マルローン

概要

カテゴリー植物
スペルmallorn*1
その他の呼び名マリノルネ(malinornë)*2、金色の木(Golden Tree)

解説

シンダール語で「金の木」の意。クウェンヤでの名はマリノルネ。第三紀中つ国ではロスローリエンにのみ生えていた樹木。この木々のために、ロスローリエンは「黄金の森」やそれに類する名で呼ばれた。
ブナに似た樹木で、枝は一つの幹からほとんどまっすぐに伸びた後に反り上がり、樹冠付近で王冠状に枝分かれする。ガラズリムフレトはその間に設けられる。

「あの土地の木々に似た木はどこにもない。秋になっても葉は落ちないで金色に変わります。春が来て、新緑が萌え出して、はじめて金色の葉が落ち、枝々には黄色い花がたわわに咲いて、森の床は一面に金色、屋根も金色、そしてその柱は銀色になるのですよ。木々の樹皮がすべすべとなめらかで灰色に光っているんですから。」*3

銀色の堅い殻におおわれた小さな種子をつけ、ガラドリエルからサムワイズ・ギャムジーに贈られた小箱の中には、このマルローン樹の種子が彼女の庭の土と共に入れられていた。この贈り物サルマンとその配下のごろつきによって傷つけられたホビット庄を修復するのに大きな力を発揮し、種子は切り倒された誕生祝いの原の木の代わりに植えられ、遠方から人々が見物に来るほど見事な樹に育った。ホビット庄のマルローン樹は、大海より東、霧ふり山脈より西にある唯一のマルローン樹となった。

終わらざりし物語』での記述

ある一説によると、元々マルローン樹はトル・エレッセアに生育していたもので、そこからエルフによってヌーメノール西部のニーシマルダールにもたらされた。さらにその種子をタル=アルダリオンギル=ガラドに贈り、ギル=ガラドはその一部を縁者のガラドリエルに与えた。マルローンはギル=ガラドのリンドンでは根付かなかったが、ガラドリエルのロスローリエンでは彼女の力によって成長し、生い茂った。だがロスローリエンでもニーシマルダールのものほどの大きさには育たなかった。
しかしクリストファー・トールキンはローリエンはガラドリエルが統治する以前から「黄金の森」を意味する名で呼ばれており、『指輪物語』劇中での記述からもマルローン樹はもともとローリエンに自生していたと考えるのが自然であり、ガラドリエルがもたらしたというこの説は考えづらいと述べている。

また、第一紀ゴンドリンにも生えていたとの記述がある。

…だがここだけにしか生えない木もあった。巨大な黄金の木マリノルネである。樹齢五百年を経たこの木の高さは、エレッセアにあるものとほとんど変わらないくらいだった。樹皮はなめらかで銀色をしており、枝は橅のように、やや上向きに曲がっていた。枝は一つの幹以外からは決して育たなかった。葉は橅に似ていたがもっと大きく、葉先の薄緑と枝元の銀は陽光に映えて輝いた。葉は秋になっても落ちず、ただ薄い金色に変わるだけだった。春には、桜のように鈴なりに黄金色の花が開く。この花は夏の間中咲き続けるのだった。花が開くとすぐに葉が落ちる。そのため、春から夏にかけてのマリノルネの森はさながら、黄金造りの床と屋根と銀灰色の柱の並ぶ広間のようだった。その実は堅い銀色の殻に覆われていた。*4

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • でもエレスサール王が「ホビット庄には、小さい人以外は入っていけない」という勅命を後に出したので、他の種族は見物に来られなくなったのでは。だけどせめて東西の街道だけは通行が可能でないと、エレド・ルインからブリーまでの移動にかなり迂回が必要となりそうだ。そのためもしかしたらマルローン樹のところだけは例外にされていたのかも。 -- 2007-10-29 (月) 16:09:09
    • 街道は例外的に、通行だけ許されたのかも。ホビットの保護が目的だから、任務中の野伏も例外だろうし。 -- 2015-01-01 (木) 12:19:13
      • 王自身がブランディワイン橋の手前までしか行かなかったので、それはないかと。 -- 2017-09-26 (火) 07:49:15
  • マルローン樹のモデルはブナの木かもしれない。 ヨーロッパのブナ林は下草があまりないから、林立するブナの樹幹が柱の如く見渡せるほど。 特に秋になると記述どおりに光景が。 こないだ新潟の美人林を散策したから間違いない。 -- カンナ 2010-11-08 (月) 16:55:24
  • ロスローリエンではマルローン樹のみの林だったから、紅葉のブナ林の如き、壮観な景観を見せていただろうが、ヌーメノールでは他にもアマンにしかない木がたくさん生えていたから、マルローン樹自体は立派でもそんなに目立つものでもなかったかも。 -- 斉藤チロン 2010-11-15 (月) 15:49:58
    • マダガスカルの壮大なバオバブも周りに他の樹木が生い茂っていた頃は確かに目立つものではなかったような。 -- ももたる 2010-12-16 (木) 08:22:09
  • マルローンの枝はバオバブのように水平には伸びない。 -- 2017-09-22 (金) 00:20:53
  • 引用ですが、終わらざりしからの引用部は解説的でその内容も記事に記されていることと重複していますから、それよりは本編からの素描的なマルローン樹の言及を引用したほうが印象をより伝えるものと思います。 -- 2019-06-07 (金) 21:50:49
    • レゴラスの言葉の引用を戻しました -- 2019-06-08 (土) 21:39:35
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 複数形メルリルン(mellyrn)
*2 複数形マリノルニ(malinorni)
*3 旅の仲間』「ロスロリアン」 レゴラスの言葉
*4 終わらざりし物語』「ヌーメノールの島について」 ニーシマルダールのマルローンについての説明

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-09 (日) 21:45:33 (15d)