ホビット(しょう)

概要

カテゴリー地名
スペル(the) Shire
異訳シャイア、ホビットの里
その他の呼び名スーザ(Sûza)、小さい人の国(the land of the Halflings)

解説

エリアドールの西の辺境にある、ホビットたちが住まい、自治を行っていた地域の名。首府は大堀町。この地に住むホビットは特に「ホビット庄民、ホビット庄の衆(Shire-folk)」と呼ばれる。
ホビットの冒険』『指輪物語』の主要なホビットの登場人物たち(ビルボ・バギンズフロド・バギンズサムワイズ・ギャムジーペレグリン・トゥックメリアドク・ブランディバック)の故国*1

ホビット庄の地理

エリアドールの、ブランディワイン橋から向が丘連丘までの40リーグ(約193km)、北の荒野*2から南の沢地までの50リーグ(約241km)に及ぶ地域。東・西・南・北の四が一の庄に分けられる。
更にホビット庄には後年に付け加えられ、四つの四が一の庄には含まれない東境と西境がある。東境とは、本来の東の庄境であるブランディワイン川の東岸沿いにあるバック郷のことで、西境は本来の西の庄境である向が丘連丘と塔山丘陵の間の地である。

ホビット庄の真ん中を東街道が東西に横切っており、庄内では青の山脈を行き来するドワーフや、時には灰色港へ向かうエルフの姿が見られることもあった。
肥沃な土地であり、古くは北方王国の王領たる農地と森が存在した。気候は、秋の頃の9月に野宿が可能であり、また北四が一の庄の高原地方を除いて大雪がめったにないといった描写から、温暖かつ冷涼であることが伺える。

ホビット庄の社会

名目上ホビット庄民は北方王国アルセダイン)の臣民であったが、彼らに要求されたことは王の主権を認めることと、橋や道路の補修を行って王の使者の移動路を保全することだけであり、庄民は各豪族の族長たちの下、完全な自治を行った。そのため中央政府的な組織は存在しなかった。
アルセダインの滅亡後もホビット庄では庄民の自治が続けられ、第四紀にはエレスサール王による再統一された王国に編入されるが、やはり自治を維持した。

ホビット庄の公共業務(Shire-services)として、逓信(Messenger Service)と警備(Watch)があった。前者の郵便の方が人員が多く、業務も多忙だった。後者を遂行したのは警察に相当する庄察だが、アルセダイン滅亡後のホビット庄は(特に指輪戦争が近づいてくる頃は)密かに野伏によって守られていた。

ホビット庄唯一の公職に自由市での選挙で選ばれる庄長があり、庄長は二つの公共事業の責任者である郵便局長と庄察長を兼任した。
アルセダイン滅亡後には、族長たちの中から王権の代行者であるセインが選出された。セインは非常時にのみホビット庄の議会と軍隊を召集する権限を持っていたが、そのような事態は絶えて久しいため、トゥック一族に継承される名誉職と化した。
他にホビット庄の枢要な地位として、館主西境の区長があった。前者は東境であるバック郷の首長の称号であり、バック郷を興したブランディバック一族に継承された。後者はその名の通り西境の首長と思われ、髪吉家に継承された。

ホビット庄の年表

第三紀1601年(庄暦1年)
アルセダインの王アルゲレブ二世から与えられたブランディワイン川以西の人口が希薄となっていた土地に、マルコブランコの兄弟に率いられた大勢のホビットがブリー郷より入植し、彼らによってホビット庄と命名される。ホビット庄で用いられるホビット庄暦ではこの年を紀元とする。
1637年(37年)
やみ病(悪疫)の大流行が発生し、多くの犠牲者を出す。
1974年(374年)
アルセダインアングマールの戦いに際し、ホビット庄から弓兵がフォルンオストの戦場に送られる*3。この戦いでアルセダインは滅び、弓兵は一人も帰還せず。また、翌年のアングマールが倒されたフォルンオストの合戦に赴いた者もいたという。
1979年(379年)
沢地のブッカが初代セインに選出される。
2340年(740年)
ゴーヘンダード・オールドバックブランディワイン川東岸の土地に入植し、バック郷の興りとなる。アイスムブラス・トゥック一世セインとなり、以降のセインはトゥック家に継承される。
2747年(1147年)
ゴルフィンブールの率いるオークの一団が庄内に侵入したため、バンドブラス・トゥックが庄民を率いて戦い、オークを撃退する(緑野の合戦)。
2758年(1158年)~2760年(1160年)
長い冬とそれに続く飢饉で大勢の庄民が死ぬ。この時、ガンダルフが援助のためにホビット庄を訪れる。
2911年(1311年)
凶年の冬により、ブランディワインが凍結し、白狼が庄内に侵入する。
2941年(1341年)
ビルボ・バギンズトーリンとその仲間によるエレボールへの遠征に加わり、約一年間ホビット庄から失踪する。
3001年(1401年)
ビルボ・バギンズ誕生祝いの宴で文字通り姿を消し、失踪する。
3018年(1418年)
九人の黒の乗手サルンの浅瀬野伏の守りを突破し、四人が庄内に侵入する。旅人たちがホビット庄を旅立つ。サルマン配下のごろつきが庄内に住み着き、跳梁跋扈する。
3019年(1419年)
帰郷した旅人たちが庄民を蜂起させ、水の辺村の合戦でごろつきの一団を破る。サルマンの死。他のごろつきもホビット庄から追い払われる。荒らされたホビット庄の復興のためにサムワイズ・ギャムジーガラドリエルの庭の土を使って庄内中で植樹し、マルローンの種を誕生祝いの原に植える。
3020年(1420年)
この年、ホビット庄はかつてないほど豊作(大いなる豊饒の年)。美しく丈夫で、金髪の子供が多く生まれる。誕生祝いの原マルローンが初めて開花する。
3021年(1421年)
ビルボ・バギンズフロド・バギンズ指輪所持者として灰色港から西方へ船出する。
第四紀6年(1427年)
サムワイズ・ギャムジーが初めて庄長に選出される(以後計七期、49年間庄長を務める)。エレスサール王が発した勅令によりホビット庄への人間の立ち入りが禁じられ、王によってホビット庄は北方王国保護下の自由地(Free Land)とされる。
11年(1432年)
メリアドク・ブランディバックバック郷館主となる。
13年(1434年)
ペレグリン・トゥックトゥック一族の家長となり、セインとなる。エレスサール王によってセイン館主庄長北王国の顧問官とされる。
15年(1436年)
エレスサール王アルウェン王妃がブランディワイン橋に行幸する。
31年(1452年)
エレスサール王によって西境がホビット庄に加えられ、多くのホビットが同地に移住する。
34年(1455年)
セインペレグリン・トゥック)によって緑樫のファストレド西境の区長に任じられ、以降の区長は髪吉家に継承される。
61年(1482年)
サムワイズ・ギャムジー灰色港へ去る。
63年(1484年)
メリアドク・ブランディバックペレグリン・トゥックが隠居のためにゴンドールへ去る。

備考

瀬田貞二によってShireが「ホビット庄」と訳されたのは、「Shire」の発音と「庄」の発音が似ていることが一因である。日本語で「庄」は荘園などを指し、転じて村里などを意味する。
映画『ロード・オブ・ザ・リング』では「シャイア」「ホビットの里」あるいはただ単に「里」と訳されている。

Shireとは元来は古英語で「地域、地区」を意味する言葉から来た。現代でもヨークシャー(Yorkshire)やランカシャー(Lancashire)といった接尾語の形で残っている。ホビット庄の緯度や経度は、トールキンの母国である現在のイギリスに相当するように設定されている。

西境の赤表紙本』原文でホビット庄は、西方語表記でスーザ(Sûza)であり、それをトールキンがShireに翻訳したという設定になっている。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるホビット庄 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における大堀町(手前に小足家のウィル庄長がいる) lotro_gamemap_shire.jpg

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ホビット庄は、いい人生を歩んでいる人たちのいるところって感じがしますね。サムも、困難な中、ホビット庄を思って元気をつけましたよね。 -- 2015-09-23 (水) 14:39:32
    • テド・サンディマン…こいつだけは違う ホビット唯一のクズのろくでなしだ(●`ε´●) -- 2017-06-14 (水) 22:32:20
  • 東西240キロ南北200キロ、面積約48000平方kmとすると九州よりずっと広く、関東1都7県+長野県の面積に匹敵する広大な地域 シャイア全体への帰属意識があるのが不思議なくらい広い -- 2015-10-03 (土) 16:43:24
    • 気楽に隣村に用を足しに行ける感じがしないね。 村の間の荒れ地や森に盗賊、ならず者、猛獣が潜んでいても分からないかも。 -- 2016-10-26 (水) 20:02:34
    • 例えば旅人が東街道を移動するとしたら、庄の端から端まで、数日はかかることになりますね。相当広い。 -- 2018-02-04 (日) 02:08:09
    • ホビットは人間の半分の背丈だから感覚としてはその倍の広さかも -- 2018-02-04 (日) 03:57:09
  • ホビット庄の人口推計を出した人っているのだろうか。もちろん、手がかりが少なすぎるが、万を単位にするほどか、千を単位にするほどかくらいは。根拠のない、自分の感触では1万数千人くらいなのだが、↑の面積約48000平方kmからすると、数十万人いてもおかしくはないし… -- 2015-10-15 (木) 23:54:53
  • ホビット庄って東街道も南街道も通ってすごくオープンな感じの立地なのにサウロンはホビットのこと知らなかったんですよね…彼いつも変な所が甘いというか。 -- 2016-12-09 (金) 18:20:20
    • ホビット庄にも、サウロンのスパイがいたのかもね。 -- 2016-12-19 (月) 21:39:52
      • いや、スパイがいたならナズグールがホビット庄の場所を探して右往左往する必要が無いだろうが。何言ってんだ? -- 2016-12-19 (月) 22:04:50
      • そんな喧嘩腰にならんでも… -- 2016-12-20 (火) 00:12:32
      • 「おもいがけない冒険」に出てきて泣いた -- 2017-07-05 (水) 20:47:23
  • 野伏の警備があったとはいえ、彼らの総数を考えればザルにしかならない気が・・・・ -- 2016-12-09 (金) 23:27:48
  • マジでホビットの里で暮らしたい… -- 2017-05-28 (日) 23:39:50
  • アルセダインに加勢送ったのが本当なら、その後魔王に攻撃されてもおかしくない。なんで無事だったんだろう? -- 2017-06-14 (水) 20:55:53
    • フォルノスト落として間もなく裂け谷とゴンドールからの軍が来たからじゃない -- 2017-07-13 (木) 19:20:14
  • ホビット庄そんなに広いのか、、なんかどっかの山奥の開けてない村くらいの広さかと思っていた。 -- 2017-07-13 (木) 18:53:16
  • 備考にもあるけど日本語の「庄」はもともと村に近いサイズ感なのでこの訳語が混乱の元。Shireは中国では「郡」が定訳で、日本語だと「藩」くらいのサイズ感。 -- 2018-09-18 (火) 18:40:28
  • イメージ源かな?という候補は、英国の田舎Shire(例えばヘレフォードシャー)で、面積は1/10くらいで中世の推定人口が5万人ほど。もう一つの候補は東西南北の四が一の庄(farthings)が設定されていた中世後期のアイスランド。面積はホビット庄の倍、島中央は火山と氷河なので海沿いに人が住んでいて推定人口は安定して5万。 -- 2018-09-18 (火) 19:19:27
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 邦訳では混同されやすいが、ホビット村(Hobbiton)は、ホビット庄(Shire)の中にある集落の一つ。
*2 原語はthe northern moors北の沼地(North Moors)のことか。
*3 庄民はそう主張するが、人間側の記録には残っていない。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-18 (火) 19:19:27 (58d)