フィリエン

概要

カテゴリー地名
スペルFirien*1
異訳フィリアン
その他の呼び名ハリフィリエン森(Halifirien Wood)
フェリアンの森、フィリアン森、フィリエン森(Firien Wood)*2
森(Firienwood)
フィリエンホルト(Firienholt)*3
囁く森(Whispering Wood)
アンワル森(Wood of Anwar)

解説

ハリフィリアンの周囲にある森。
フォルカはこの地の雑木山(Everholt)*4で大猪を狩った時の傷で死んだという。

終わらざりし物語』によると木を伐ることが禁じられた鬱蒼とした森で、ハリフィリアンから流れ出す畏怖の気ためにここを訪れた者は自然と声を潜め、そのため共通語では囁く森と呼ばれていた。

フィリエン谷 (Firien-dale)

ハリフィリアンの背後にある白の山脈の峡谷。メリング川が流れ出る。

コメント

コメントはありません。 Comments/フィリエン?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 古英語で「山」(mountain)を意味するfirgenを現代英語風にしたもの
*2 古英語のフィルイェン=ウドゥ(firgen-wudu)を現代化した形。ハリフィリエン森の略称。
*3 古英語のフィルイェンホルト(firgenholt)が元。意味は「山の森」(mountain-wood)。
*4 The Lord of the Rings A Reader's Companion』によると、古英語eofor(wild boar, 猪)+holt(wood, 森)の意味

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-30 (土) 22:13:43 (931d)