ホビット穴

概要

カテゴリー言葉・単語
スペルhobbit-hole

解説

ホビットの地下住居。小高い丘の斜面を掘り抜いて作られるもので、丸いドアと円い窓が特徴。内部も丸い廊下で構成されている。特に大きなホビット穴はスミアルと呼ばれる。
ホビットは基本的にホビット穴で生活することを好むが、これに適した丘と斜面の数は限られているため、やむを得ず地上に家を建てることもあった。特に第三紀末のホビット庄ではホビット穴で暮らしているのは、最も富める者か最も貧しい者かに二極化していたという。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 地面の穴のなかに、一人のホビットが住んでいました。 -- 2018-08-05 (日) 16:14:01
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-05 (日) 16:14:01 (104d)