マンドスの呪い

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルthe curse of Mandos
その他の呼び名北方の予言(Prophecy of the North)、マンドスの宣告(Doom of Mandos)

解説

ヴァラールの忠告を聞かずに中つ国への帰還を目指し、更に同族殺害を犯したノルドールに対し、マンドスが下した宣告。アマン北方のアラマンの地で宣告されたことから、「北方の予言」とも呼ばれる。

「尽きぬ涙を汝らは流すであろう。ヴァラールは、ヴァリノールに汝らの入るのを拒み、汝らを閉め出すであろう。汝らの嘆きの声の谺すら、アマン山並みを越えて聞こえてくることはないであろう。フェアノール一族に対しては、ヴァラールの怒りがこれなる西方の地より、最果ての東の地に至るまで向けられるであろう。彼らに従う者にもその怒りは向けられるであろう。彼らの誓言は彼らを駆り立て、しかも彼らを裏切り、彼らが追跡を誓った宝物そのものを常に彼らの前から奪い去るであろう。初め良きものも全て悪しき結末に至るであろう。この悪しき結末は、血に繋がる者の裏切りにより、また裏切りへの恐れによりもたらされるであろう。彼らはとこしえに奪われたる者となるであろう。
汝らは不当にも同族の血を流して、アマンの地を汚した。汝らは血には血を支払い、アマンを過ぎれば、死の影の元に住まうであろう。エルは汝らがエアでは死なぬように定め給うたが故に、汝らは病魔に襲われることはないであろうが、非業の死を遂げることはあるかも知れぬ。そして非業の死を遂げるであろう。武器により、拷問により、嘆きによって命を落とすであろう。そこに汝らの霊魂は久しく留まり、汝らの肉体に切に焦がれるであろうが、汝らが命を奪った者達全員が汝らのために嘆願してくれようとも、慈悲を見出すことは殆ど無いであろう。中つ国で命を長らえ、マンドスの許に来ぬ者は、あたかも重き荷を負うているが如く、この世に倦み果て、次第に衰え、後に来るより若き種族の前に、悔恨の影の如き者となり果てるであろう。以上ヴァラールの言である。」*1

この宣告を聞いて後悔したフィナルフィンは進軍を取りやめてヴァリノールへ引き返し、彼に従った者たちとともにヴァラールから恩赦を得た。だがフェアノールは聞き入れずにあくまで進軍することを望んだ。

この時、多くの者は身を戦かせたが、フェアノールは心を強くして言った。「われらは誓言した。軽々しく誓ったのではない。われらはこの誓言を守るであろう。われらは、裏切りは言わずもがな、あまたなる禍に脅かされておる。だが、言われなかったことが一つある。われらは怯懦に堕すだろうとは言われなかった。臆病者に悩まされ、臆病者への恐れに悩まされるだろうとは言われなかった。それ故、予は言う、前進せんと。そして次の如き運命を予は付け加える。われらの功績は、アルダの最後の日まで歌に歌われるであろうと」*2

こうしてフェアノール彼の息子たちフィンゴルフィンとその息子たち(フィンゴントゥアゴン)、そしてフィンゴルフィンの息子たちを見捨てなかったフィナルフィンの息子たち(フィンロドオロドレスアングロドアイグノール)はノルドールの民を率いて進軍を続けた*3。彼らは中つ国に帰還し、流謫のノルドールとなった。

怒りの戦いのあと、流謫のノルドールはトル・エレッセアに住むことを許され、この呪いは停止された。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 要するにこういうことですかね?「テレリ虐殺の罰でアマンから追放。それどころかシルマリルも決して手に入らない。一族郎党どころか関係者も連鎖的に不幸になる。犠牲者が許しても俺が絶対に許さない」 -- 2013-02-15 (金) 00:33:31
    • それで中つ国側に残っていたテレリの一族たちも巻き添え食って悲劇に巻き込まれてるからなんか納得いかねえ -- 2013-02-15 (金) 18:16:16
      • ヴァラールの「呪い」は、フェアノール一族に対するアマンからの追放と怒りだけでは? それ以外の部分はヴァラールの積極的な意志ではなく、シルマリルを追跡した結果起こる悲運の「予言」に過ぎないと思います。 -- 2013-02-15 (金) 18:26:45
      • つまりヴァラールが「関わっちゃった者も悲劇に見舞われる」と告げたにも関わらず、それでもシルマリルを求め続けたフェアノール一家に全責任があるというわけで・・・ -- 2013-02-15 (金) 18:58:57
  • 特に「中つ国で命を長らえ、マンドスの許に来ぬ者は、あたかも重き荷を負うているが如く、この世に倦み果て、次第に衰え、後に来るより若き種族の前に、悔恨の影の如き者となり果てるであろう」という部分の呪いは結局停止されていない気がする -- 2014-09-14 (日) 06:17:07
    • 正確には「呪い」と呼ばれうる部分はアマンからの追放のみであって、それ以外の部分(誓言に裏切られる、すべて悪しき結果になる、非業の死を遂げる、衰退し影となる、云々)は運命の予言・宣告なのだと思われます(それらは主語がヴァラールではありませんので)。 -- 2014-09-14 (日) 11:01:20
  • 文言は突き放してるけど、悔やんで引き返す者が少しでも出るようにという「最後の情け」の側面もあったように思える -- 2017-09-27 (水) 23:06:56
    • 一種の最終警告、ラストチャンスでしょう。 散々、脅しつけて止めさせようとの意図が見えますね。 しかし、誓言に囚われた者、縛られた者、さらに彼らに従う者にとっては、恐ろしげな殺し文句に過ぎませんが。 -- 2018-11-29 (木) 06:41:27
  • 「非業の死を遂げることはあるかも知れぬ。そして非業の死を遂げるであろう。」との駄目押しの絶望感がたまらない -- 2018-01-13 (土) 13:54:08
    • 「汝らの嘆きの谺すら…」ほんと救いがない -- 2018-01-15 (月) 09:23:40
  • 人間たるフーリンや、生まれていないマイグリンまで予言されているように読める。血につながる者の裏切りはトゥアゴンとの血縁を指しているような… -- 2018-11-19 (月) 13:52:24
    • 先の先まで読んでいたのですね。 -- 2018-11-23 (金) 02:10:33
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シルマリルの物語』「クウェンタ・シルマリルリオン第九章 ノルドール族の逃亡のこと」
*2 同上
*3 フィンゴルフィンの娘アレゼルトゥアゴンの妻エレンウェと娘イドリルフィナルフィンの娘ガラドリエルも彼らに同行した

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-29 (木) 06:41:27 (19d)