フェラロフ

概要

カテゴリー人名
スペルFelaróf*1
異訳フェラローフ
その他の呼び名人間の禍(Mansbane)
種族メアラス
性別
生没年第三紀
詳細不明(子孫に飛蔭がいる)

解説

エオルの名。ローハンメアラス族の馬(飛蔭を含む)の祖。人間の言葉を全て理解し、人間と同じくらい長く生きた。
まだ子馬だった頃にエオセオドレオドに捕えられた。たちまち誇り高い立派な馬に成長したが何者にも調教されえず、レオドが果敢にも背に跨ると彼を乗せたまま走り去り、遂には振り落として死に至らしめた。レオドの息子エオルはこの馬に復讐を誓い、長い時をかけて捜し出したが、彼は馬を殺しはせず、購いとして自らの乗馬になることを要求すると、この馬は甘んじて受けいれた。

『人間の禍よ、こちらに来て、新しい名前を受けるがいい!……お前をフェラロフと名づけよう。お前はわが身の自由を愛した。わたしはそのことでお前を咎めはせぬ。だが今は大きな負い目をわたしに負うている。だからお前は生涯身の自由をわたしに委ねねばならぬ。』*2

以後エオルは、フェラロフの名を与えたこの馬に馬具をつけずに乗り、フェラロフもエオル以外の者を乗せようとはしなかった。エオルがケレブラントの野の戦いへ馳せ参じた時の乗馬もフェラロフである。
フェラロフはエオルと同じ塚に葬られた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 「一夢庵風流記」(漫画の「花の慶次」ですね)の松風号みたいなイメージがあります。いったん信頼した主人には手綱なしで従う心から自由な馬。 -- とと屋
    • アレクサンドロス大王の愛馬ブケファラスにも似ていますね。 -- ホビット 2008-12-28 (日) 20:13:16
    • マレンゴさんも生きている。!ヴ~イヨンヨンヨン!ヴーイヨオン!!(「マッハGoGoGo」知らない方ごめんなさい。) -- 2017-02-16 (木) 22:15:40
    • 赤兎馬を忘れちゃ困るなあ -- 2017-02-16 (木) 22:30:35
    • お馬のエドさんもフェラノフさんの遠い遠い子孫なのかもしれませんね。祖先の暮らした王都を自らの名に冠したり、1961年と2004年のテレビ出演で長寿を確認されたり、人語を解するのみならずしゃべってしまうなど、先祖に恥じない活躍をいまでも続けられてること・・恐悦至極に存じます。 -- 2017-02-16 (木) 22:36:33
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 古英語で「とても勇敢な、とても強い」(very valiant, very strong)の意味
*2 追補編』「エオル王家」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-16 (木) 22:36:33 (667d)