ヘルム

概要

カテゴリー人名
スペルHelm
その他の呼び名槌手王(ついしゅおう)(Hammerhand)
種族人間ロヒアリム
性別
生没年第三紀2691~†2759(享年68)。在位2741~2759(18年間)
グラム(父)
兄弟ヒルド(姉妹)
ハレス(息子)、ハマ(息子)、娘(名前不明)

解説

リダーマークの王
第8代
グラム
2718~2741
第9代
槌手王ヘルム
第三紀2741~2759
第10代
フレアラフ
2759~2798

マーク(ローハン)9代目の王。その剛力と不屈さで、歴代の王の中でも有名な人物で、槌手王(ついしゅおう)として知られる。
ヘルム峡谷角笛城の名は、彼にちなむ。

褐色人との確執

彼の治世に、褐色人の血を引くと言われた西境の領主フレカは次第に高慢になり、ヘルムのことをほとんど気に留めなくなっていた。
第三紀2754年、フレカがエドラスの会議に突然現れ、自分の息子ウルフの嫁としてヘルムの娘を要求したため、ヘルムは彼と口論になった。王宮内では私闘が禁じられていたため、ヘルムは会議が終わるのを待ってフレカを強引に外へ連れ出し、彼を殴り殺した。

ヘルムはフレカの近親者を王の敵だと宣言し、西境に兵力を差し向けて彼らを追放した。

ヘルム峡谷の伝説

2758年、東夷海賊の侵略に乗じて、フレカの息子ウルフ褐色人を率いてマークを蹂躙する(大侵略)。
ヘルムはスースブルグの砦その背後の峡谷峡谷に立て籠もったが、長い冬のためにロヒアリムもその敵も寒さと飢えで大きな損害を受けた。息子達を失った哀しみと、冬の飢えのために自暴自棄になったヘルムは、痩せさらばえた身体に白装束を纏うと、大きな角笛を一吹きしては単身で砦から出撃し、敵の野営地に乗り込んでいって素手で多くの人間を殺した(槌手王の名はそれに由来する)。
褐色人の噂では、ヘルムは食料が見つからなければ人間を食べたといわれ、このことは褐色人の国で長く語り伝えられた。このため大角笛の音がこだまする度に敵は恐れて奥谷を下って逃げ去った。
ようやく冬の終わりが近づいたある日の夜、ヘルムは角笛を吹いて出撃したが砦に戻らず、朝になって堤防の上に立ったまま死んでいる姿で発見された。だがその後もヘルム峡谷では大角笛の音が時折こだまし、ヘルムの亡霊が現れてマークの敵を恐怖で殺すと言い伝えられた。

彼が葬られたエドラスの塚山には、ひときは多くのシンベルミネが咲き、あたかも雪をかぶっているように見えたという。

ヘルムとその息子達の死によって、マーク王家の第一家系は途絶えた。王位は彼の姉妹ヒルドの息子フレアラフが継承し、第二家系となった。

ゲーム『シャドウ・オブ・ウォー』における設定

原作で不明な娘の名前はバーンウィン(Bernwyn)とされている。また、婚姻を要求した領主の名はシリク(warlord Siric)となっている。
奇襲されシリクによって暗殺されかけた後、死の床に現れたサウロンに九つの指輪の一つを嵌められて蘇った。その後シリクを討伐するが、巻き添えとなったバーンウィンを打ち殺してしまう。その怒りで正気を失い、その場にいた者を味方諸共に皆殺しにした。
本編ではナズグールと化しており、モルドールの獣を使役する能力を持っている。

備考

追補編にある、単身で敵地に乗り込んで敵を殺したと言う記述や、亡霊となって敵を殺すという言い伝えを、幽鬼の力によるものとして解釈した設定と思われる。追補編と娘の名前が異なっている理由としては、権利の関係上、映画で言及されていない原作の設定や記述を使用できる範囲が限られているためと考えられる。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • コメント欄を参照したらこの人の悪口ばっか!! 肯定や賞賛等の意見は無いの? -- ねずみ 2011-02-12 (土) 20:39:25
    • 一国を率いる君主として肯定しがたい行動しているから当然かと。 -- 2011-02-13 (日) 11:59:23
    • どう贔屓目に見てもこのじじいの行動は評価できん。 -- 2011-02-17 (木) 17:00:04
    • 現実の歴史だと獰猛な側面が当時の世情に求められたりするがゆえに評価されることはありますが、あいにく指輪の世界は善の枠組みにある限りそれを望まれないし、必然信じられないくらいお行儀のよい君主の方が肯定的に評価されちゃうんでしょう。時代どころか生まれてくる世界を間違えてるのかも知れません。個人的には欠点のが多いくらいの人物の方が歴史の傍観者の観点の限りで好きです。 -- 2011-02-22 (火) 21:03:53
  • まあ、絶対王政の時代ですから、ヘルムに対する忠誠心のかけらもないフレカに娘をやるなど、とうてい認められなかったんでしょうね。そんなところに娘をやっては臣民に対してもしめしがつかないでしょう。 -- 2011-02-23 (水) 18:46:05
    • 絶対王政じゃなくてどちらかと言えば中世封建制国家でしょう。ただ、絶対王政にしろ封建制にしろ貴族の力は言われていた以上に強くルイ14世のような国王ですら遠慮しないといけなかったのです。その点からも最有力貴族を私情で殺し国を滅亡の危機に陥れ、隣国である褐色人の国との関係を悪化させたヘルムの行為は許される物ではありません。 -- 2011-02-24 (木) 07:54:16
      • なるほど封建制ですか。だとしても、フレカはヘルムの会議(ローハンの領主たちの会議?)すらロクに参加せず勝手気ままに行動していたわけですから、それがノコノコとあらわれて娘を要求し、その要求が通るようではローハンの結束はおぼつかなくなるでしょう。 -- 2011-02-25 (金) 14:21:26
      • 「中世」封建制ならおっしゃる通りかもしれませんが、ローハンの体制は「中世」封建制という雰囲気ではないですよ。下の方も言っていますが、比較するならより古代の部族国家でしょう。 -- 2012-04-12 (木) 22:42:59
    • それでも後々のローハンで英雄視されてるからには何か事情はあったし、フレカにもまずいところがあったのかも知れませんよ。フェアノールや息子達の件でも思いますが、作中悪し様に描かれてるのを素直に飲み込むばかりが楽しみ方でもないでしょう。 -- 2011-02-24 (木) 22:13:08
      • ヘルムの行為はそのまま読まなくとも批判をせざるを得ませんよ。 -- 2011-02-25 (金) 09:50:50
      • 長年の確執を呼ぼうと守るべき何かしらがあったのでしょう。行為そのものと結果だけを見ていれば愚行だろうと、当人や彼の暴力性を知ってなお英雄と見なすローハン人にはおそらく知ったことじゃないでしょう。悪し様な表現を素直に飲み込むなというのはそういう意味です。 -- 2011-02-25 (金) 13:58:46
      • 加えて前のコメントを見て思ったのですが、カレワラ的英雄として彼のような登場人物を指輪世界に招いても否定的評価しか得られないのは、指輪世界全体がやはり古い北欧的な部族社会とは異質なカトリック的価値観で構築されている齟齬であるようですね。 -- 2011-02-25 (金) 14:03:28
      • 悪し様な描写を素直に飲み込んでいるというより、英雄とされる人物の粗をとりたてて貶しているという方が正確なような気がしますね。少なくとも、作中ヘルムは否定的に捉えられてはいないのですから、素直に飲み込んでいるわけではない。 -- 2011-02-25 (金) 15:55:22
      • 普通に読んでいておかしい行動をしていた登場人物を批判するのが何かおかしいのでしょうか?また粗探しではなく彼が齎した結果とその結果の原因から判断しただけでしょう。 -- 2011-02-25 (金) 18:31:50
      • ご指摘の通り、指輪の追補と終わらざりし物語内でヘルムに言及している部分を読み直しましたが、確かに作中の悪役に必ずついて回るような表現は一つもありませんでしたね。珍しく生々しい部族闘争の色合いが感じられて思わずにやけてしまいました。 -- 2011-02-25 (金) 23:51:44
      • 英雄として扱われる者は都合の悪いものは削除してあることないこと美化するものなのさ。 -- 2012-04-12 (木) 18:19:45
      • 現代人の価値観が「当然」「普通」「当たり前」という考え方が、少なくとも歴史を読む態度ではないと思います。それは批判ではなくて押し付けでしょう。現代的な感性で倫理を語るのであれば、尚の事自分自身の姿勢に対して批判的であるべきではないでしょうか。 -- 2012-04-12 (木) 22:46:50
      • この人の善悪はともかく、ここまで議論させるヘルムという存在は偉大だなぁと思った。 -- 2013-10-23 (水) 20:06:14
  • 初読の際、このヘルム王のエピソードがとても印象に残った。とても悲しい話だと思った。指輪世界に多く現れる、「誇り高さと激情のあまりに戦乱と悲劇を招き、その渦の中で滅びる英雄たち」のひとり。彼だけをそんなに悪し様に否定する気持ちは、別に湧かない。 -- 2012-04-18 (水) 02:42:34
  • 指輪物語は人種差別の塊です(唯一残念なことに)。人間としては比較的に良い血統のローハン。青年王エオルの血統を南の蛮族の血で劣化させずに抵抗してそれに成功した、だからこそ彼は偉大な英雄なのですよ。 -- 2013-10-19 (土) 04:52:02
    • なんか宮崎駿みたいな事言ってるw -- 2013-10-19 (土) 20:57:05
      • うん、にわか仕込みなのに、エラそうですみません。でも、ヴァンヤールにハドルにファロハイドと神に祝福されているのが金髪・色白で背が高いと相場が決まっていますからね…。物語の主人公と英雄達がそうでないほうが多いのは救いとはいえ…。黒髪はともかく、赤銅色の肌に背の低い人間に(ドワーフ・ホビットは例外として)魅力的な人間がいないのが悲しすぎます(プーケル人はあくまで野人扱いですし)。 -- 2013-10-19 (土) 22:36:50
      • なぜベレンを輩出したベオル王家やハドル王家で最も名高いトゥーリン、そしてドゥネダイン達が黒髪であることはスルーするんだろう。ロヒアリムは誇り高いが無教養で粗野だと言明されてるが森の野人は野人だから除外。例外多すぎ。 -- 2013-10-19 (土) 23:15:59
      • 指輪物語の人種差別的・白人中心(と解釈することもできる)部分を無理に否定する必要もないのでは?  今の感覚でいえば、昔の作品は多かれ少なかれ差別的な部分があるもので、それによって作品の価値が落ちることもないでしょう。 ただ、それにしたって「人種差別の塊」は言い過ぎでしょうね。人種は指輪物語のメインテーマとは無関係ですから。 -- 2013-10-20 (日) 15:54:22
      • 人種差別の塊なんてつまらん揚げ足取りだな、日本人の作家の作品には日本人が主人公なのは珍しい事ではないし、 -- 2013-10-20 (日) 17:44:35
  • 半騎馬民族を束ねる統率力と、圧倒的な腕力、そして暴虐非道な性格。比肩する支配者がいるとすれば董卓をおいて他に無いでしょうね。 -- 2013-10-21 (月) 21:15:33
    • 三国志なら馬超は? -- 2013-10-21 (月) 22:31:20
      • 馬超は(表面上は)仁徳の英雄とされている劉備に仕えてる時点でそれ以前の諸々は目を瞑られてるので…… -- 2014-02-05 (水) 21:25:55
      • 呂布はどうでしょう?彼も騎馬民族出身のようですが…。 -- 2014-02-05 (水) 22:06:23
    • 凍死しなくてもいずれは董卓のように誰かに討たれていたと思います -- 2013-10-23 (水) 15:06:11
    • まあやり過ぎで臣下の総スカンくらって全員合意で誅殺されたり主君押込されたりする系の人物だよね -- 2014-02-04 (火) 04:59:07
      • 中央集権化が進んでいない封建制国家ですからね。家臣が一致すればそうなってもおかしくはない -- 2014-02-05 (水) 07:15:10
      • ウルフ率いる褐色人が攻めてきた時、迎え撃たないで角笛城にこもってしまったのは、あまりの暴君振りでローハンの諸侯の指示が得られなかったからじゃない。 相手はあの褐色人だから、大した武装はしてなかったはずだけど? -- 2014-02-11 (火) 19:25:31
      • ヘルムを討伐するために褐色人とローハンの大半の諸侯が組んだと言うのが真相かもね。 -- 2014-02-12 (水) 03:53:44
      • その後、フレアラフはローハン内の褐色人を追い出すのに40年近くかかっていて、おかしいなと思っていたけど、ヘルムに反旗し、なおかつ自分にも従わない諸侯を平定するためだったなら納得いくね。 もしかしたら、サルマンも表向きはフレアラフを支援して裏では、いろいろ画策していたかも。 フレアラフのローハン再平定のエピソードだけでも物語が書けそうだね。 -- 2014-02-12 (水) 08:22:24
      • 封建制国家では普通に有り得る事態ですからね。そのような事態になった理由が理由ですしウルフが呼びかければ諸侯が呼応してもおかしくはないです。 -- 2014-02-12 (水) 17:13:12
    • 違いがあるとすれば、董卓は中央集権国家が分裂する過程で台頭した豪族の一人ですが。 -- 2014-02-15 (土) 15:18:09
  • ぶっちゃけここでヘルムが娘をウルフに嫁がせてたらエオル王家の王権が揺らぐどころではないし、リスクは覚悟でフレカ一族を粛清するしか無かった気もする -- 2014-03-16 (日) 11:11:27
    • 禽獣に過ぎない褐色人に大事な娘を嫁がせるなんて、王として示しがつかないと考えたがあったのでしょうね。 -- 2014-03-18 (火) 10:06:13
      • そもそも家臣の側から「婚姻を要求され」て受け入れるようではエオル王家の権威も終わりでしょう -- 2014-09-01 (月) 22:05:27
      • 少なくともフレカ一門はローハンの有力者だからその評価は妥当ではないかな。どちらかと言うなら有力諸侯の要求に屈してしまったら封建制国家では更に王権が低下しかねないから拒絶するしか無かったんだろうね。 -- 2015-02-06 (金) 19:02:18
  • 外からどう罵倒しようと彼が治めていたローハンの民が後世においても彼を英雄視していることから上で言われているような暗愚な暴君でなかったことは確か。変な深読みと個人的な好き嫌いで物を語りすぎな気がします。 -- 2015-02-04 (水) 17:55:30
  • ヘルム「この稼業は舐められたらしまいじゃけんのぉ」  いやマジで、弱腰の王なんて弱腰のヤクザの親分より先がない -- 2015-10-31 (土) 01:11:43
    • 弱腰でも成り立つ位国内を整備した結果、お飾りの存在になった例もある -- 2018-02-19 (月) 23:45:49
      • 江戸時代の徳川将軍家みたいにか? 確かに政治の実権は家老が握って、将軍はお飾りだった時期があったな。 -- 2018-02-23 (金) 09:17:28
      • 中国の皇帝とか、絶対王政期のヨーロッパとか -- 2018-02-23 (金) 15:04:31
  • 現代との価値観の違いが偏見の目で見させてしまうのでしょうか。僕はロヒアリムがヘルムを英雄とする心情が全く理解できませんが考える内に現代と中世とで隔たりが大きくあるのは当然な訳で・・・古い時代の歴史を理解するというのは字面をなぞるだけでは難しいんだなぁと考えさせられました。 -- 2018-02-19 (月) 21:36:44
  • 実際、SoWの解釈みたいに幽鬼の力を得てた可能性はあるんだろうか -- 2018-07-15 (日) 22:29:50
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-15 (日) 22:29:50 (126d)