 (木) 00:07:43
    • 原作の該当箇所では、合戦開始の合図としてミナス・モルグルからは青白い稲妻が、バラド・ドゥアからは赤い稲妻が空に放たれた、とありますので、その表現だと思われます。あんまり上手い表現ではないですね。 -- 2013-03-28 (木) 18:26:29
      • 上から目線すぎだろw ちなみにアートブックにはのろしの合図とあるよ -- 2013-06-20 (木) 16:12:53
      •  ミナス・モルグルから戦いの狼煙のあがるところは、映画でも好きな場面です。いい出来だったなぁ。 -- 2016-01-25 (月) 21:30:07
  • 地図だとモルグル谷の北側にあるが、本文を読むと南側っぽい。 -- 2015-04-21 (火) 23:04:46
    • よく見るとしっかり谷(モルグルドゥイン)の南側にあるよう描かれていますよ。塔のオブジェクトの基部が川の南側にあります。 -- 2015-04-22 (水) 02:51:37
  • LotROのミナス・モルグル、ミナス・ティリスと比べても規模に差が無いみたいだけど、中に入れるのかね? -- 2016-10-20 (木) 02:25:03
    • 将来的には入れるようになる可能性があるらしいけど今はまだ入れません -- 2016-10-20 (木) 09:42:51
      • 入ろうとする猛者が果たしているのか・・・・・ -- 2016-10-20 (木) 15:05:28
  • シャドウ・オブ・モルドールで陥落前のミナス・イシルの美しい姿が見られる。陥落した時期が五軍の合戦の後、モルドールにサウロンが帰還した直後になってることがかなり惜しいが。 -- 2017-04-25 (火) 23:50:05
    • 可也美しく堅固な都でしたねえ。・・・時期が随分と最近に変更されたんでしたっけ。 -- 2017-08-27 (日) 18:31:02
      • ああいうのを魔改造と言うんだろうか。魔王だけにw -- 2017-08-27 (日) 18:39:39
      • ・・・・・。 -- 2017-08-27 (日) 21:14:49
    • アレを見ると、ミナスモルグルは塔の部分だけど利用して建設されたっぽいですね -- 2017-10-11 (水) 11:26:30
  • シャドウオブウォーのミナスイシルの将兵の装備がミナスティスの将兵の装備とは異なるのにちょっと驚いた -- 2017-10-12 (木) 11:21:30
  • シャドウオブウォーの時代、救援要請を待つまでもなくミナスイシルが危険なのは分かってた筈。ミナスティリス側は何の策も講じずに事態を放置してたのか? -- 2017-12-23 (土) 04:43:11
    • ゲームプレイ最優先のオリジナル設定だし。監修が余りに寛容なのは意外だった。 -- 2017-12-23 (土) 12:59:32
      • ゲームの設定に関しては私も色々言いたいですがこれに関してはもっと体力のある時代の筈の原作からして同じ疑問がありますね。過去のコメント欄でも考察されてます -- 2017-12-24 (日) 12:34:27
    • 原作についての仮説。魔王含めて幽鬼が9人参戦しながら3年近く包囲が続いたのは、モルドール側に速やかに攻略する意図がなかったからでは。ミナス・イシルを兵糧攻めにして挑発し、ゴンドールの援軍を誘いだして罠にかけて殲滅したと推測。ゴンドール側は将兵の命とパランティアを救うために派兵せねばならず、モルドール側は山脈と谷の地の利があり補給も容易。 -- 2018-01-23 (火) 09:06:45
      • 降伏もできず、魔王の黒の息と極寒の寒波と暗雲の下で3年も生殺しにされたあげく救援も補給も届かず、最後は玉砕。辛すぎる。 -- 2018-03-20 (火) 16:38:43
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 二つの塔』「キリス・ウンゴルの階段」
*2 『二つの塔』「黒門不通」
*3 『二つの塔』「禁断の池」 ファラミアのセリフ

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-15 (日) 22:19:02 (123d)