ブラードルシン

概要

カテゴリー人名
スペルBladorthin
異訳ブラドルシン
その他の呼び名大王(the great King)
種族不明
性別
生没年不明

解説

大王ブラードルシンと呼ばれる、ずっと昔に死んだ王。かつて山の下の王国ドワーフが、彼の軍隊のために豪華な槍を作ったが、結局彼の元に届けられることはなく、代金が払われることもなかったという。『ホビットの冒険』でトーリン二世バーリンが財宝の話をしている場面にそのような記載があるだけで、あとは種族、年代、統治地域など一切不明。

『ホビットの冒険』初期原稿では、ブラードルシンは登場する魔法使いの名前であり、これが後にガンダルフに変更された。

考察

ブラドールシンのうち、Bladorは初期の草稿において、西の高地の地名の一候補として登場するブラドリナンド(Bladorinand)に近い響きを持っている。この言葉は開けた土地を意味していたとされる。またthinはシンダール語において灰色を意味する。従って、ブラードルシンの名は「灰色の国」や「平原の灰色の主」といった意味に解釈することができる。

John D. Rateliffはこの名前を、ホビットの冒険の初期の版に登場し後に削除されたノウムと関連付け、上のエルフに由来する名前である可能性を提示している。

統治地域については谷間の国やドルイニオンリューンの湖周辺の何処かなど、複数の候補地が挙げられている。その死についてはサウロンによって滅ぼされたとする説がある一方、槍が届けられなかったのはスマウグの襲撃による作業の中断というドワーフ側の事情によるもので、ブラードルシンが悲劇的な死を迎えた訳ではないとする説もある。

Iron Crown Enterprisesによる設定

アムロス以降にエゼルロンドを治めたシンダールの王として記述されている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 何しろ種族・活躍した年代・活躍した地方といった事柄も推測するしかない、謎の「大王」ですね。Kingということで、Queenでは無いようなのでかろうじて性別は男性らしい、というくらいですか。 -- カイト
  • バルドの祖先かな? -- 2013-02-23 (土) 20:36:10
    • Andreas Möhn氏やTolkienwikiのトールキニスト達の推測だとデールとは関連がないみたいです。ドルウィニオンかリューンの湖近くにあった王国の王である可能性が高いようです。 -- 2015-02-09 (月) 11:38:59
      • ってことは東夷の王様って可能性もあるのか -- 2017-04-19 (水) 21:47:43
      • 後の時代に記述がないから、エレボール、デールと共にスマウグに滅ぼされた国の王様と想像してもいいかも? -- 2017-04-20 (木) 16:55:57
  • 東方の王かな? -- 2015-02-09 (月) 16:07:51
  • はなれ山と関連があるなら、一応は第三紀半ば以降、ということになるのでしょうか -- 2015-02-09 (月) 18:47:37
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-18 (土) 19:18:23 (392d)