ミスリル

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルmithril
その他の呼び名まことの銀(true-silver)、モリア銀(Moria-silver)

解説

「モリアの富は黄金や宝石にあったのではない。そんなものはドワーフのおもちゃじゃ。あるいは鉄でもない。鉄はかれらの下僕じゃ。 … しかし、世界でここだけにしか見いだせないものにモリア銀があった。すなわち人呼んでいうところのまことの銀、エルフの言葉でミスリルじゃ。 …
「ミスリル! すべての民がこれを欲しがった。これは銅のように打ち延ばすことができた。またガラスのように磨くことができた。ドワーフたちはこれを軽くてしかも鍛えた鋼よりも堅い金属に作り上げることができた。その美しさはふつうの銀のそれに似ておるが、ミスリルの方はくろずむこともなく、曇ることもなかった。」*1

シンダール語でmithは「灰色の」、rilは「輝き」の意。まことの銀とも呼ばれ、モリアでのみ産出した*2ことからモリア銀とも呼ばれる。ドワーフが付けたおそらくクズドゥルによる名もあるが、他の種族には秘密にされているという。
作中では、ミスリルの胴着ネンヤアルウェンの旗印エレンディルミア城塞の近衛部隊の兜にミスリルが使われていることが判明している。また、イシルディンエルフがミスリルから作り出したものである。

美しく有用である上に極めて貴重な金属であり、モリアが繁栄していた当時ですら金の10倍の価値があったという。
ミスリルはモリア繁栄の礎となったが、ドワーフは鉱脈を求めるあまりカラズラスの地下深くを掘り進み、地の底からバルログを解き放ってしまう。第三紀1981年、モリアはバルログのために滅亡し、ミスリルは新たに産出されなくなった。さらにミスリルはサウロン垂涎の的でもあったため、それまでに産出されたものもほとんどがオークによってかき集められ、サウロンに献上されてしまった。
こうしてミスリルは地上にほとんど存在しない、値のつけようもないほどの貴重品となった。

第四紀に入ると、燦光洞の領主となったギムリと彼の民のドワーフは、魔王によって粉砕されたミナス・ティリスの大門に代わり、ミスリルと鋼による新たな門を作ったという。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • FFなどの、あまたのゲームに出てくる「ミスリル」の原典。しかし、例えばFFでは「ゴールドアーマー」より防御力が弱くなっているなど、中つ国の外に持ち出されると柔らかくなってしまうようである。 -- A3
    • FFでは弱いミスリルですけどDQ世界ではかなり強いですね。オリハルコン程ではありませんけど。 -- 2009-08-22 (土) 23:07:32
    • ゴールドアーマーの元ネタは黄金聖衣だからしょうがないね。 -- 2016-02-16 (火) 12:06:04
  • これはドワーフが鍛えないと真価を引き出せないのではないだろうか -- zg
    • 装飾的なものであれば、アルウェンも旗に織り込んでいましたから、エルフでもノルドの冶金系のスキル持ちならかなり「真価」を引き出せるかも知れません。 -- カイト
    • 水の指輪ネンヤはミスリルで造られていた。 -- ホビット 2008-10-26 (日) 14:40:41
    • ミスリルに該当する金属は、純鉄じゃないの? 特徴がすべてにおいて、合致するし。 ただ、鉄は合金にすると錆びるから、輝きを維持したうえで、合金にするのは、ドワーフの腕の見せ所だろうに。 -- 2011-05-21 (土) 18:52:20
      • 超高純度鉄のことかな? 軽い、と言う点で鉄とは異なるような。恐らくそのせいで、防具や飾りには用いても武器にはされなかったのではないか。何より、鉄とすると、その希少性は精錬技術によることになってしまい、産出地が限られるためではなくなってしまう。 -- 2015-09-28 (月) 10:55:12
      • ニッケル?とか思ったことが有ったが、あれは妖精(悪魔)の「銅」だった… -- 2015-09-28 (月) 20:17:57
      •  プラチナだと思っていた。ドワーフはプラチナを、金のように加工する技術を持っていたのでは? -- 2015-10-04 (日) 07:39:00
      • チタンかと思った -- 2016-06-18 (土) 16:08:27
  • 夢のような鉱物 -- 2010-09-04 (土) 20:19:32
  • モルゴスが霧ふり山脈を作っていなかったら中つ国では見つかっていなかったかもしれない金属 -- 2012-10-13 (土) 12:18:18
    • ヌメノールでも発掘されたんだから、と〜ても奥深くまで掘れば、中つ国でも見つかりそうです。 -- 2012-10-13 (土) 23:12:43
    • ヌメノールが沈む前のアルダの地殻の厚さってどのくらいだろう、掘りすぎて外なる海に貫通したりして -- 2013-03-08 (金) 00:30:25
  • モリアでしか産出されないとあるのにエレボールの財宝にミスリルの胴着があったのは何故でしょうか? -- 2013-12-03 (火) 10:39:35
    • モリアを脱出したドワーフが携えていた宝の中にあったのでしょう。あるいはモリアから輸出されたものがまわりまわってはなれ山にやって来たのか -- 2013-12-03 (火) 11:52:39
  • たぶん大規模な電気精錬が使えなかった上古~第三期の技術水準とミスリルの軽い・丈夫・きれい・さびない特長から→チタンもしくはチタンと添加成分の無重量下合金ではないかと考えております。 -- 2015-11-27 (金) 23:22:34
    • ↑ すみません、真空精錬法でした。基本的事実間違えまして大変失礼いたしました。 -- 2015-11-27 (金) 23:30:53
    • 原作の記述を読む限りでは、軽くて丈夫な点はドワーフの加工をもって初めてミスリルが持ちうる特性であって、純粋なミスリルそのものの特徴には含まれていないのでは?現代におけるこの金属とかでなく、普通にミスリルはミスリルってことでいいと思うんですが。 -- 2015-11-28 (土) 11:26:37
    • ↑上のものです。res(死語?)どうもありがとうございました。ミスリルはミスリル、同意いたします。現在のいかなる金属材料とも(たぶん)大きく異なった希少で高機能なものだったのでしょう。だけども、成層圏の狭間をゆく超大型旅客機の中核構造材料として、さらに水素生産用セルの電極として、はたまた紫外線によるラジカル発生で自己浄化能力を持つ塗料の原料として大活躍のチタンも本当にすごいと(それも安いし)・・カテゴリ違うお話でした。すみません。・・エ?いつの間にかまわりを取り囲んでるドワーフさん達、あ、ごめんなさぁぁぃ!・・ -- 2015-12-02 (水) 22:47:34
      • バーリン「お若いの、詳しいな」 -- 2016-02-16 (火) 20:31:07
  • サウロンはミスリルかき集めてどうするつもりだったんだろう。オーク達に使うわけでないだろうし、パラドドゥーアがミスリル製とも思えないし -- 2016-06-14 (火) 07:18:33
    • 東方や南方の連中を懐柔するときの贈り物に用いるとか? -- 2016-06-14 (火) 09:53:15
      • サウロンの別名で物贈る君がありますから、懐柔の手段として用いている可能性がありますね。 -- 2016-06-14 (火) 14:11:15
    • 「涎が出るほど欲しがった」というガンダルフの台詞から、純粋に光り物として欲していたものとばかり -- 2016-06-15 (水) 00:55:39
      • 私もおっしゃるとおりだと思います。ヌメノールの寺院は銀と黒で装飾されていたそうですから、サウロンは銀が好きなのでしょう。 -- 2016-06-15 (水) 03:30:19
      • あとサウロンが贈り物として用いたのなら「産出されたミスリルはほとんどサウロンに献上されたので、流通せず値のつけようもない貴重品になった」という意味の記述が成り立たない気がするので。 -- 2016-06-15 (水) 20:49:52
    • 主目的ではないと思いますが、自由の民の手にあるとサウロンとしては不都合でしょうし、とりあえず自分の管理化に置いておくだけでも意味があったのかも。 -- 2016-06-15 (水) 12:03:02
    • 元々がアウレの使徒だし、貴重な鉱物ってだけで収集の対象になるんじゃないかね。もしくは今は用途は決めてなくとも、いずれ何かに使えるかもと思って集めたのかもしれない。 -- 2016-06-15 (水) 21:29:44
    • マイアとして堕落しているから収集の物欲も出るのかも -- 2016-06-16 (木) 21:27:05
  • 私は今まで、アルダの地中にはミスリル成分を含んだ鉱脈が走っていて、そこからドワーフが鉱石を採石して、不純物を取り除くことでミスリルが生産されているのだとずっと思っていました。しかし実際にはミスリル鉱脈などというものは存在せず、地中深くから採掘される非金属(おそらくダイヤモンド)を使った錬金術によって、材料を金属へと錬成しているのではないか?つまりミスリルとはまことの意味での賢者の石なのではないかと思いついたのです。この説なら色々な疑問に辻褄が合う気がするのですが、どうでしょうか。 -- 2018-11-07 (水) 08:36:10
    • それだとモリアでのみ産出したという設定と矛盾すると思います。ドワーフの錬金術のたまものなら、他所でも作り出せたはずですから。 -- 2018-11-07 (水) 15:31:57
    • 調べところ、ミスリル鉱石(ore)を切り出していた(cut off)。とあるので、鉱物として地中に埋まっているのですね、失礼しました。 -- 2018-11-07 (水) 22:31:01
  • ドワーフたちがミスリルから作り上げた軽くてしかも鍛えた鋼よりも堅い金属(あるいは合金) なる物体には固有名詞はないのか疑問です。明らかに物質としての性質や品物の資産価値が異なるのに、ドワーフが関与したものとそうでないものを区別しなかったのでしょうか。別々の名前を付けて呼ばないと不便だと思うのですが。 -- 2018-11-10 (土) 06:11:25
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 旅の仲間』「暗闇の旅」ガンダルフの言葉
*2 ただし『終わらざりし物語』「あやめ野の凶事」によると、ヌーメノールでも産出したとされる。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-10 (土) 06:11:25 (30d)