ホビット庄本草考

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルHerblore of the Shire

解説

指輪戦争後の時代に書かれたメリアドク・ブランディバックの著作。ホビット庄においては、メリアドクの著作の中で『紀年考』と並んで有名。
喫煙に習慣についても触れられており、『指輪物語』の序章「パイプ草について」の大部分はこの書の序説からの引用である。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • パイプ草の植生だけではなく、煙の輪遊びのことも書かれているに違いない。 -- A3
  • ついにパイプ草の歴史を語ることなくセオデンが逝ってしまわれたからせめて本にしてその追悼の意を込めているのかもしれないですね。
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2014-05-04 (日) 06:50:47 (1879d)