フィンゴン

概要

カテゴリー人名
スペルFingon
その他の呼び名勇敢なるフィンゴン、剛勇の誉れ高きフィンゴン(Fingon the valiant)
種族エルフノルドール
性別
生没年?~†第一紀(472)
フィンゴルフィン(父)
兄弟トゥアゴン(弟)、アレゼル(妹)
配偶者不明
エレイニオン・ギル=ガラド(ギル=ガラドはオロドレスの息子であった可能性もあり。後述

解説

ノルドール上級王
第3代
フィンゴルフィン
5~456
第4代
フィンゴン
第一紀456~472
第5代
トゥアゴン
472~ 510

フィンゴルフィンの長男でトゥアゴンアレゼルの兄。エレイニオン・ギル=ガラドの父。
マイズロスの友人であった彼は、フェアノールの扇動に積極的に乗って、アマンから中つ国に帰還しようとする。アルクウァロンデの戦闘では争いの原因を把握できないまま旗色の悪かったフェアノールの軍勢に加勢し、結果的に同族殺害に加担してしまった。ところが彼はフェアノールに置き去りにされて、ヘルカラクセ横断をする羽目になった。しかし彼はマイズロスサンゴロドリムに捕らわれたことを知ると単身サンゴロドリムに赴いて彼を救出し、これによってノルドールは再び団結した。

フィンゴンは、中つ国では父と共にヒスルムを統治し、ドル=ローミンを割り当てられていた(後にこの地はエダインであるハドル家に割譲された)。
また、フィンゴンはアングバンドから初出撃したグラウルングを騎馬の弓兵を率いて撃退したことでも名を挙げた。
ダゴール・ブラゴルラハフィンゴルフィンが死ぬと、フィンゴンはヒスルムの統治を継いで、中つ国ノルドール上級王となる。彼はエレイニオンブリソンバールエグラレストに派遣した。
生涯マイズロスとは親友であり、彼が提唱したマイズロスの連合に参加する。ニアナイス・アルノイディアドではフィンゴンの軍はモルゴス軍を西から攻撃するが、逆にモルゴス軍に包囲され、バルログの長ゴスモグによってフィンゴンの部隊はトゥアゴンフーリンたちと引き離され孤立してしまった。ついにはフィンゴンの近衛の兵は全て倒れ、フィンゴンはただ一人でゴスモグと闘ったが、もう一匹のバルログに背後を取られて炎の鞭を巻きつけられ、ゴスモグに黒い鉞で兜ごと頭を割られて討ち死にした。フィンゴンの遺体はモルゴスの配下たちによって矛(メイス)で散々に打ちのめされ、王旗は血溜まりの中で踏みにじられた。

妻子についての設定

The History of Middle-earth』によると、ギル=ガラドはフィンゴンの息子ではなくオロドレスの息子であった可能性があり、クリストファー・トールキンは(『シルマリルの物語』における)「フィンゴンの息子」という記述を誤りだったとしている。刊行版『シルマリルの物語』に採用されたものより後の稿では「フィンゴンには妻も子もいなかった」とされている。また、エレイニオンを港へと送るエピソードは彼がフェラグンドの息子として構想されていた時期の原稿から採用したものであるという。どちらを正史とすべきかについては意見が分かれている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ロード・オブ・ザ・リングのDVDに出てくるバルログを改めて見たが、あんなのに挟まれたらそりゃ死ぬわ…。
  • 黒髪に金糸を編む…といった素敵な記述発見。何かノルドールの悲劇を深める為だけに生み出された英雄という気がしなくもないです。 -- たか子
  • 囚われの従兄(マイズロス)を助けに行くまではいいが、敵の陣中で竪琴弾いて歌うのは如何なものか…(まぁ、そのおかげでマイズロスは見つかったんだが…) -- 大神
  • 妹のアレゼルとはあまり接触が無かったようだが、考えるより行動する方が得意そうな性格は似てる感じだ。 -- 2010-01-15 (金) 17:46:20
  • フィンゴン「私には妻も子もいない」ギル=ガラド「んだとぉ!」クリストファ「おとなはウソつきではないのです、間違いをするだけなのです……」 -- 2018-02-07 (水) 20:20:35
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-07 (水) 20:20:35 (286d)